Ubuntu Weekly Recipe

第9回 ノートPC向けの設定 : GNOMEアプレットの利用・ubuntu-laptop-mode・powertop

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

過去のPC Unixでは,ノートPCへインストールすることができても,サスペンドできない,スリープすると二度と起きてこない,といったトラブルが付き物でしたが,現在のLinuxではノートPCであってもほとんど問題が起きずに動作します。Ubuntuもその例に漏れず,ノートPCでも遜色なく利用することができます。今回はノートPCでUbuntuを利用していく上で役に立つレシピを紹介します。

GNOMEアプレットの利用

Windowsがプリインストールされた一部のノートPCでは,タスクバー等にバッテリの残量を表示するユーティリティがプリインストールされていることがあります。Ubuntuが利用するGNOMEにも,類似したノートPC用のユーティリティが用意されています。

まず実際の画面を見て頂くのが早いと思いますので,筆者の利用している環境のスクリーンショットを次に示します。画面の右上部分,「通知スペース」の左にある,バッテリアイコンやクロック周波数の表示に注目してください。

図1 筆者のノートPCのデスクトップ画面

図1 筆者のノートPCのデスクトップ画面

これらはUbuntuをインストールした時点ですでに導入されており注1),パネルのカスタマイズを行えば画面に表示させることができます。

※注1)

画面の左上,Ubuntuアイコンの下に表示されている黒いウインドウは「Conky」 というシステムモニタツールです。これは筆者の乱雑なデスクトップを隠すために登場願っただけで,デフォルトではインストールされていませんし,今回の話題とは直接は関係しません。が,気が向いたら常駐させておくと便利でしょう(なお,sudo apt-get install conkyでインストールできます)。

完全に余談ですが, zcat /usr/share/doc/conky/examples/conkyrc.sample.gz > ~/.conkyrcしてから起動すると,図2のようなより詳細な画面表示を得ることができます。

図2 Conkyのより詳細な表示

図2 Conkyのより詳細な表示

追加は簡単で,メニュー上で右クリックを行い,メニューから[パネルへ追加]図3を選択し,「CPU周波数の計測モニタ」「バッテリ充電モニタ」を追加するだけです。

図3 右クリックで表示されるコンテキストメニュー分

図3 右クリックで表示されるコンテキストメニュー

いずれもデフォルトでは最小限の表示しかしないため,前述のスクリーンショットと同様の画面にするには,各アイコンを右クリックして[設定]を開いて設定を行います。

筆者の経験上ですが,CPU周波数モニタは外観を「アイコンとラベル」に設定し,かつ,「CPU周波数を標準で表示する」「周波数の単位を表示する」にしておくのが便利でしょう。

図4 CPU周波数の計測モニタの設定

図4 CPU周波数の計測モニタの設定

CPU周波数を表示させる状態にしておくと,CPUの周波数が動的に変化していることが見て取れるようになります。

ただし,周波数を管理する方針はこれらのアプレットからは変更できませんので,ノートPCでバッテリを最大まで保たせようとする場合や,省電力サーバなどを構築するような場合(要するに,CPU周波数を常に最低にする,といった設定を行いたい場合)には,Ubuntu Teawkの[システム][電源管理]もしくはgconf-editorなどで直接パラメータを指定し,周波数制御ポリシーを変更する必要があります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入