Ubuntu Weekly Recipe

第41回 クライアント・サーバ環境の活用(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

サーバを準備して利用すると便利なアプリケーションには様々な種類がありますが,その中でも特に便利なのはWikiやチケットシステムといった,「思いついたことをまとめておく」ためのシステムです。今回はWikiとチケットシステムをサーバ上に構築し,複数のマシンから使うレシピをお届けします。

howmを使う

第25回で紹介した通り,Emacs特有のキーバインドによる取っつきにくさこそあるものの,もっともお手軽に利用できるWiki類似システムの一つです注1)。

複数のマシンを利用した環境でhowmを利用する場合,「どのマシンでhowmにメモを取ったのかが分からなくなり,データが行方不明になる」ことが問題になります。これまでに紹介してきたレシピを組み合わせて,複数台のマシンからうまく使う方法を考えてみましょう。

注1)
howmは 「一人お手軽 Wiki もどき」ですので,厳密にはWikiとして取り扱うのは正しくありません。ただし,Local Wikiに分類することはできますし,Wikiの便利さを体現していますので,利用する上では厳密な定義は忘れておくのが良いでしょう。

sshを使う

一つの方法は,第21回で紹介したようにSSHを使うことです。ここではすでにサーバマシンにopenssh-serverパッケージが導入されていることを仮定しています。もしインストールされていない場合は,第21回のレシピの通りにインストールしてください。

Emacsはターミナル上でも起動できますから,[アプリケーション][アクセサリ][端末]を開いて次のように操作し,サーバマシンにログインすれば利用することができます。ここではサーバマシンが192.168.200.10に存在することにしていますが,お使いの環境に合わせて読み替えてください。

client$ ssh 192.168.200.10
192.168.200.10$ emacs

ターミナル上でEmacsを使うことになりますので,次のような画面になるはずです。

図1 ssh越しにEmacsを使う

図1 ssh越しにEmacsを使う

ターミナル経由では使いにくい,という場合,以前のレシピで紹介したようにX転送を利用しましょう。

client$ ssh -X 192.168.200.10
192.168.200.10$ emacs

この操作で通常のEmacsの画面を手元に引き寄せることができますので,図2のように,手元でEmacsを起動したのと全く同じような画面になります。

図2 X転送を用いてEmacsを使う

図2 X転送を用いてEmacsを使う

いずれの場合も,実際に利用されるファイルはサーバにあるものですから,「データがどこにあるか分からない」という問題を避けることができます。

NFSを使う

前回のレシピで紹介したNFSサーバを利用している環境の場合,より簡単な利用方法があります。

データのあるマシンが分からなくなるのが問題なのですから,howmのデータ領域をNFS上に置いてしまえば,まったく意識せずに利用することができるでしょう。標準ではhowmのディレクトリは~/howm以下にセットされますので,前回紹介したようにNFS領域を/nfs/192.168.200.20以下に準備した上で,次のようにシンボリックリンクを張ります。

$ ln -s /nfs/192.168.200.10/home/howm ~/howm

この状態でローカルのEmacsを起動し,howmを利用すれば,サーバマシン上のデータをそのまま閲覧・更新できるようになります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入