SQL Azureを徹底活用

第8回 SQL Database Federationを使用するための最初の一歩

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回は,Azure SQL Databaseがスケールアウトを実現するための,フェデレーションの仕組みと構成,用語について説明しました。今回は,実際にフェデレーションを作成し,フェデレーションに接続し,フェデレーションテーブル,参照テーブルを作成する方法を説明します。

注意:
SQL Azure Databaseは,Windows Azure SQL Databaseに,SQL Azure Federationは,Windows Azure SQL Database Federationに,それぞれブランド名が変更されました。

フェデレーションの作成

SQL Database Federationを使用するには,フェデレーションオブジェクトを作成することから始まります。フェデレーションはデータベース内に作成するデータベースオブジェクトで,データベース内に複数作成することができます。T-SQLを発行するか,SQL Azure管理ポータルを使用するかのどちらかでフェデレーションを作成できます。

T-SQLでフェデレーションを作成する場合は,クエリ1を実行します。データ型には,INT,BIGINT,UNIQUEIDENTIFIER,VARBINARY(0~900)を指定することができます。

クエリ1 フェデレーションの作成

-- CREATE FEDERATION フェデレーション名(フェデレーションキー データ型 RANGE)
-- GO
CREATE FEDERATION OrderFederation(orderID int RANGE) 
GO

SQL Azure管理ポータルでフェデレーションを作成することができます。図1は,クエリ1と同じ指定をしたところです。

図1 SQL Azure管理ポータルでフェデレーション作成

図1 SQL Azure管理ポータルでフェデレーション作成

フェデレーションを作成すると,ルートデータベースと指定したデータ型の全範囲を含むメンバーデータベースが作成されます。フェデレーションを作成すると,SQL Server Management Studio 2012では,図2のようにオブジェクトエクスプローラー上で確認できます。

図2 SQL Server Management Studio 2012でフェデレーションの確認

図2 SQL Server Management Studio 2012でフェデレーションの確認

SQL Azure管理ポータルでは,図3のようにデータベースの「管理タブ」「概要」にフェデレーションが表示されます。

図3 SQL Azure管理ポータルでフェデレーションの確認

図3 SQL Azure管理ポータルでフェデレーションの確認

フェデレーションを作成すると,図4のようにフェデレーションを作成したデータベースにフェデレーションオブジェクトが作成されます。フェデレーションオブジェクトに所属するルートデータベースとメンバーデータベースが含まれます。SQL Server Management Studio 2012やSQL Azure管理ポータル上では,ルートデータベースやメンバーデータベースそのものは隠ぺいされており表示されません※1)⁠

図4 フェデレーション作成時のデータベースの状況

図4 フェデレーション作成時のデータベースの状況

※1)
実際にデータベースが作成されていることを確認したい場合は,SQL Server Management Studio 2008 R2 SP1でSQL Databaseサーバーに接続するとルートデータベースやメンバーデータベースを確認できます。

著者プロフィール

大和屋貴仁(やまとやたかひと)

Microsoft MVP for SQL Azure

2010年1月のWindows Azure正式リリース直後に,sqlazure.jpドメインを取得。ネタを探す日々ですので,SQL Azureで不明点があれば遠慮なくTwitterなどでご相談くださいませ。

Twitter:SQLAzureJP

URL:http://sqlazure.jp

コメント

コメントの記入