R&Dトレンドレポート

第14回 Emiriパパ MA6受賞独占インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Mashup Awardsってみなさんご存じでしょうか?

Mashup Awardsは,リクルートをはじめとする数々のリーディング企業,協力企業によって開催されているプログラミング祭りです。

リーディング企業,協賛企業から提供されるさまざまなAPIを組み合わせて(マッシュアップ)⁠新たなサービスを構築してみよう!というのがその趣旨となっています。2010年度で6回目ということで,それなりに歴史も感じられる賞になってきました。

2010年は提供API222個という数に,Adobe, NHK, NTTドコモ, Google, KDDI, サイボウズ,SONY, SonyEricsson, DeNA, PayPal, Yahoo!Japan, リクルートといった錚錚たるリーディング企業が名を連ねる⁠祭り⁠となっており,受賞者にとっても非常に意味のある賞となっています。

そんなMashup Awardsですが,2010年12月4日に最優秀賞の決定,および授賞式がありました。私も現在仕事をさせていただいている企業の関係で参加したのですが,なんと!私の隣で仕事をしている⁠Emiriパパさん⁠が最優秀賞に選ばれました。

最優秀賞候補に挙がっていることは知っていましたが,先にも書いたように重みのある大会である上に,応募作品が544作品!という中でのナンバーワンということで非常に興奮してしまいました。

というわけで今回は最優秀賞を獲得したEmiriパパに,開発者,研究者としてのマインドに触れてみたいと思います。

MA6最優秀賞受賞 Emiriパパ

MA6最優秀賞受賞 Emiriパパ

EmiriSystemの紹介

EmiriSystemは,Emiriパパが個人で開発・運営している日記サイトで,特に育児というキーワードに重きを置いて開発が進められています。

育児日記EmiriSystem

育児日記EmiriSystem

独占インタビュー

―本日はよろしくお願いします。まずEmriSystem開発のきっかけをおしえてください。

Emiriパパ(以下略)⁠はい。よろしくお願いします。結論から言いますと必要に迫られて,というところですね。2001年に長女が生まれ,元々私がカメラ好きということもあって毎日娘の写真を撮っていたんですよ。

―毎日ですか?

はい。毎日です。日々の変化は少ないですが,数日もさかのぼると,もう,少しずつですが変わってきてるんです。子供の成長は本当に楽しいですね。で,そんな風に毎日の写真を撮りためていると,見たいときに見たい写真が見つからないという本末転倒な事態になってしまいまして。

―見たいときに見つからないというのはちょっとつらいですね。写真ですが,一体何枚ぐらいあるんですか?

写真を撮りためて今年で9年目になりますが,数えてみたら3384日で12万枚,870Gバイトもの量がありました! もちろんいきなりそんな量になるわけじゃありませんが,徐々に増えつつある写真を前に危機感を覚えました。

―870Gバイト!すさまじい量ですね。そしてEmiriSystemの誕生の瞬間を迎えたわけですか。

まず作ったのが写真をHTMLでカレンダー風に見せるプログラムです。これはコマンドラインで起動するもので,静的なデータをカレンダー形式で出力をするものだったんですが,sh,awk,sed,grepの嵐。でもたったこれだけのシステムですが,子供の成長というか変化が如実につかめるんだなあとわかったんです。そして,同じ感覚を田舎のジジババと共有したいなあ,と。

―なるほど。まず第一歩がウェブシステムではなく,コマンドラインというのが意外でした。

(ジジババに)手軽に見せてあげられる方法を考えたところ,まずはWeb化だということで,自宅サーバを外部に公開し,ISDNで外からつながるようにしました。それで田舎に帰ったときにせっせと実家のIT化を進めたわけです。

―おじいさんおばあさんも感動されたんじゃないですか?

(ジジババにとっては)孫の成長というより魔法の箱がきたんじゃないかっていう感じで驚いて…,というのは冗談ですけど。孫の成長速度に感動していましたね。それで,基本オヤバカですから,親族だけでなく友達にも見てもらいたいというおもいでURLを配ったりしてるうちに,逆に,友達の方から私も使ってみたいわぁー,と話があったわけです。

―EmiriSystemにとって初めてのオファーですね。

そうですね,初めてのお客様です。そうなってくると子供の成長や記録というのは公開したい部分もあれば,非常にセンシティブに扱わないといけない部分もありまして。この頃に今で言うSNSらしい機能を開発していきました。当時はSNSなんて言葉がなかったですけど。

―SNSを!?FaceBookやMixiよりも前に?たとえばどんなシステムですか?

当時,EmiriSystemは宣伝したことなどなく,友人や親族の口コミで広がっていったサービスだったんです。なので,リアルな人間関係のつながりだけが肝だったんですよ。究極の会員制サイトだと思います。検索エンジンにも引っかからないようにしていましたから。

―人間関係で成立している,安全で健全なサービス。

今で言うソーシャルグラフがすでにEmiriSystem上には存在していたんですよ。つまり,友達の友達の友達の・・・とたどっていけば必ずすべての人を網羅することになる,ということです。

―まさにソーシャルネットワーク!でもそれって見せるとまずいですよね?

もちろん!これには非常に神経を使いました。誰がどこまで公開を許可するか,というアクセスコントロールを当時設計したんですが,これがこのサービスの要になるな,という思いがありました。その人のリアルな人間関係が壊れてしまうかもしれないので,テストも綿密に行いましたね。この頃に作ったシステムが今のEmiriSystemの原型です。

画像

著者プロフィール

脇本武士(わきもとたけし)

都内中小IT企業(メイサンソフト(株))に所属。某大手自動車会社でのシステム開発,運用を経て,現在は研究開発部署に席をお借りしています。DB周りの保守サポート,ウェブ技術開発を主に手がけてきました。現在は大規模計算フレームワークの活用とKVSに注目しています。普段はOS Xを使用していますが一番よく使うアプリはTerminalです(笑)。

R&Dトレンドレポート(てくらぼ)

コメント

コメントの記入