Ubuntu Weekly Recipe

第45回 Ubuntu 8.10を使い始める

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu 8.10がリリースされ,2週間強が過ぎました。今回は8.04から8.10への移行に関するいくつかのレシピと,8.10で追加された新機能の使いこなし方について説明します。

Ubuntu 8.10の新機能

10/30にリリースされたUbuntu 8.10ではゲストセッションやpython-vm-builder・ゲストセッションや,37回42回やUbuntu Mobile(Ubuntu UMPC)などのいくつかの機能が追加されました。一方で,リリースノートには注意すべき点も記載されています。これらのうち,特に注意すべき事柄について確認していきましょう。

8.10で注意すべき点

8.04から8.10へアップデートした場合・8.10から初めてUbuntuを利用する場合ともに,以下の点に特に注意する必要があります。

一部の無線LANデバイスの利用に設定が必要

リリースノートにもある通り8.10ではiwl3945(Intel 3945ABGで利用されるドライバです。3945ABGは2007~2008年頃のノートPCにしばしば搭載されており,現在も11nに対応していないノートPCでは利用されている可能性が高いです)を利用する環境ではUSAで問題なく利用できる帯域の無線だけが有効になっています。

特に11a/11n(5GHz)を利用する場合,この設定を行っておかないと正しく動作しない可能性があります。「gksu gedit /etc/modprobe.d/options」などで設定ファイルを開き,最下行に以下の記述を加えてください。

options cfg80211 ieee80211_regdom=JP

現在のところ正確には把握できていませんが,cfg80211(mac80211)を利用する無線LANドライバ全般でこの問題に遭遇する可能性がありますので,iwl3945を利用していない環境でも無条件に設定を行っておいた方が良いでしょう。

もちろん,日本国外に持ち出す場合は現地において適切な設定に変更してください注1)。

注1)
また,ハードウェアが日本国外の電波使用条件に適合しているかを確認する必要があります。

xmodmapに互換性がない

8.10ではXのキーボードドライバの変更によりキー入力時に発生するキーコードが変化しています。このためxmodmapのような,キーコードに依存した設定を行う場合は8.10環境であらたに設定を作り直す必要があります。xevで拾えるキーコードも変化していますので,キーコードを直接参照するタイプのソフトウェアでは問題が起こる可能性もあります。

xorg.confの一部の設定に互換性がない

8.10からは入力デバイスも含めてプラグアンドプレイが実現されるようになりました。

これに伴い,xorg.conf上でオプションを指定したい場合はxorg.confを直接設定するのではなく,/etc/hal/fdi/policy/以下にxorg.confに反映したい設定を記述する形式に変更になりました。

直接影響を受けるのはトラックポイントの設定時などです。

8.10環境で中央ボタン押下時に画面をスクロールさせる設定を行うためには,以下のコードを[アプリケーション][アクセサリ][端末]上で実行するか,2行目から9行目を/etc/hal/fdi/policy/trackpoint.fdiに反映してください。

$ sudo /bin/sh -c 'cat <<EOF > /etc/hal/fdi/policy/trackpoint.fdi
<match key="info.product" string="TPPS/2 IBM TrackPoint">
 <merge key="input.x11_options.EmulateWheel" type="string">true</merge>
 <merge key="input.x11_options.EmulateWheelButton" type="string">2</merge>
 <merge key="input.x11_options.XAxisMapping" type="string">6 7</merge>
 <merge key="input.x11_options.YAxisMapping" type="string">4 5</merge>
 <merge key="input.x11_options.ZAxsisMapping" type="string">4 5</merge>
 <merge key="input.x11_options.Emulate3Buttons" type="string">true</merge>
</match>
EOF
'

また日本語Remix環境では,日本語キーボードだけを使っていれば問題はありませんが,英語キーボードを利用している場合にキーボードレイアウトの設定にも注意が必要です。

8.10以降ではキーボードレイアウトの根本的な設定はconsole-setupによって行われるため,後述のゲストセッションなどでログイン直後から正しいレイアウトを使うためには,以下のコマンドでレイアウトを正しく設定しなおす必要があります。

$ sudo dpkg-reconfigure console-setup

この設定の変更後,反映するには再起動が必要です。再起動後はキーボードレイアウトのデフォルト値が正しいものになるでしょう図1)。

図1 キーボードのレイアウト

図1 キーボードのレイアウト

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入