使える!サーバ運用の実践テクニック

第8回 [基礎知識編3]「求めるキャリア」vs.「求められるスキル」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

エンジニアがキャリアを形成していく上で,中長期的にどのような結果を望んで行くか整理した上で,エンドユーザ(利用者)から提供するもの,その手段等について,どこまで深く理解をするかは,現在置かれている業務等に直接関係がなかったとしても,非常に有意義なことであります。

今回は,主にインフラ系のエンジニアのキャリア形成の整理等について纏めたいと思います。

インフラ系エンジニアが困る「キャリアパス」の問題

ひとくくりに⁠インフラ系エンジニア⁠といっても,所属している会社,部署等によって,これほどまで期待される実績が異なる職種というのも他にはあまり例のないかと思います。以前の連載でも似たような表を掲載したことがありますが,改めてインフラ,サーバエンジニアの業務範囲を平面的にまとめてみたいと思います。

表1 インフラエンジニアの業務


事業会社企画、アプリケーションエンジニア 事業会社(ユーザ系)基盤エンジニア SI系企業インフラエンジニア メーカ系エンジニア(プリセールスなど)
ユーザ利用領域


業務アプリケーション


アプリケーションフレームワーク

ミドルウエア
OS/ネットワーク
BIOS/ハイパーバイザ等の基礎領域
ハードウエア(CPU/メモリ/ディスク)
設備、電気電圧,ノイズ,機械信号など

一概に表1のような形に収まるわけではありません。また,上記はユーザ系企業を中心に考えています。アプリケーションエンジニアがOS周りがわからないという事ではなく,またメーカ系エンジニアはもちろんOSにも明るいと思いますが,事業会社がそのサービスを稼動させる上でどのような構成,チューニングをするかと考えたときにどうでしょうか? といった形で記載してあります。

上記の中でおおよそ自分の置かれている立場と,携わる範囲というのを比べていただければと思います。より多くの範囲を担当している会社もあれば,より深く担当する事で範囲を狭めている会社もあるでしょう。

さて,上記を前提にインフラ系エンジニアが困るようなキャリアパスはどのようなことがあるのでしょうか? それは,それぞれの立場にについての “実績⁠とはなにか? というものを考えてみればわかると思います。

事業会社におけるサービス企画部門は,サービス向上のためのいろいろな施策を考え,アプリケーションエンジニアはそれを実現させます。それにより,画期的な実装や,売上が向上されれば,満場一致の実績となるでしょう。SI系企業インフラエンジニアにでは,事業会社やメーカ等からの受注や担当したアカウント,サーバ台数等を客観的な数字として実績に読み替えたりする事があるかと思います。

メーカ系エンジニア(プリセールス)等に関しては,自社製品のシェア(ひいては売上)拡大がそのまま実績として現れると思います。

インフラ系エンジニアの評価は減点法?

では,事業会社(ユーザ系)基盤エンジニアの⁠実績⁠とはどのようなものがあるのでしょうか?

確かに初めて構築するサービスやアップグレード,リプレース等は大きな実績となるでしょう。しかしそれが毎年コンスタントに仕事として提供され,実績として還元していけるような会社は,ほとんどの場合,会社自体が大きく成長を続けているような状況にあるかと思います。エンジニアとしてそのような職場で働けることに関しては非常に羨ましい限りではありますが,多くの,すでにサービスとして提供されているシステムのインフラ周りの担当作業は,稼動の統計やツールのメンテナンス,運用効率の向上や障害対応などが主体となってしまうこともあります。

安定運用中のサービスの場合,システム監視,運用等とインフラ系のエンジニアはひとくくりにして,評価期間無事に稼動している事が前提となり減点法で評価をしていく企業もあれば,スキルの平準化や,ベースの向上をするべく,資格取得が会社に貢献した実績と読み替えて評価するような仕組みもあったりと,同じインフラ系エンジニアでも会社によってその担当業務や評価方法は実に様々であります。

著者プロフィール

高岡将(たかおかすすむ)

大手金融,独立系SIerにて気がつけば計18年以上のキャリアを重ねる。バランス感覚に長け,インフラ/アプリ,プレイヤ/マネージャなど関係なくこなし,「いそうだけどいないタイプ」と評価される。

仕事以外では,自転車,ジョギング,サックス等を趣味にし,密かに「エンジニアと健康」についてダイエット成功論の連載を企む。

コメント

コメントの記入