Ubuntu Weekly Recipe

第86回 UbuntuをWindows 7のサーバとして使う(2)DLNAサーバ編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回に引き続き,今回もUbuntuをWindows 7(以下,Win7)のサーバに仕立てます。今回はDLNAサーバ編です。

DLNAとは

DLNA(Digital Living Network Alliance)はガイドラインで,これに準拠している機器同士でのネットワーク接続を可能とし,動画や音楽や写真などのメディア・コンテンツを利用することができます。Win7に搭載されているWindows Media Player(以下,WMP)12では,WMPシリーズとして始めてDLNAをサポートしました※1)。それまでWindows上でちゃんと動くDLNAクライアントは多くなかったので,WMP12のサポートによりDLNAの普及が進むのかもしれません。

ただし,Win7のStarter Editionに搭載されているWMP12では再生できませんでした。Ultimateだと問題なく再生できましたので,これもエディションによる制限なのでしょう。Starter Editionは今後Netbookに搭載して販売されるかもしれないので,あらかじめご注意ください※2)。

※1
WMP11まででは、独自のWindows Media Connectでほぼ同様のことが可能です。
※2
もっとも、この連載をご覧の方は、Starter Editionを消してUbuntuをインストールしてしまうかもしれませんが。……きっとそうですよね?

UbuntuのDLNAサーバ

Ubuntuで使用できるDLNAサーバのフリーな実装はいくつかありますが,WMP12できちんと使おうとするとどれもしっくりきません。具体的には次のような感じです。

  • Coherenceサーバ機能を使うにはパッケージが足りない
  • uShareID3タグやVorbisコメントなどのメタデータが表示できない
  • GMediaServerOgg Vorbisが表示されない。長期間開発が止まっている
  • FUPPESパッケージが存在しない
  • MediaTomb同じコンテンツが複数表示される

ここで苦渋の決断を迫られるわけですが,MediaTombを選択することとしました。重複表示はどうにもなりませんが,運用で回避することはできますし,現在も活発に開発中で,これがもしMediaTombによる問題なのであれば,今後修正される可能性もあります。ただし,動画プレイヤー(Totem)ではこのようなことは起きず,WMP12の不具合ないし相性の可能性もあるので,修正されると断言するのは難しいです。

Mediatombのインストールと設定

リポジトリにパッケージが用意されているので,インストールするだけです。

$ sudo apt-get install mediatomb

基本的な設定は,[アプリケーション]-[サウンドとビデオ]-[MediaTomb]から行います。

  1. 追加したいフォルダを表示してパス名の右端の+をクリックすると,そのフォルダ全体が更新の対象となる
  2. その右の○+をクリックすると,更新頻度を指定できる
    1. [Scan Mode]は[Inotify]にチェックを入れる。これで,ファイルが置かれたら即座に更新される
    2. [Initial Scan]は[Basic]でいいだろう
    3. [Recursive]にチェックを入れると,そのフォルダより下のフォルダも再帰的に更新してくれる
  3. [Database | Filesystem]の[Database]をクリックし,追加されたものを確認する

図1 フォルダを追加する。離れてはいるものの,パスの横の+をクリックする。実はすべて同じ曲で,エンコードが異なるだけである

図1 フォルダを追加する

図2 追加したフォルダを確認する。文字化けしているものがあることがわかる

図2 追加したフォルダを確認する

WMP12で再生してみる

WMP12を起動すると,左ペインの[その他のライブラリ]に[MediaTomb]という項目が表示されているはずです※3)。ここをクリックし,さらに[音楽]-[アーティスト]とダブルクリックすると,指定したフォルダにあるメディアファイルが表示されています。あとはこれを辿っていって再生するだけですが,いくつか問題があります。

  • MP3:メタデータが文字化けする
  • WMA:メタデータが読み取れず,アーティスト名が[不明]となる
  • Ogg Vorbis:メタデータは表示されず,そもそもWMPだと再生できない

もちろん,冒頭のとおり同じ項目が重複して表示されます。この問題に関しては[再生リスト]を作成することによって回避するのがいいでしょう。またWMAの問題は,ここでは特に解決しません。よって,Ogg VorbisとMP3の問題を解決します。

図3 文字化けしているのがMP3で,不明となっているのがWMA,Ogg Vorbisは表示されていない。また,曲数がおかしい

図3 文字化けしているのがMP3で,不明となっているのがWMA,Ogg Vorbisは表示されていない

※3
もし表示されていなければ、デーモンの起動などを確認してみてください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入