教科書には載っていない ネットワークエンジニアの実践技術

第12回 OSPFのType-2 LSAはなぜ必要か?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

前回のこの連載で,リンクステート型プロトコルの「接続情報」が,OSPFのLSA(Link-State Advertisement)のことであると説明しましたが,実際にOSPFで利用されているLSAにはさまざまなタイプがありますね。

RFC2328(OSPF Version-2)では,以下の5種類のLSAタイプが規定されています。

Type-1Router-LSA
Type-2Network-LSA
Type-3,4Summary-LSA
Type-5AS-external-LSA

今日は,この中のType-2 LSAがなぜ必要なのかについて考えてみたいと思います。

リンクステートの基本はType-1 LSA

まず,Type-1(Router-LSA)の役割を説明します。

というか,前回のクイズで「A駅は,B駅とC駅に接続している。B駅との距離は…」という情報を例として記載しましたが,これがまさにType-1 LSAです。実際のType-1 LSAには,以下のような情報が含まれています(ここではわかりやすさを優先して大雑把に書いていますので,詳細は他の技術文献等をご参照ください)⁠

Link State IDLSAを発行したルータのID
Link ID隣接するルータのID
Metric隣接ルータまでの距離※
表の脚注
※「Link ID」「Metric」は隣接するルータの数だけ繰り返し記載します。
※「Metric」を距離と訳すのは適切でないかもしれませんが,とりあえず見逃してください。

前回コラムのクイズで登場した線路の例をルータに置き換えると,図1のような感じになります。

図1

図1

図1中の「Cost」は,通常はインターフェースの帯域に応じて算出される数字であり,LSAに含まれる「Metric」と同じ意味です。この数値が小さいほうが「距離が短い」⁠つまり優先的に選択すべきルートであることを意味しています。

R1からR5まで,それぞれのルータがType-1 LSAを発行しフラッディングすると,各ルータでは,以下のような接続情報(リンクステートDB)が作成されます。

画像

どうですか? 前回の線路のクイズと考え方は同じです。

もちろん,実際のLSAにはもっと多くの情報が含まれているので,こんなにわかりやすくありませんが,重要な部分を抜き出すとこうなるのです。この情報を基にして,ダイクストラ・アルゴリズムを使って最短経路を算出し,ルーティングテーブルを作っていくわけですね。

著者プロフィール

高木圭一(たかぎけいいち)

ネットワーク業界でSEとして22年間の業務を経験した後,現在は独立。IPイノベーションズの専属コンサルタント・インストラクターとして活躍中。ネットワークを活用した新しいライフスタイルを確立し,浸透させることを目標として活動中であり,栃木県に在住。

  • 1986年 富士通ネットワークエンジニアリング(現FNETS)入社
  • 2000年 シスコシステムズへ転職
  • 2007年 独立・IPイノベーションズ専属コンサルタント・インストラクター

URLhttp://www.gogonetpro.com/

コメント

コメントの記入