実例で学ぶAWS入門:オーディエンスデータプラットフォーム「cosmi」を例に

第5回 アマゾン ウェブ サービスのエバンジェリスト 玉川憲氏が訊く,cosmiがAWSを選んだ理由

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)
のエバンジェリスト 玉川憲氏

アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)のエバンジェリスト 玉川憲氏

連載の最終回として,アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)のエバンジェリスト 玉川憲氏をゲストに迎え,本連載執筆者である株式会社adingo取締役小澤昇歩氏と同社エンジニア岩川建彦氏の3名による鼎談を実施しました。

株式会社adingo取締役小澤昇歩氏(右)と同社エンジニア岩川建彦氏(左)

株式会社adingo取締役小澤昇歩氏(右)と同社エンジニア岩川建彦氏(左)

AWSを選んだ理由

玉川:まずはじめに,cosmiでAWSが提供するクラウドサービスを採用した理由を教えてください。

岩川:サービスを始めるにあたり,フラットな状況から検討し始めました。想定していたサービスは,すでに連載でも紹介している「オーディエンスデータプラットフォーム」と呼ばれるもので,ユーザの行動履歴を集計し,それを行動ターゲティングに活かすというものでした。ですから,膨大なトラフィックが発生することは想像でき,一方で,それがどのぐらいの規模なのかがまったく想像できなかったのです。

玉川:つまり,処理能力が固定されたシステムは考えられなかった?と。

岩川:はい。それと,やはり新規サービスであり,莫大な予算があるわけではないので,できるかぎりイニシャルコストは抑えたかったということもあります。そういった状況要因から選んだのがAWS(アマゾン ウェブ サービス)でした。

玉川:いわゆるスモールスタート,そしてリーンスタートアップ(Lean Startup)というスタイルですね。AWSはこのスタイルにマッチしていると言われていて,今,アメリカでもその動きがよく見られます。

エンジニア的な視点,経営的な視点からAWSはどのように映りましたか? そして実際に使い始めてみて,いかがでしたか。

岩川:エンジニアの立場としては,やはりいざ起動した後,どのぐらいのトラフィックを捌けるのかが心配で怖いという思いがありました。実際に運用を始めてからは,ほぼ管理画面からの操作でスケールアップできるのは本当に楽でしたね。また,減らすのもの簡単なので,持っていても活かし切れないリソースは縮小できるというメリットもありました。

小澤:経営的な視点で見ると,やはりプロジェクトを始めようと思い立ってから実際はじめるまでのスピード感に対してのメリット,そして,イニシャルコストが小さく,経営資源を有効に使えるというのが大きな特徴だと思っています。従来の広告配信サービスの場合,まずラックを借りて,サーバを購入して……というのを繰り返すケースが多かったですから。

岩川とも話しているのですが,100単位でサーバを増減できるシステムってそうそうありませんし,そして何よりAmazonというブランドに対する安心感が大きいですね。

玉川:ありがとうございます。それはすごく良いポイントですね。

以前,AWSというと,EコマースのAmazonが使用して余ったサーバを使って事業をしていると思われていたのですが,2006年にAWSの事業が開始された時点から,AWSの事業用にAmazonが使用しているものとは完全に別のデータセンターが準備されていました。もともとAmazonはEコマース事業を行う上で物理データセンターを運用しクラウドの技術を活用していました。そのビジネスを発祥の起源としているAWSは,お客様への安心感,信頼性を担保できていると自負しています。ちなみに,AWSの最大の顧客企業の1つがAmazonだったりします。

余談ですが,AWSにとって一番怖い顧客企業の1つもAmazonで,リテールをやっている最中,絶対にサーバを落とせないうえに,ピークが激しいケースが頻繁に起きています。グループであるからこその緊張感みたいなものでしょうか(笑)。

運用面から見たAWSの特徴

玉川:実際にサービスをリリースした後,AWSでの運用している中で,何か改善要望などありましたでしょうか?

岩川:気になったところですと,私たちはAutoScalingを使っていて,それがすべてWeb上の管理画面(AWSマネジメントコンソール)で操作できないところが気になっています。

玉川:おっしゃるとおり,現在,運用管理についてはほぼAWSマネジメントコンソール上で操作できるようになっていますが,AutoScalingの部分はまだサポートしていませんね※1

岩川:ぜひ,今後はそこも対応していただけると嬉しいですね。

玉川:エンジニアの方たちにとって,プログラミングを行ったり,APIを操作するのは慣れていることでもあるので,AWSは常にAPIによるサービスのサポートに注力しています。一方,AWSマネジメントコンソールは,ここ1年で大幅に力を入れている部分の1つでした。幅広いお客様にもお使いいただけるよう,日常運用にあたっては,基本操作はAWSマネジメントコンソール上でできるべきと考え,その機能拡充に力を入れています。

今ご指摘いただいたAutoScalingについても,他のユーザの皆さんからのご要望もいただいていますので,順次対応していきたいと考えています。

※1)
APIではサポートしている。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入