IPv6対応への道しるべ

第10回 IPv4アドレス移転と「汚れたIPv4アドレス」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

インターネットマルチフィード 吉田友哉氏

インターネットマルチフィード 吉田友哉氏

IPv4アドレス中央在庫が枯渇し,インターネットを利用した事業者にとってIPv4アドレス確保が非常に大きな課題になりつつありますが,それにともない徐々にIPv4アドレス移転の事例が増えています。

第10回は,移転元のIPv4アドレスが過去にどのような使われ方をしていたのかが重要な要素となり得るというお話を,インターネットマルチフィード株式会社 吉田友哉氏に伺いました。

「汚れたIPv4アドレス」1.0.0.0/8問題とは?

前半は,IPv4アドレス移転とは直接関係がない1.0.0.0/8の話ですが,1.0.0.0/8が何故問題となったのかを理解することで,IPv4アドレス移転時の「IPv4アドレスの使われ方」に関して理解しやすくなると思い,質問してみました。

─⁠─1.0.0.0/8で発生するかも知れない不具合の調査に関して教えてください。

1.0.0.0/8は他の/8と非常に大きく異なっています。1.0.0.0/8がAPNICに割り振られたのが約3年前になりますが,それまで,どの地域に1.0.0.0/8が割り振られるのかが話題でした。1.0.0.0/8は,かなり特殊なIPアドレスで,グローバルIPv4アドレスなのですが,組織内ルーティングして使ってしまっているISPもあります。

そんな事情もあって,1.0.0.0/8をISPに本格的に払い出す前にちゃんと調べましょうといって,当時APNICが/8の経路を流して調査しました。当時はそのプロジェクトに関わっていなかったのですが,日本での影響も調べる必要があるということで,Geoff Hustonに相談し,共同で調査を行いました。/8が残り少なかったので,重要なミッションでした。

調査時に1.0.0.0/8向けに送信されていたトラフィックの量

調査時に1.0.0.0/8向けに送信されていたトラフィックの量

─⁠─そのときに,何がどのように発見できましたか?

当時の1.0.0.0/8を調べてみると,明らかにパケットの量として多く観測されたのが1.1.1.1や1.2.3.4などでした。その他,設定を行う人が思いつきやすいと思われる,1.4.0.0や1.8.0.0や1.16.0.0や1.32.0.0なども多く利用されていました。

そのような運用がされているネットワークから,意図せずにパケットが流れ出していました。それらのネットワークから,経路は流れていないけど,パケットが出て来てしまっているといった感じです。

また,インターネットからのスキャン攻撃等で,そういったわかりやすいIPアドレスへの攻撃パケットなども多く観測されました。実験的に1.0.0.0/8の経路を流すことで,そういったパケットが収集できました。

─⁠─経路を流すことで,「誰かが何かに使っている」ことがわかったということですね?

はい。そういった経路を広告することで,新たにそれらのIPv4アドレスを使った人が受ける影響を調べることが目的でした。

こうした影響としては,意図しないパケットを受け取ってしまう問題と,1.0.0.0/8のアドレスが相手側のISP内でローカルに利用されていて戻りパケットを受け取れないという2つの問題があります。

1.0.0.0/8に関しては,他のIPv4アドレスとは明らかに傾向が違っていたので,いくつかのIPv4アドレスは/16単位でユーザに払い出すのを一時保留しました。しかし,枯渇間際になったときに,/16を20個ぐらい埋め殺しにするのはもったいないので,APNICアドレス在庫枯渇寸前に再試験を行ったうえで,より細かいアドレスブロックに区切って,大丈夫そうなアドレスに関しては払い出しました。

─⁠─1.0.0.0/8は,大手ルータベンダマニュアルやbindなどのソフトウェアの設定例として記載されていたんですよね?

はい。昔のマニュアル等に記載されていました。今もまだたくさん残っていると思います。それを見て,そのままフィルタを書いたりすると,1.0.0.0/8というグローバルIPv4アドレスをフィルタしてしまうことになります。そのフィルタの影響で,正しく使いたくても使えないユーザが出てしまうという問題があるアドレスです。

─⁠─ただ現実的にどこまでドキュメントアドレス等に書き換えるのがよいのでしょうか?

bogon filterの設定例などに記載されているのはまずいでしょうけど,サンプルコンフィグとして,人が理解しやすいアドレスで書かれているものや,そもそもサンプルネットワークが大きすぎて,ドキュメントアドレスで記載ができない場合には,プライベートアドレスなどを使うことになるんでしょうけど,逆にプライベートアドレスをグローバルアドレスと混在して表現すると,よりわかりにくくなったりしますよね。そのあたりは一長一短かなと思います。

─⁠─最近,私のWebサイトへの1.0.0.0/8からのアクセスが結構あります。

はい。日本のモバイルキャリアにも払い出されていますし,現在,アジア各地でも広く使われています。さまざまな調査や普及活動が行われた結果,今はきちんと使えているということだと思います。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入