小型/堅牢/メンテナンスフリー OpenBlockS 600の限界に挑戦

第1回 10年も続く小型サーバの魅力を知ろう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

OpenBlockSとは

本連載で取り上げる「OpenBlockS」は,ひと言で言えば手のひらに乗るLinuxサーバです。その歴史は10年前の2000年にさかのぼり,OpenBlockS(初代)⁠OpenBlockSS,OpenBlockS 266,そして2009年9月から販売が開始されたOpenBlockS 600へとハード面,ソフト面ともに機能強化しつつ使い続けられている実績のある製品です。

この小さなボディに,意外なほどの汎用性が秘められていることは運用事例を見ればわかります。高信頼,堅牢で安定稼働であることが認められ,たとえばグループウェアサーバやVPN運用ツール,IAサーバ,監視管理システムといった常時運用で落ちてはいけない認証系(監視等)での利用や,超小型にパッケージングされていることを生かしてアプライアンス製品のコアとして利用されるなどしています。

標準仕様

OpenBlockS 600は600MHzのPowerPC 405EXをCPUとし,メインメモリは1Gバイト搭載。2基のギガビットイーサをはじめとする充実したインターフェースを備えながら,非常にコンパクトに設計されています表1,写真1~3)⁠アルミ合金製の本体は堅牢性や熱への耐性が高く,冷却用のファンがなく静音性が高いうえ,ファンやHDDといった可動部や通気口のスリットもなくすことで,サーバ運用向けの機器でネックとなる故障の原因を極力排除しています。消費電力は約8.0Wととても低消費電力で経済的です。

表1 OpenBlockS 600のおもなハードウェア仕様

CPUAMCC PowerPC 405EX(600MHz)
メインメモリ1Gバイト(DDR2 SDRAM)
FLASH ROM(NOR)128Mバイト(ユーザエリア 約64Mバイト)
ストレージCF(1Gバイト標準添付)
インターフェース1000Base-T×2,シリアル5芯結線×2,コンソール用および外部機器用(RxD,TxD,RTS,CTS,GND)⁠USB2.0(外部×2,内部×1)⁠JTAG 2×8ピンヘッダ(2.54mmピッチ)×1
サイズ81(W)×133(D)×31.8(H)mm
重量約265g
電源ACアダプタ 5V
消費電力約8.0W
電源条件許容電圧変動:90V-264V,周波数:50/60Hz単相
動作時許容周辺温度0?55℃(1000BASE-Tで利用する場合は0?50℃)⁠CFカード実装時,ACアダプタ含)
湿度条件20?80%Rh(結露しないこと)
OS標準サポート:SSD/Linux
JavaJava SE for Embedded 5.0(OpenBlockS 600用)
保証期間3年(標準保証期間1年,ユーザ登録により無償にて3年間に延長)
参考価格59,800円(税込)

写真1 OpenBlockS 600の外観

写真1 OpenBlockS 600の外観

写真2 本体前面

写真2 本体前面

写真3 本体背面

写真3 本体背面

同社が公開しているOpenBlockS 600のネットワーク性能テスト※1では,一例ではありますが,537.22Mbpsのスループット性能を持つ一般的なIAサーバ(CPU:QuadCore Xeon E5310 1.60Ghz,メモリ:4Gバイト,Ether:1000BASE-T,OS:CentOS 5.2)とほぼ同等の521.75Mbpsが出ています。

冒頭でLinuxサーバと書きましたが,標準でサポートするプリインストール済みのOSは「SSD/Linux」で,これは開発元のぷらっとホーム⁠株⁠オリジナルのオープンソースディストリビューションとなっています(同社の所在地にちなんで,Sotokanda Software Distributionの頭文字をつけています)⁠また,同社サイトでは最新のファームウェアや開発環境(セルフ/クロスコンパイル環境)⁠アプライアンスの実装手順やコンパイル済みアプリケーションなどの情報を無償で公開,配布しています。

表2 OpenBlockS 600の主なソフトウェア仕様(出荷時標準)

ディストリビューションSSD/Linux 0.5
カーネルバージョン2.6.29
Glibc2.6.1
Gcc4.2.3
ファイルシステムext2,ext3,vfat,tmpfs,nfs等
IPプロトコルスタックIPv4,IPv6
標準機能デフォルトルーティング,スタティックルーティング,iptablesによるパケットフィルタリング,LinuxカーネルモジュールによるIPマスカレード,
対応OSDebian,Ubuntu,Fedora,NetBSD(対応予定)

また,動作検証済みのディストリビューションにはDebian,Ubuntu,Fedoraがあり,内蔵するCF写真4からブートが行えるしくみになっているため,利用者の使い慣れた環境も構築しやすくなっています。

写真4 本体内部基板

写真4 本体内部基板

※1)
固定IP設定によりローカルルータとして設定した状態で,FTP通信をIPルーティングさせて1Gバイトのデータをダウンロードする時間で計測。

コメント

コメントの記入