Ubuntu Weekly Recipe

第1回 OEMインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

皆さん,明けましておめでとうございます。Ubuntu Japanese Teamの吉田と申します。

UbuntuはDebianベースの,デスクトップOSとしての機能に注力したLinuxディストリビューションです(今後はサーバ周りも充実していく予定です)。

Weekly RecipeではUbuntuの強力なデスクトップ機能を活用するためのレシピを,毎週一つずつお届けします。

system preparation tool for Ubuntu

ありがたいことに,UbuntuはデスクトップLinuxの代表例の一つとして,一定の評価を頂けるようになりました。これにより,ホワイトボックスPC(ショップブランドPC)やリサイクルPCの中には,プリイントールOSとしてUbuntuを選択できるモデルが出てきています。

こうしたプリインストール用途のために,Ubuntuには「OEMインストール」という専用のインストールタイプが用意されています。これはメーカー製PCにインストールされたWindowsと同じように,エンドユーザが設定するべき項目,すなわち,「初期設定ユーザの名前」「地域・言語の設定」「キーボードレイアウトの選択」などを選択するダイアログを提供することができます。これはベンダ側で,あらかじめ特定のハードウェア向けのドライバ設定や壁紙の変更など,必要な変更を追えた段階で一定の操作を行った上で,「エンドユーザ向け起動モード」に変更する,という流れで利用するものです。

こういった作業を行うためのツールは,Windows環境ではsysprep(system preparation)」ツールとして提供されており,これを用いることでプロダクトキーの入力・タイムゾーンの設定・初期ユーザの登録など,エンドユーザが行うべき初期設定を再度行えるようになっています(こうした,エンドユーザが利用する最小限の入力を促す画面は「ミニ・セットアップ」と呼ばれることが多いようです)注1)。

OEMインストールを用いることで,「UbuntuをプリインストールOSとして利用する(特にノートPCのような,機種ごとに細かな設定を追加する必要がある場合)」や,「企業内で事務端末として利用する場合に,事前に共通設定を行っておき,必要になった時点で最終段階のセットアップだけを行ってエンドユーザに渡す」といった運用が可能になります。

端的な利用例としては,Ubuntu Japanese Teamで配布している仮想マシンが,OEMインストールを用いた例の一つです。

注1)
ただし,Windows環境におけるsysprepツールはミニ・セットアップの起動だけでなく,プロダクトキーの再入力(=アクティベーション処理)や,プロダクトキー以上に重要なSecurity ID(SID)の初期化を担っていることから,UbuntuのOEMインストールと完全に同じものではありません。Windows(特にActive Directory環境)におけるSIDはPCごとにユニークであることを期待されるものです。しかし,SIDはHDD上のレジストリハイブに保存されているため,HDDを単純にコピーするだけではSIDの重複を招いてしまいます。Active Directory上のシステム識別やNTFSのユーザ認証もSIDを活用して行われているため,Windowsのsysprepツールは単なるミニ・セットアップの起動以上の意味を持っています。
また,sysprepツールはPlug And Playの再実行を始めとしたハードウェア認識を自動でやり直してくれますが,UbuntuのOEMインストールでは(まだ)そういった機能はサポートされていません(ただし,WindowsとLinuxのドライバモデルの違いにより,ハードウェア自動認識が行われないことによる問題はほとんど起こりません)。

OEMインストールの実際

さて,実際のOEMインストールの手順を見ていきましょう。

OEMインストールを行う場合も通常のインストールと同じく,「Desktop CD」を用いて行います(なお,Ubuntuの通常のインストールCDはKnoppixなどと同じように,CDからブートしてシステムを体験できるLiveCDを兼ねており,Desktop CDと呼ばれています)。

1.OEMインストールモードでの起動

Desktop CDを用意し,CDからシステムをブートします。

CDがロードされると次のような画面になりますので,「OEMインストール(メーカー向け)」を選択して[Enter]を入力します。LiveCDが通常と同じようにブートされますが,OSインストールのために用いられる"Ubiquity"はOEMインストール向けモードで準備されています(起動時オプションにoem-config/enable=trueが与えられます)。

図1 CDがロードされたあとの画面

画像

2.Ubiquityからのインストール

LiveCDが起動し,GNOMEデスクトップが表示された時点で,デスクトップには「インストール」というUbiquityへのショートカットが用意されています。通常の(OEMモードでない)インストールの場合、これをダブルクリックすることでUbuntuをインストールします。これはOEMモードでも同様で,「インストール」アイコンを用いてUbiquityを起動し,システムへの導入を行います。ただし,OEMモードでは手順1.の操作によって起動時オプションが変更されているため,UbiquityもOEMインストールモードで起動されます。

Ubiquityを起動した直後のダイアログが下記です。ダイアログの下部に"You are installing in system manufacturer mode....(略)"という表示があることを確認してください(通常のインストールではこれは表示されません)。

図2 Ubiquityを起動した直後のダイアログ

画像

(ここには,"Please enter a unique name for this batch of systems. This name will be saved on...(略)"というエディットボックスがあります。これはベンダ側でリビジョンなどを管理するためのバッチ名称を入力するために用意されています。ここで入力した名称は,/var/log/installer/oem-idに保存され,インストール後のユーザからの問い合わせなどに利用できるようになります……と言いたいのですが,どうもバグがあり,この機能は上手く動作していないようです)。

ここからの処理は通常のインストールと同様に行われます。異なる点は「初期ユーザとして登録されるのは,無条件に"oem, uid=29999, OEM Configuration (temporary user))"というユーザになる」ということだけです注2)。パスワードの設定のみ行ってください。

図3 初期ユーザとして,OEM Configuration (temporary user)が登録される

画像

注2)
厳密には,OEMセットアップモードでインストールされた場合,oem-configという専用のパッケージが追加でインストールされます。このパッケージは後述のoem-config-*を始めとする各種処理を行うためのものです。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入