Ubuntu Weekly Recipe

第21回 リモートアクセス(1):リモートデスクトップとsshの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntuを複数のマシンで利用する場合,マシンをまたがって作業を行いたいことがあります。たとえば,片方のマシンにしか必要なデータがない・片方のマシンでしかアプリケーションの設定をしていない・1台のマシンでは処理性能が足りない,などといった場合です。このような場合に,『相手側』となるマシンをネットワーク越しに利用する方法を紹介します。

リモートアクセスを利用する上での注意

なお,今回紹介するアクセス方法はいずれもLAN向けのものです。セキュリティに対する配慮はほとんどありませんので,一般的なブロードバンドルータの下で利用することを想定しています。

PCから直接PPP/PPPoE接続している環境,つまりグローバルIPアドレスが取得できる環境ではセキュリティ上利用しないことをお勧めします。もし利用するのであれば,ポート番号を変更した上で暗号化などを適用することを検討してください。

Ubuntu同士でのリモートデスクトップ環境(VNC)

Windows環境では,「リモートデスクトップ」(RDP)と呼ばれる,デスクトップ画面をリモートから操作するためのユーティリティが導入されています。図1のような設定画面をご存じの方も多いでしょう。

図1 Windowsでのリモートデスクトップ設定

図1 Windowsでのリモートデスクトップ設定

Ubuntuでも同様に,他のマシンからリモートデスクトップ接続を行うことができます注1)。設定は[システム][設定][リモート・デスクトップ]から行います。

これは実際にはvinoというパッケージによって提供されています(設定画面はvino-preferencesです)。この設定ツールを実際に起動してみた画面が図2です。非常にシンプルな設定でリモートデスクトップが扱えることがわかるでしょう。

図2 リモート・デスクトップ(vino)の設定画面

図2 リモート・デスクトップ(vino)の設定画面

注1)
ただし,UbuntuではVNCを用いるため,RDPベースのクライアントからは接続できません。

早速操作をしてみましょう。まず,[他のユーザがデスクトップを操作できる]というチェックボックスにチェックを入れます。このままでは最低限の認証(接続要求があった場合に,ログオンしているユーザが明示的に承認する)だけで接続できてしまいます。

図3 [承認]ダイアログ

図3 [承認]ダイアログ

この認証方法は直感的で便利なのですが,一方で,接続のたびに[承認]を行う必要があります。接続先のマシンが手元にあるのであれば問題ありませんが,一方で,食卓にあるノートPCから自分の部屋にあるデスクトップPCへ接続する,などといった場合には不便です。接続のたびにデスクトップPCのある場所まで移動して,接続要求を受け入れる,という操作を行う必要になってしまいます注2)。

このため,通常は[パスワードの入力を要求する]にのみチェックを入れ,何らかのパスワードをセットしておくのが便利でしょう。また,このタイミングで,設定を行ったマシンのIPアドレスを調べておきましょう。ターミナルでifconfigコマンドを実行し,その結果を確認しておくのが簡単です。

注2)
VNCのデフォルトの通信は暗号化されていません。家庭内でノートPCを利用する場合,ほとんどの場合は無線LANを利用していると思われますが,もしも無線LANを暗号化していない(!),あるいはWEPのような弱い暗号化環境で利用している場合,通信を覗き見ることが容易に行えます。このような環境で利用する場合,できるだけ無線LANの設定を見直してから利用してください。

次のコマンドを用いてインストールしてください。Synapticからインストールする場合は,xtightvncviewerパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install vncviewer
注3)
ターミナルサーバクライアントそのものはデフォルトでインストールされていますが,vncviewerをインストールしないとプロトコルとしてVNCを選択することができません。

vncviewerをインストールしたら,[アプリケーション][インターネット][ターミナルサーバクライアント]とたどり,接続用のアプリケーションを呼び出します。ここで,「コンピュータ」欄に相手先となるマシンのIPアドレスを入力し,プロトコルとして「VNC」を選択します注3)。

図4 ターミナルサーバクライアント

図4 ターミナルサーバクライアント

また,もしもクライアントとアクセス先のマシンで利用しているユーザ名が異なる場合,ユーザ名にアクセス先のマシンのユーザ名を入力しておいてください。この状態で[接続]ボタンを押すと,パスワードダイアログが表示されますので,先ほど設定したパスワードを入力します。

ネットワーク的な問題がなければ,図5のように,相手先のマシンのデスクトップが手元に表示されるようになるはずです。この接続はVNCを利用しているため,「同じデスクトップ画面を」利用する形になります(つまり,手元のマシンでリモートデスクトップ越しに操作を行うと,それが接続先のマシンのデスクトップに反映されます)。

図5 VNCによるリモートデスクトップ

図5 VNCによるリモートデスクトップ

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入