SQL Azureを徹底活用

第6回 未来の機能を先取りできる「SQL Azure Labs」とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

SQL Azure Labsは,SQL Azureに関わるアイディアを試すためのプロトタイプを公開する場所です。Labsのプロジェクトは,現時点では製品化が計画されていません。しかし,現在SQL Azureチーム周辺が考えていることが共有し,アイディアへのフィードバックを集めることで機能追加の方向性を洗練されていくことを目的としています。

年末年始,年明けと短い期間でSQL Azure Labsに複数のプロジェクトが公開されました。今回は,SQL Azure Labsで公開されているプロジェクトについて紹介します。Labsのプロジェクトで気が付いたことや,感想を伝えたくなったら,フォーラムに投稿するか,担当チームにメールでフィードバックできます。

SQL Azure Labs概要

昨年末までにSQL Azure Labsで公開されたプロジェクトには,SQL Azure Data SyncやDAC Frameworkを使用したバックアップ機能,SQL Azure OData Labがありました。SQL Azure Data Syncは,製品ラインに組み込まれWindows Azure管理ポータルに統合されPreview版が公開されています。DAC Frameworkを使用したバックアップ機能は,Windows Azure管理ポータルに統合され,正式サービスとしてリリース済みです。

昨年末にリニューアル公開したSQL Azure Labsには,2012年2月末時点で8種類のプロジェクトが公開されています表1)⁠

表1 SQL Azure Labsプロジェクト一覧

SQL Azure Data Sync製品ラインに統合されPreview版がリリース
バックアップ機能リリース済み
SQL Azure OData Lab2012年3月終了予定
Cloud Numerics分散演算フレームワーク
Data Explorerデータ参照サービス
Data Transferデータ転送サービス
Social Analyticsソーシャルデータの分析
SQL Azure Compatibility Assessment移行チェック
SQL Azure Security Servicesセキュリティレポート
Trust Servicesデータの保護

8種類のうち1つはSQL Azure OData Labで,リニューアルする前から公開されていたプロジェクトですが,2012年3月にサービス提供が終了する予定となっています。残りの7個がリニューアル後に提供されたプロジェクトで,データを分析したり,保護したり,転送したりと,さまざまな観点から扱うプロジェクトになっています。

Cloud Numerics

Cloud Numericsは,データ演算にかかわるサービスです。

Visual Studioプロジェクトで利用できる統計や線形代数といった数値アルゴリズムの.NETライブラリが提供されます。ライブラリを使用するとWindows Azure 上でスケーラブルに稼働する C# ベースのデータ解析モデルを開発することができます。

ライブラリを使用したアプリケーションを開発後,Cloud Numericsの配置ツール図1で分散演算に使用するサーバー台数を指定して,Windows Azure上での並列分散演算を簡単に実現できます。

図1 Cloud Numericsの配置画面

図1 Cloud Numericsの配置画面

Data Explorer

Data Explorerは,データの集積・資格表示するためのサービスです。

複数のデータソースに分散している情報を一ヵ所で集約します。複数のサービスの認証情報の管理,収集している情報に関連したWindows Azure Marketplcaeのデータを自動推奨,データのグラフィカル表示をすることができます。

Data Explorerが取り扱うことができるデータソースには,SQL Server,Webコンテンツ,RSSフィード,Windows Azure Marketplace,SharePoint,テキストファイルなどがあります。データのインポートは画面操作で簡単に取り込むことができます図2)⁠

図2 Data Explorer

図2 Data Explorer

図3は,複数のデータソースから取り込んだデータを関連付け,Players2007,Players2008,Players2009という値で表示をフィルタリングできるように定義したところです。Data Explorerは,直接データとしては紐づいていなかったデータを紐づけることで関連情報として取り扱います。たとえば,Facebookのフィードと名簿を紐づけることも可能です。

図3 Data Explorerでデータインポート

図3 Data Explorerでデータインポート

著者プロフィール

大和屋貴仁(やまとやたかひと)

Microsoft MVP for SQL Azure

2010年1月のWindows Azure正式リリース直後に,sqlazure.jpドメインを取得。ネタを探す日々ですので,SQL Azureで不明点があれば遠慮なくTwitterなどでご相談くださいませ。

Twitter:SQLAzureJP

URL:http://sqlazure.jp

コメント

コメントの記入