Ubuntu Weekly Recipe

第42回 Ubuntu Mobileの利用(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Ubuntu 8.10のリリースは明日,10月30日です。すでにRelease Candidate(リリース候補版)の提供が開始され,NetBook・MID向けのUbuntu MobileもめでたくRC版が登場しました。

今回はNetBook・MIDでUbuntu Mobileを利用する方法を紹介します。

Ubuntu Mobileの位置づけ

第37回で紹介した通り,Ubuntu MobileはNetBook・MID(Mobile Internet Device)に向けてカスタマイズされたUbuntuです。NetBook特有の狭い画面サイズと解像度や,MIDのタッチパネルを有効に利用するための機能が搭載されています注1)。

注1)
必ずしもMIDだけに限ったものではなく,タッチパネルだけを採用し,キーボードが付いていない環境,つまりいわゆるピュアタブレットPCでの利用にも向いています。

NetBook・MIDの問題

NetBookやMIDの多くは必要最小限のハードウェアで構成されているため,数万円程度で入手できますし,比較的重量のあるNetBookでも1kg台前半程度の重量と,持ち運びにも適した形になっています。

しかし,「最小限のハードウェア」にはCD-ROMドライブやDVD-ROMドライブのような,光学ドライブが含まれていません。Windowsはもちろん,UbuntuなどのLinuxディストリビューションの多くもOSのインストールには光学ドライブを用います注2)。このため,このままではインストールの方法に困ってしまうはずです(Windows環境ではソフトウェアのインストールにも光学ドライブが必要なことがほとんどなので,より問題はやっかいになります)。

もっとも単純な解決策は,USBの外付け光学ドライブを入手してしまうことです。こうしたドライブは1万円弱程度で入手できますので,1台持っておいても損はありません。

しかし,これでは余計な出費になってしまいますし,インストール時だけとはいえ,わざわざ外付けの光学ドライブを接続しなければならない,というのはいささか不格好です。

注2)
ただし,多くのLinuxでは「ネットワークインストール」と呼ばれる,PXE Boot機能を利用した「ネットワークカードからのインストール」に対応しています。

USBメモリからのインストール

そこでUbuntu Mobileでは,MID向け・NetBook向け注3ともに,リリースとして専用のUSBブートイメージを準備しています

これはUSBメモリやSDカードといった,MIDやNetBookで利用しやすいメディアにインストールし,インストールCDの代わりに利用するためのものです。

今回はこのイメージの利用方法を説明します。

リリースページに準備されたイメージは,ddで取得されたイメージなので,通常であればddコマンドを用いてインストールすることになります。ですが,それでは不慣れな人には難しく,しかもコマンドラインオプションを間違えることで誤ってHDDを初期化してしまう,といった事故が起こることもあります。

そこで,Ubuntu Mobileのインストール用に「USB Image Writer」というツールが準備されています。これはGUIでUSBメモリやSDカードにddで取得されたイメージを書き込むことができるツールです注4)。

注3)
厳密にはNetBook向けではなく,「LPIA(Low Power Intel architecture)」向け環境として準備されています。主なターゲットとしてはIntel AtomやVIA Nanoプロセッサです。LPIAはi386(通常のx86プロセッサ)とほとんど同じで,通常のCPUを載せた環境でも動作しますが,あえて別のアーキテクチャとして準備されています。これにはいくつかの理由がありますが,「このように別のアーキテクチャにしておくと,何らかの理由でLPIA向けに特別なコンパイルオプションを適用したい場合などに,パッケージ作成作業が楽になる」からだと理解しておいてください。
注4)
USB Image Writerのイメージは今回準備されたMID用・NetBook用だけでなく,ddで読み出されたものであれば何であっても利用できます。今後(Ubuntu Mobile以外の)USBメモリ用のリリースが行われる場合,このUSB Image Writerを用いて書き込むことになるかもしれません。

USB Creatorのインストールと利用

Ubuntu MobileのMID版・NetBook版のインストールは,いずれも1GB以上の容量を持つUSBメモリかSDカードが必要になります。できれば高速タイプを利用した方が快適です。

MID版・NetBook版の使い分けは微妙なところですが,「画面が極端に狭ければ、あるいはタッチパネルならMID版を使う」と理解しておくと良いでしょう。

USB Creatorのインストールは,現在のところWikiページからダウンロードして行います。Ubuntu環境で「Download usb-imagewriter here」部分図1をクリックすると,図2のように,「GDebi Package インストーラ」で開くかどうか確認するダイアログが表示されます。

ここでそのまま[OK]を押し,しばらく待ちます。

図1 USB Image Writerのダウンロード

図1 USB Image Writerのダウンロード

図2 gdebiで開く

図2 gdebiで開く

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入