Ubuntu Weekly Recipe

第19回 あえてターミナルを使う(2):作業環境としてのターミナルw3m, screenなどの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回に引き続き,ターミナルを利用してデスクトップをより便利に利用するためのレシピを紹介します。今回はターミナル環境で利用するアプリケーションの紹介です。

これまでターミナル環境を使わずにUbuntuを利用してきた方にとっては,ターミナルは「よく分からないコマンドを入力して操作する,何か上級者向けの環境」のように位置づけられてしまっていると思います。コマンドライン中心の操作が基本である,というのは事実なのですが,ターミナル環境はけして難しくありません。むしろCPUやメモリなどのリソースを消費せず,高速に動作する便利な環境として使えるものです。

これまでターミナルを利用してきていない方は,この機会にターミナルの便利さを知っていただければ幸いです。

gnome-terminalの色と透過

ターミナルを本格的に使い始める前に,もう一つ設定を検討してみましょう。

それは,「gnome-terminalの見た目を変える」ことです。gnome-terminalの設定は[編集][プロファイル]で編集したいプロファイルを選択して[編集]をクリックすることで行えます。

図1 プロファイルの編集

図1 プロファイルの編集

色や外見を変更したところで,本質的には動作はまったく同じなのですが,ターミナルの使い勝手は表示される文字色・背景色の組み合わせによっても大きく左右されます。筆者は黒背景+白文字(もしくは緑文字か橙文字)にし,わずかに透過するように設定しています。文字色はその日の気分で使い分けています。

透過設定(プロファイルの「効果」タブにある透過画像設定)は必須ではありませんが,このあたりは利用しているモニタの発色特性や個人の好みに左右されますので,徐々に好みの設定を追求していくことをお勧めします。

なお,第15回で紹介したウィジェットレイヤにターミナルを表示させる場合などは,白背景のままでは黒背景にすることはほぼ必須になります。

テキストベースのWebブラウザ――w3m

ターミナル環境の便利さを端的に知ることができるアプリケーションの一つが,w3m(“WWW-wo-Miru”)です。これはFirefoxやInternet Explorerなどと同じようなWebブラウザですが,ターミナル上で動作します。

以下はhttp://gihyo.jp/をw3mで表示させた状態です。通常のWebブラウザで見た場合と比べても,それほど不自然さはないと思います。

図2 w3mでgihyo.jp

図2 w3mでgihyo.jp

インストールは次のように行います。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install w3m

w3mにはいくつかの派生バージョンが存在します。代表的なものはw3mmeeで,これもUbuntuパッケージになっています注1)。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install w3mmee
注1
w3m-img(w3mmeeの場合はw3mmee-img)というパッケージを導入することで,w3mで画像表示を行うこともできます。ただし,w3m単体に比べると,それほど軽快ではないのであまりお勧めしません。

インストール後は,以下のようにコマンドに続けて見たいURLを入力して起動します。図2と同じような画面が表示されるはずです。

$ w3m http://gihyo.jp/

起動後,以下の操作でブラウズすることができます。ハイパーリンクにカーソルを合わせた状態で[Enter]でリンクをたどっていくこともできます。カーソル移動などの基本的な操作は,bashの(Emacsの)ものとほぼ同様で,[Ctrl]+[n]で次の行,などといった操作が割り当てられています。

キーアサインのうち,特に重要なものの直感的ではないものは以下の通りです。

  • [U]……URLを指定して開く(一般的なブラウザのアドレスバー相当)
  • [s]……バッファ一覧を表示する
  • [B]……1ページ戻る
  • [R]……リロード

これら以外の操作については,[H]を入力し,ヘルプ表示で確認してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入