Ubuntu Weekly Recipe

第59回 ASUS Eee PC 901-16GでUbuntu 8.10 UMPCを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第42回 Ubuntu Mobileの利用(2)の補遺

第42回の掲載後,Ubuntu Mobileがリリースされたのですが,なんとリリース時にUbuntu UMPCと名前が変更されてしまいました。よって第37回と第42回は,Ubuntu UMPCとして適宜読み替えてください。

Ubuntu Netbook RemixとUbuntu UMPC

Ubuntuには,Ubuntu Netbook RemixというRemix版もあります。これは現状,Ubuntu 8.04ベースのものと,Ubuntu UMPCを手順に従ってカスタマイズする方法の2種類があります。すなわちUbuntu UMPCは,Ubuntu DesktopとUbuntu Netbook Remixの中間に位置しています。

なおUbuntu 8.04ベースのNetbook Remixをインストールする方法はここでは紹介しませんが,インストールする場合は注意して行ってください。インストーラの仕様上,内蔵SSD/HDDを問答無用でフォーマットします※1)。

※1)
筆者が軽く試したところでは,USBメモリへのインストールも不可能でした。

Ubuntu 9.04でのUMPCとNetbook Remix

Ubuntu 9.04のリリース準備も着々と進んでいますが,Ubuntu UMPCは存在せず,Ubuntu Netbook Remixが標準で提供されるようになります。執筆時点の2009年2月下旬現在のことでリリース時には変更される可能性もありますが,Ubuntu 8.10 UMPCからUbuntu 9.04 Netbook Remixへのバージョンアップはできません。Update Managerを使用してアップデートした場合,Ubuntu Desktopになります。今からUbuntu UMPCをインストールする場合は,この点を頭に入れておくといいかもしれません。

ASUS Eee PC 901-16Gとは

ASUS Eee PC 901-16Gの詳細な説明は特に行いませんが,ASUS社の8.9インチ液晶のNetbookです。ここでは,現行モデルであるEee PC 901-16Gを対象とします。前モデルのEee PC 901-Xとは内蔵SSDに違いがあり,901-Xは4GB+8GBで合計12GBでしたが,901-16Gは16GBのSSDが1つ内蔵されています。しかし,逆に言えばそれしか違いがないため,本文の内容も参考になるのではないでしょうか。他の900シリーズや701シリーズでも同様に参考になるかもしれません。

Ubuntu 8.10 UMPCをインストール

では,いよいよUbuntu 8.10 UMPCをインストールします。インストールイメージはミラーサーバから入手してください。インストールはUSBメモリ用のイメージですので,これを第42回を参考にUSB Image Writerを使用してUSBメモリにコピーし,インストールを行ってください。完了後,アップデートも行ってください。

なお,この時点では無線LANは使用することができません。必ず有線LANでインターネットに接続してインストールを行ってください。

Ubuntu 8.10 UMPC インストール直後の問題点

インストール自体は問題なく終了しますが,実用上はいくつかの問題があります。

  • 上記のとおり無線LANが使用できない
  • ホットキーが使用できない
  • キーボード上の4つのボタン(インスタントキー)が動作しない

逆にいえば,カメラやBluetoothやSDカードスロットは動作します。

カーネルの変更

EeePC用のカーネルパッケージを配布しているArray.orgというサイトがあり,これを使わせていただくことにします。無線LANやホットキーが使えるようになるばかりでなく,消費電力も驚くほど少なくなります。カーネルを入れ替えただけで1時間ほどバッテリの持ちがよくなるので,インストールしない理由はないでしょう。インストール方法は次のとおりです。

  1. リポジトリ情報のダウンロード
    $ sudo wget -q http://www.array.org/ubuntu/array-intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/array-intrepid.list
    
  2. 鍵のインポート
    $ sudo wget -q http://www.array.org/ubuntu/array-apt-key.asc -O- | sudo apt-key add -
    
  3. リポジトリ情報のアップデート
    $ sudo apt-get update
    
  4. パッケージのインストール
    sudo apt-get install linux-eeepc
    

インストール自体はこれで完了ですが,8.10の最新版カーネルは2.6.27-11です。しかし,インストールしたカーネルは2.6.27-8-eeepcです。すなわち,標準ではインストールしたカーネルからブートすることはできません※2)。もちろん2.6.27-11を削除するのも手ですが,今回の場合は/boot/grub/menu.lstの14行目にあるdefaultのあとの数字を0から2に変更すれば,インストールしたカーネルからブートするようになります。

再起動後,無線LANが使用できるようになっていると思います。もしできなければ,ブートしたカーネルが間違っていると思われます。

※2)
起動時にEscキーを押し,メニューからブートするカーネルを選択することはできます

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入