徹底取材!注目企業たちのクラウドコンピューティングへの取り組み

日本IBM編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

インタビュイー

三崎文敬氏

http://www.ibm.com/ibm/jp/cloud/

日本IBM

クラウド・コンピューティング事業 事業企画担当

クラウド・コンピューティング事業推進 部長

今回は,クラウドシーンを牽引する日本IBMに取材を実施しました。日本IBMが考えるクラウド,さらに,これから求められるオープンクラウドの本質についてお話を伺いました。

Q:まず,IBMにおけるクラウドへの取り組みについて教えてください。

A:IBMでは仮想化技術については40年の歴史があり,また2000年頃からはグリッドやオートノミックコンピューティングにも取り組んでいました。本格的にクラウドコンピューティングのプロジェクトが始まったのは2006年から2007年で,研究所向けにクラウド環境を提供する「RC2 (Research Compute Cloud)」⁠そしてIBM社内で新規技術を試行するためのプログラムである「TAP(IBM Technology Adoption Program)⁠のためのクラウドを構築しています。また2007年にはGoogleと共同でアカデミック・クラウド・イニシアチブという活動を始めました。これは教育研究目的で大学に大規模なクラウド環境を提供する支援プログラムで,日本でも九州大学に参加して頂いています。

ビジネスとしての取り組みは,2007年にIBMにおけるクラウド・コンピューティングの製品ラインをまとめた「Blue Cloud」を発表し,さらにクラウドのデモや検証を行うための施設である「クラウド・コンピューティング・センター」を世界各所に展開し,日本でも晴海に開設しました。2009年にはクラウド関連の全製品・サービス体系を公開しています。上流のコンサルティングサービスからパブリッククラウドのオファリング,プライベートクラウドのための製品とサービスまでカバーしたもので,現在も強化を続けています。

Q:TCO削減などの観点から積極的にクラウドを活用したいと考えている企業は少なくありませんが,一方でどの領域にクラウドを適用するべきなのか難しいという声もあります。どういった用途にクラウドが向いているのでしょうか。

A:クラウドの技術要素である,自動化と標準化,そして仮想化にマッチしているかどうかが重要です。たとえばシステム稼働率の変化に柔軟に対応するといったケースでは仮想化が役立ちます。またシステム環境の構築,あるいはアプリケーションの改変といったニーズには,自動化や標準化を行うことにより高い効果が期待できます。こうした技術要素が適用できる分野では,クラウドの利用が向いているといえます。

具体的な用途で考えていくと,従業員間のコミュニケーションを支えるコラボレーションのためのインフラ,あるいはハイパフォーマンスコンピューティングと呼ばれる数値計算の分野,ソフトウェア開発,そして外部から多数のアクセスがあるWebインフラといった用途はクラウドでの利用に向いています。クライアントPCの環境をクラウドで提供するデスクトップクラウドも挙げられるでしょう。まずこういった分野で,クラウドが広がっていくと考えています。

コメント

コメントの記入