Ubuntu Weekly Recipe

第26回 メーラーの変更 : Evolutionの設定, Gmail on Prism, Thunderbird, Sylpheed

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

現在のPCの利用形態では,メーラー(MUA; Mail User Agent)を使わない人は少ないでしょう。Ubuntuの標準ではEvolutionが導入されていますが,幾つかの理由によって,日本国内で利用するには使い勝手が悪い部分があります。メーラーを変更するレシピをお届けします。

Evolutionの問題点

Evolutionは欧米ではメジャーな実装のひとつで,できるだけMicrosoft Outlookに近い操作性を持つ,優れた統合アプリケーションです。メールのやりとりだけでなく,予定表やタスクの管理といった,PIM(Personal Information Manager)としての機能も搭載されており,さらにMicrosoft Exchangeに対応したクライアントでもあるため,PCをビジネスで利用する人にとっては非常に便利なはずです。

ですが,日本国内では次のような問題点があり,メインのメーラーとして利用するには厳しいものがあります。

特に,送信するメールの文字コードがUTF-8になっているのは,相手がUTF-8を読めない環境の場合,致命的です(現代的なメーラーはほとんどがUTF-8を認識できるはずですが,EmacsベースのMUAを古めのEmacsで使っている場合や,古いメーラーを使っている相手には「ただの文字化けメール」になってしまいます)注1)。

注1)
もっとも,CJK(中国・日本・韓国)以外の言語圏ではUTF-8は広く利用される文字コードであり,UTF-8を読めない環境の方に問題がある,とも言えます。

Evolutionの設定変更

問題2・3についてはEvolutionのコーディング上の問題であり,もしEvolutionを使うのであれば諦めるしかありません(パッチは存在するので適宜それを当てる,というのも一つの手ではあります)。ただし,問題1については,次のように設定することで回避することができます。

設定すべき箇所は2つあります。

まず,Evolutionのメニューから[編集][設定]を選択し,左側ペインにある「メールの設定」を開きます。この設定項目にある,「デフォルトの文字エンコード」として,日本語(ISO-2022-JP)を選択します図1)。

図1 メールの設定

図1 メールの設定

同様に,左側ペインの「コンポーザの設定」にある,「文字集合」にも日本語(ISO-2022-JP)を選択し,OKを押します。この状態であれば新規に作成されるメールの文字コードは暗黙でISO-2022-JPが利用されるようになり,日本国内での一部のメールのやりとりに支障が出ることが減るはずです。

図2 コンポーザの設定

図2 コンポーザの設定

なお,この設定を行っても,メール本文にUTF-8でしか表現できない文字が入力されると,自動的に文字コードがUTF-8に変更されます。なんらかの理由でUTF-8が利用できない(利用すべきでない)場合には注意してください。

WebメールをPrismで使う

さて,ここからはEvolution以外のメーラーに関するレシピです。

複数の環境で同じメーラーを使おうとする場合,選択肢の一つとして,Webメールを利用する手があります。ブラウザさえあればほぼ同じ環境が利用できますし,GmailなどのAJAXをサポートしたサービスであればローカルアプリケーションとそれほど遜色もありません。

こうしたWebメールはブラウザからアクセスしますから,Ubuntu環境であればFirefoxから利用することがほとんどでしょう。もしデスクトップにアイコンとして登録したい場合は,[ランチャの生成]から「種類」として『場所』を選び,https://mail.google.com/ などを登録する形になります図3)。こうして作成したアイコンをダブルクリックすればFirefoxが起動し,Gmailが開きます(あるいは,すでにFirefoxが起動されていれば,そのままGmailのページが開かれます)。

図3 ランチャにGmailを登録

図2 ランチャにGmailを登録

ですが,これではあくまでFirefoxの中で開かれるだけですから,独立したウインドウはありませんし,また,ウィジェットとして利用したい場合には,少々不便です。このような場合はOperaなどの別のブラウザを導入するのも一つの手ですが,Prismというアプリケーションを使うのも一つの手です注2)。

PrismはMozilla Foundationで開発されている,「Webアプリケーションをローカルアプリケーションのように起動する」ための仕組みです。内部ではFirefoxと同じGeckoを利用しているため,ブラウザとしての動作そのものはFirefoxと同等です。

次のようにインストールするか,Synapticからprismパッケージを導入してください。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install prism

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入