達人が語る,インフラエンジニアの心得

第20回 エンジニアの海外志向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ここ1,2年で特に,エンジニアの海外志向という話題が増えてきているように思います。実際,ネット系のベンチャー企業がUSにブランチ(子会社)を作るケースも増えてきていますし,US発の企業に就職して日本オフィスではなくUS本社勤務という人も増えているようです。筆者の周辺でもそういう話はよく耳にします。

プロ野球で大リーグに行く選手も増えてきていますが,それだけ日本という国を出て海外に行くということが普通になってきているのかもしれません。筆者も2004-2005年の2年間,ベイエリアで起業してRedSIPという会社を運営していました。

シリコンバレーとベイエリア

ここでちょっと余談ですが,日本だとよく「シリコンバレー」という単語を見聞きします。筆者も実際,渡米して起業するまではシリコンバレーといっていましたが,実際に渡米してみるとシリコンバレーという名称はほとんど使っているのを見たり聞いたりすることはなく,あのあたりのことはベイエリアといっていました。

ただ,シリコンバレーとベイエリアはすこし定義が違います。

ベイエリアはサンフランシスコ湾の周辺全部,まさにベイエリアですが,シリコンバレーはベイエリアのうちの,ペニンシュラ(湾の西側)とサウスベイ(湾の南側)あたりのことを指しているので,シリコンバレーのほうがより局地的ということになります。ベイエリアにはサンフランシスコ市は入ってますが,シリコンバレーには入ってないってことですね。

それはさておき,日本にいるエンジニア,特にネット系エンジニアが海外を目指すというと,そのかなりの割合がベイエリアを目指すのではないでしょうか。

感覚的には,サンフランシスコ,パロアルト,マウンテンビュー,あとちょっとクパティノやサンノゼ,あとサンマテオという感じがします。これはやはり,日本でもメジャーなサービスを展開している企業の本拠地という影響があるような気がします。

サンフランシスコにはTwitter,パロアルトにはFacebook,マウンテンビューにはGoogle,クパティノにはAppleがあります。10年前ならシリコンバレーといえばサンノゼでしたが,成田サンノゼ直行便がなくなったせいか,最近ほとんどサンノゼで起業や就職という話は聞かなくなりました。

ですので,今回の「海外志向」はほとんどそのまま「ベイエリア志向」という意味で書いています。

「和訳モノ」からネイティブな情報交流に

筆者は,エンジニアが海外志向を持つことは,とても良いことだと思います。やはりこれからは,特にネットサービスなどにおいては,グローバルな感覚なくしては良いサービスは作れませんし,習得するスキルにも影響がでてきます。

ちょっと批判的なことをいえば,以前日本では「日本語情報が多いものがメジャーになる」という現象があったと筆者は思っています。あくまで私見ですが。

たとえば1990年後半,日本ではFreeBSDがLinuxよりメジャーでした。これはFreeBSDコミュニティやコミッタに日本人が多く,日本語での情報が充実していたからだと思います。

また同じくその頃,OSSのRDBでいうと,日本ではMySQLはほとんど普及しておらず,もっぱらPostgreSQLが主流でした。これも,石井さんの尽力などによって,日本でPostgreSQLのコミュニティが活発に活動しており,また日本語情報がとても多かった(当時MySQLの日本語情報は皆無といっていい状況でした)ためだと思います。

またPerlも日本では一時期LL言語の主流派だったと思いますが,これも同様に,近藤さんの訳本をはじめとして,日本におけるコミュニティの活発さと情報量が寄与していたと思います。逆にいえば,日本のエンジニアは「英語を避けたがる」という傾向が間違いなくあったのです。そしてこれは今でも少なからずあるとは思います。

しかしながら今すでに,そしてこれからはなおさら,英語の情報の入出力に躊躇しない人のほうが,よりエンジニアとして成長していくことは自明だと思います。

では,なぜ以前よりも英語というものが重要になってきたのでしょうか。

それはひとつには,TwitterやFacebook,Skypeといったサービスの普及があげられると思います。以前は海外のエンジニアとやりとりをするといえば,まずメールが主な手段でした。もちろんメールでは即時性のあるやりとりや意思疎通はハードルが高いのは言うまでもありません。メールにはメールの良いところはもちろんありますが。

これによって,海外のエンジニアと接する機会も増え,ハードルも下がってきたという要因があると思います。

また,TwitterやFacebookは国や言語を越えたコミュニケーションを容易にすると同時に,そもそもワールドワイドなサービスなので,こういったサービスが登場しかつ日本でもメジャーになることで,エンジニアが海外もしくは世界というものを意識しやすくなった,という要因もまた別にあるのだと思います。

こういった要素などが積み重なって,ベイエリアに移住したり頻繁にやり取りする人などが増え,そういった人たちに触発されて,その他の人たちも海外を意識するようになったり,⁠なんだ海外に行くってさほどハードル高くないんだ」といった考えが波及してきているのが現状ではないでしょうか。

著者プロフィール

山崎徳之(やまざきのりゆき)

青山学院大学卒業後,アスキー,So-netなどでネットワーク,サーバエンジニアを経験。オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)のデータセンターである「データホテル」を構築,運営。2003年にベイエリアにおいてVoIPベンチャーであるRedSIP Inc.を創業。2006年6月に株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ(現 ZETA株式会社)を設立,代表取締役就任(現任)。ECソリューションの「ZETA CX」シリーズとして検索エンジンやレコメンドエンジンを開発,販売している。

blog:http://blog.zaki.jp/
社長コラム:https://zetacx.com/column

コメント

コメントの記入