国内最大級のロックフェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL in Ezo』Wi-Fiサービスの舞台裏 ─さくらインターネットの挑戦

第3回 ネットワーク設計チームに訊いた,RSR会場Wi-Fiのすべて

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in Ezo」⁠RSR)の会場にWi-Fiを提供したさくらインターネット。このインフラ構築を担当したコアメンバは,エンジニア3名+広報担当2名の少数精鋭部隊でした。今回はそのうちエンジニアの方々に集まっていただき,ネットワークの構築やフェス当日の運用など,お話を伺いました。

お話を伺ったRSRのコアメンバ(エンジニア)
鈴木 一哉(すずき かずや)
今回のWi-Fiネットワークの設計者。入社2年目の新人ネットワークエンジニア。
東 常行(ひがし つねゆき)
鈴木さんの先輩,ベテランネットワークエンジニア。
宮下 頼央(みやした よりお)
石狩データセンター センター長。

左から宮下さん,鈴木さん,東さん

左から宮下さん,鈴木さん,東さん

ネットワークの設計図を書いたのは,入社2年目の新人エンジニア!

――新人の鈴木さんが設計を任された経緯はどういうものだったのでしょうか?

東:今年のRSRでは,新しく「Captive Portal(認証ポータル)⁠を導入するということで,ファイアウォール「PfSense」を使うことになりました。そこで,そのソフトに詳しい鈴木に話がいきました。最初の時点ではその認証部分だけをやってもらうはずだったんですけど……。

鈴木:いつの間にかネットワーク全体の設計まですることになっていました。

宮下:(笑)

RSRのWi-Fiネットワークの構成

RSRのWi-Fiネットワークの構成

――鈴木さんは,普段はどのような業務を担当されているのですか? また,学生時代は何を専攻されていたのですか?

鈴木:ネットワークの監視・障害担当のシフト勤務をしています。いわゆる⁠ネットワークのお守り⁠ですね。学生時代はどちらかというとソフトウェア寄りの勉強をしていました。ただ,所属していた研究室が立ち上げ1年目ということで,研究室のサーバの設置・設定を全部任されたことがありました。そのときのインフラの勉強が,さくらインターネット入社のきっかけにもなっていますね。

昔からいろいろと任されることが多い鈴木さん。次はWi-Fiネットワークの構築について伺います。

前日は徹夜!開催直前のトラブルシューティング

――ネットワークの構築はうまくいきましたか? 設計段階とテスト段階でギャップはありませんでしたか?

鈴木:データセンター側は,ほぼ想定どおりの動作でしたね。始めから堅牢な設計にしていたので。ただ,会場側にはFWA不達といった地理的な問題がありました第1回参照)⁠あとは,前日のテスト運用で大きなトラブルが発生してしまいまして……。実際に機器をすべて設置して監視を走らせると,FWAの疎通がちょくちょく不安定になっていることがわかったんです。ログを取ろうにも,今回使った無線機器「ポジモ」とFWA装置RAD Airmux5000はどちらもレンタル品だったのでそれができず,問題の切り分けが難しかったです。最終的には間にルータをはさむことで原因を突き止められました。機器間で通信速度の不一致があったんです。片方が速度固定になっていて。

あと,私は石狩データセンターに今回初めて行ったのですが,広くて左右対称の造りになっていて,迷子になってしまいました。

――東さんはどうでしたか?

東:今回の構築は全部自分たちでやるというのがテーマだったんです。機材も,会社にもともとあるものを使うというふうに。ですので,仕事で使っていない機材を探すのがたいへんでした。また,FWAのためのアンテナを設置するのに高所作業車をレンタルして使ったのですが,これも業者に頼まず,私が今回のために免許を取得して動かしました。ただ,RSRの会場って砂地が多くて,高所作業車は重量があるので,車輪が埋まってしまったんですよね。

鈴木:次の日も埋まってましたね。

宮下:(笑)

端から端まで歩くと1時間もかかる広大な会場に,少ない人数でAPを7ヵ所も設置するのは一苦労。鈴木さんはフェス前日,Wi-Fiの速度を安定させるために「SoftEther」で会場ネットワークを再現して検証するなど,徹夜で作業にあたったそうです。

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入