Ubuntu Weekly Recipe

第81回 DELL Vostro 1720でUbuntuを使う(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

最近はノート型PCの高性能化と値下がりが進み,「ノートはパワー不足なので……」「ノートは便利なんだけど値段が高くて……」といったシチュエーションは少なくなってきました。もはや21世紀の日本には,フルタワーのデスクトップを据え置きするような土地はない!という主張のもと,筆者の自宅ではすべてのデスクトップマシンをノートに置き換える計画が進行中です。2009年内にはサーバを含めすべてのマシンがノート,もしくは省電力,省スペースのAtomマシンに置き換わる計画となっており,今月は筆者の次期主力マシンとなる予定の17インチノート,Dell Vostro 1720を調達しました。

Vostro 1720は17インチディスプレイを搭載したDELLの企業向けモデルです。企業向けというと実用本位,質実剛健で家庭で使うには向かないようなイメージがあるかもしれません。しかしVostro 1720はCore2Duo P8600 @ 2.40GHz CPUに最大4GBのメモリという基本性能に加え,カスタマイズによって1920x1200のフルHD表示が可能なディスプレイ,GeForce 9600M GSグラフィックコントローラ,BluRayドライブ等が搭載可能と魅力的な構成に仕上がっています。

今回はこのマシンにUbuntu 9.04をインストールし,筆者が実際に自分用の生活環境を構築した手順を紹介します。過去に紹介した内容と重複する部分もありますが,新しいPCをセットアップするまでの一つのパターンとして参考になれば幸いです。

Ubuntuをインストールする前に

筆者の購入したVostro 1720はビジネスベーシックパッケージをカスタマイズしたもので,GeForce 9600M GSと,1920x1200のディスプレイを追加で選択しました。プリインストールOSは,Windows VistaをWindows XPにダウングレードして出荷されるモデルとなります※1)。問答無用でハードディスクを初期化して,Ubuntu専用にしてしまうのもよいのですが,せっかくのWindowsを消したくないという人も多いでしょう。

デュアルブート構成でUbuntuをインストールするという手がまず思い浮かびますが,筆者の個人的な考えとしては,デュアルブートはおすすめしません。

デュアルブートを行うためには,現在Windowsがインストールされているパーティションを縮小してUbuntu用の領域を確保した上,MBRにインストールされているWindows用のブートローダをGrubで置き換える必要があります。この作業を安全に行うためには,自分のマシンにおけるパーティション構成に加え,Grubブートローダの仕組みを正しく理解していることが必要です。またPCのメーカーによっては,ハードディスク内にメーカー製のリカバリツールなどがインストールされていることもあり,事態はより複雑になります。Ubuntu日本語フォーラムを見ていると,デュアルブート関連のトラブルの相談が頻繁にあることからも,初心者におすすめできるとは言い難い状態なのはお分かりいただけると思います。

仮にそうした問題を乗り越えてデュアルブート環境を構築したとしても,同時に二つのOSを動かせるわけではありません。結局再起動をしてOSを使い分けなければならない上,ハードディスクの容量もシェアすることになります。さらにUbuntuを削除したくなった場合に,再度のパーティション操作とMBRの修復が必要になってしまいます。

こういった理由から,デュアルブートは抱えるリスクに比べて得られるメリットが少ないと筆者は考えています※2)。

※1
そのうえWindows 7へのアップグレード権もついてくるという,大変お得なパッケージです。
※2
頻繁に複数のOSを切り替えて作業を行う必要がある場合は,VMwareのユニティモードのような,シームレスにWindowsとLinuxを同時使用できる方法が便利です。

それでもデュアルブートする

Vostro 1720には160GBのHDDが搭載されており,sda1がDell Utilityパーティション,sda2がWindowsのCドライブ(NTFS)となっています。

sda2をGpartedで縮小してsda3を作成し,sda3にUbuntuをインストール,MBRにGrubを入れるという通常のデュアルブート手順を筆者の環境で行ってみたところ,GrubからチェインロードされたWindows Boot Managerがエラーを出し,Windows XPが起動できなくなるという状況が確認できました。

パーティションを縮小したことが悪いのか,Windows VistaのWindows Boot ManagerとダウングレードされたWindows XPの間で何かあったのか,残念ながら原因を特定することは出来ませんでした。このような理由から,今回はWindowsのブートローダからUbuntuを起動でき,かつパーティションの分割も必要ないWubiを利用することにしました。

Desktop CDをWindows上で読み込むと,以下の画面が表示されます。自動的に起動しない場合はCDに収録されている"wubi.exe"を実行してください。

図1 Desktop CDを読み込んだ時の画面

図1 Desktop CDを読み込んだ時の画面

"Install inside Windows"を選択することで,以下の画面が表示されます。インストール先ドライブ,確保する容量,ユーザ名,パスワード等を設定して"Install"をクリックすると,Windowsパーティション内にUbuntuがインストールされ,起動時にWindowsとUbuntuの選択が可能になります。またこの方法でインストールしたUbuntuは,コントロールパネルからWindowsアプリケーションのように削除することが可能です。

図2 "Install inside Windows"選択時の画面

図2 

ただし,Wubiを利用する場合は以下の制限があることに気をつけなければなりません。

  1. ハイバネーションが利用できない
  2. ハードディスクが30GBまでしか利用できない
  3. パフォーマンスが通常のインストールに比較して落ちる可能性がある

Vostro1720のように据え置きで利用するノートの場合※3),1は問題にならないと筆者は考えています。またハードディスクも通常の利用であれば30GBあれば十分でしょうし,USBやSDHCスロットを利用することで※4回避できる問題であると思います。3に関してはどうしようもありませんが,筆者の体感ではほとんど問題ありませんでした。

実際のところ,Wubiは上記の制限が問題にならないほどお手軽ですので,デュアルブートを行いたい場合はまずWubiを検討してみるとよいのではないでしょうか。

※3
筆者はこれをUMPCに対して"USPC(ウルトラ据え置きPC)"と呼んでいます。
※4
SDHCカードも,スロットに挿入するだけで使えます図3)。

図3 SDHCカードを使う場合も,スロットに挿入するだけ

図3 SDHCカードを使う場合も,スロットに挿入するだけ

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入