Ubuntu Weekly Recipe

第52回 WindowsからNetBookを使う(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

NetBookへUbuntuをインストールし,メインマシンはWindows,という方に向けて,今回もWindowsからのターミナル操作に関連するレシピをお届けします。

RLogin

RLoginもWindows用のターミナルソフトウェアです。Tera TermやPuTTYに比べると知名度は低いものの,頻繁に更新が行われており,タブ表示をサポートしている点が特徴です。

Ubuntu環境に対して接続を行う場合,図1のように「Terminal」としてxterm,もしくはVT100をセットしておくと良いでしょう(GNU Screenなどを利用する場合に,デフォルトのままでは起動できないことがあります)。

図1 Terminalの設定

図1 Terminalの設定

RLoginは図2のようにタブで複数の接続を管理することができます。必要に応じて切り替えながら利用できますので,複数台のPCへ接続する場合に便利でしょう。

図2 RLoginの画面

図2 RLoginの画面

また,デフォルト設定では自動的にパスワードを保存する設定になっています。この設定は[通信]タブの「接続時にパスワード入力を求める」チェックボックスをOnにすることで無効にできます図3)。この設定項目は[表示][オプション設定]から変更することができます注1)。

図3 「接続時にパスワード入力を求める」

図3 「接続時にパスワード入力を求める」

注1)
ただし,[表示][オプション設定]で指定できるのはデフォルト設定です。デフォルト設定を変更する前にサーバーへの接続を行っている場合,サーバー単位で設定が保存されているため,[ファイル][サーバーへ接続][編集]から,保存された設定を修正する必要があります。

WindowsからX転送を使う

過去のレシピで紹介したようにSSHを用いて接続を行う際にX転送を行うことで,リモートマシンのウインドウを手元に「引き寄せる」ことが可能です。これと同様のことは,Windows環境でも実現することができます。

Windows環境でX転送を行うには,Windows上で動作するXサーバが必要になります。商用のXサーバも数多く存在しますが,今回はXmingを利用しましょう。

上記のSourceForgeのプロジェクトページから,「Xming・Xming-fonts」の2つをダウンロードしてインストールします。

Windos用のクライアントからX転送を利用する場合,接続後に環境変数を設定する方法でも利用できますが,今回はPuTTYの機能である,X11フォワーディングを用いる方法を紹介します。

PuTTYの設定において,[接続][SSH][X11]で,「X11 フォワーディングを有効にする」という項目を有効にして接続してください図4)。

図4 「X11 フォワーディングを有効にする」

図4 「X11 フォワーディングを有効にする」

この状態でログインし,ターミナル上で「gnome-terminal」などとすると,図5のようにWindows上でリモートマシンのgnome-terminalを開くことができます。

図5 Windows上でgnome-terminalを使う

図5 Windows上でgnome-terminalを使う

さらに,この状態ではGUIアプリケーションも利用できますので,たとえば「oocalc」とすればOpenOffice.orgのCalcを利用する,といったことも可能です図6

図6 「引き寄せた」Calcのウインドウ

図6 「引き寄せた」Calcのウインドウ

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入