アクセス探偵IHARA リターンズ

エピソード1 はじめての浮気調査[後編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

突入

「お義姉さん!」

「あら,真由ちゃん!久しぶりねぇ。…髪切ったのね!」

あれ? 様子が変だ(笑)。

「実は,お義姉さんにプレゼントがあるの」

「まあ!何かしら?」 と,ショートの女性=義妹の真由はウェディングドレスのカタログ写真を取りだした。

「え…?これって?」

「実は,きみには内緒だったんだけど,真由に協力してもらってドレスをピックアップしてもらったんだ。……結婚式のために

「え?え?結婚式?」夫人はめちゃめちゃ面食らっている。

しかし探偵事務所の三人には,そろそろ展開が読めてきた(笑)。

「真由の発案なんだ。結婚式,そろそろ挙げたらどうか,ってね」

「わたしの進学とかのことで,いっぱい面倒かけたのに何も恩返しできてなくてお義姉さんに申し訳なくて…」

おもむろに伊波羅がマシンを持って立ち上がり,現場に突入した。二人も後に続く。

画像

「お邪魔してます」

「ん?この方たちは?」

夫人はあまりのことに言葉が出てこない。かわって伊波羅が, 「お宅のパソコン,調子が悪いようで,その調査にうかがったのです」とフォローに入る。

「ああそうですか。ご苦労様です」

「ところで奥さん,見つかりましたよ」

伊波羅はパソコンの画面を夫人に示した。思いがけずウェディングドレスを試着して「嬉しそう」な真由の写真。綺麗なドレスを目の前にして,つい自分も試着してみたくなったのだろうか。

「よかったですね」と伊波羅はすぐにイメージを閉じた。

「……ええ。ありがとうございます」伊波羅の言葉に夫人はようやく,気持ちの落ち着きどころを見つけたようだった。

画像

残された謎

「結局あのメール,結婚式サプライズのやり取りだったってことかあ」

結婚式のプランで女性陣が華やかに盛り上がっている別室から離れて,今日香と健二は撤収の準備中だった。

「そうね。厳密にはどうとでも読める文面だったわけだけど,思いこみで読んじゃいけない,ということよね」

「しかし,浮気じゃなくて良かったよ。奥さん幸せそうだったし」

「健二があのとき顔を撮ってさえいれば,こんな大騒ぎにならなかったのよ」

「そうは言うけど,後つけながらの写真撮影って難しいんだよお」

「あの,吉沢さん」夫人が顔を出した。

「もし良ければ,わたしたちの結婚式,出席していただけませんか?」

「ええ?良いんですか?」

「もちろんですよ。そちらの「彼氏」もぜひご一緒に。伊波羅さんもご都合が良ければ…」

「あれ?そういえば伊波羅さんどこに行ったの?」

聞かれた健二は茶菓子の片づけに忙しく(笑),ただ首を縦に振るだけだった。


「ちょっとお聞きしてもよろしいですか?」と,台所で皆井氏を前に伊波羅は切り出した。

「妹さんに渡されたデータはこれですか?」

伊波羅自身のノートパソコンの画面を示す。妹の真由が各種ウェディングドレスを着て映っているイメージが,折り重なって表示されている。

「そうです。妻のを選んでいるうちに,自分の分も,とか言いながら妹が試着ショーをやり始めてしまいまして(笑),それを撮影しました。まだ相手も居ないのに…」

「画像データが8個ですね。みんな同じデジカメで撮影されたものみたいですね」

「ええ。ドレスの写真を撮るので持って行ったものです。持ってきましょうか?」

「あ,いえそれには及びません。……差し支えなければ教えていただきたいんですが,このデータだけ大きさが違いますね。なぜですか?」

「……解像度が違うんじゃないですかね?デジカメまだ買ったばかりで操作に慣れないもので,設定ミスったのかも」

たしかに,解像度や圧縮率が異なると,データのサイズはかなり異なってくる。それに,見たところそのデータだけ解像度が大きくなってはいるようだ。しかし……

「実は,大きな方のデータをこのツールで読み込んでみたんですよ。これ,ステガノグラフィって言うんですけどね」

伊波羅はおもむろにステガノグラフィのツールを起動して,突出して大きくなっているファイルを読み込ませた。すると,パスワードを聞くダイアログが出現した。

画像

「パソコンの中に,このツールが入っていた痕跡がありましてね。撮影時にひとつだけ解像度を変えるというのも妙だと思って,さきほどちょっと調べてみたんです」

「…そ,そうですか」

伊波羅は皆井氏に向き直った。

「皆井さん,わたしは警察ではなく,ただの探偵です。ですから,喋りたくないことがあれば,もちろん何もおっしゃらなくて結構ですよ。しかし,もしよろしければ教えていただきたいんですけど,皆井さん,もしかしてかなり危ない橋を渡ろうとしていませんか?

皆井氏は沈黙したままだ。

「最近,『告発』とか『データの不正操作』とか,そういう単語が書かれた文書を作成されませんでしたか?」

伊波羅の声音はあくまで穏やかだ。しかし皆井氏は答えようとしない。

「妹さんは雑誌の記者さんでしたよね?」

黙っている。

答えられないのかも知れなかった。

著者プロフィール

園田道夫(そのだみちお)

著書訳書多数。最近本人にも本業がわからないくらいだが,どうやら秋ごろからサイバー大学で教えるらしい。趣味というか,事実上の本業はサッカー観戦だというウワサ。詳しくはブログにて。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/sonodam/


くりひろし

漫画家。代表作はパソコン雑誌でのレクチャー形式マンガの元祖「パソコン・レクチャー」シリーズ(1985~2003,マイコンBASICマガジンにて最長不倒212回連載)。「アクセス探偵」シリーズで新たな境地を開く。

コメント

コメントの記入