Ubuntu Weekly Recipe

第96回 複数のOSを使う(2)専用ドライブ,Wubiの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回LiveCDで動作確認した後,インストール先を考えるときに,以下の4つの方法があると言及しました。

  1. やはり実マシンはやめておいて,仮想マシンを作成する
  2. Ubuntu専用のドライブ(HDD,USB外付けHDDなど)を用意する
  3. Wubi
  4. GRUBを使って1つのHDDでデュアルブート

今回は,2.と3.について説明していきます。

Ubuntu専用のドライブを用意する

前回も述べましたが,みなさんが購入したパソコンには最初からWindowsがインストールされていることがほとんどで,そのWindowsを残したままUbuntuもインストールしたいわけです。

そのためには,Ubuntu専用のドライブを用意するのがよいでしょう注1)⁠デスクトップパソコンの場合は内蔵のハードディスクを増設する,ノートPCの場合はUSB外付けのハードディスクを用意する,という方法が適しています。

注1
もちろんUbuntu専用のマシンを用意してしまうのが最良の方法でしょう。

Ubuntu専用のドライブを用意することの利点は,Windowsがインストールされているドライブには全く変更を加えないことです。Ubuntuのインストールが原因でWindowsが起動しなくなってしまうこともありませんし,Ubuntuがインストールされているドライブを取り外したとしても,Windowsを起動できます。

ただし,インストール操作を間違えてしまうと,Windowsが起動できなくなったり,データを失う可能性があるため,バックアップは取っておきましょう。また,リカバリディスクが同梱されていないタイプのパソコンでは,説明書にしたがってWindowsのリカバリディスクを作成しておきましょう。

内蔵ハードディスクを増設する方法を採る場合は,LiveCDで起動する前に,BIOSで,Windowsがプリインストールされているドライブよりも,Ubuntuをインストールしようとしているドライブの方が認識順で上位になるように設定しておいてください。

Ubuntuをインストールしようとしているドライブの方が認識順で上位になるように設定しておいてください注2)⁠

注2
または,HDD切り替え器を使って,電源投入前に,接続するドライブを選択できるようにする,というのも一つの手でしょう製品の例)

インストーラの「ディスクの準備」の項目では,⁠ディスク全体を削除してから使用する」を選択して,インストール先のドライブを選びます。

ここで,すでにOSがインストールされているドライブを選択すると,⁠Windows 7(loader)を削除してUbuntu 9.10をインストールします。」のような警告文が出ます図1)⁠このような警告が出ている状態ではプリインストールされたWindowsを削除してしまうので他のドライブを選択し直してください。

図1 他のOSがインストールされているハードディスクを指定すると警告が出る

図1 他のOSがインストールされているハードディスクを指定すると警告が出る

目的のドライブを選択したら,⁠SCSI1 (0,0,0) (sda)」などとなっている中の「sda」の部分をメモしておきます図2)⁠

図2 インストールするハードディスクを選択して「sda」などの部分をメモしておく

図2 インストールするハードディスクを選択して「sda」などの部分をメモしておく

先ほどメモした内容が「sda」以外だった場合は,インストールの最終確認画面で「拡張」をクリックして「ブートローダをインストールするデバイス」の末尾がメモした内容と一致していることを確認します図3)⁠Ubuntu 9.10のインストーラは,USBハードディスクなどの外付けドライブをインストール先に指定した場合,自動でそのドライブをブートローダのインストール先に設定するようになっていますが,もしメモした内容と末尾が一致しなければ,インストール先を選択し直してください。

メモした内容が「sda」だった場合は,インストール先は「(hd0)」のまま続行してください。

図3 最終確認画面で「拡張」をクリックしてブートローダのインストール先を確認

図3 最終確認画面で「拡張」をクリックしてブートローダのインストール先を確認

インストールが終わり,再起動させると,OSの選択画面が現れます図4)⁠初期状態では10秒間この画面が表示され,10秒間何も操作をしなければUbuntuが起動するようになっています。

デフォルトの起動OSをWindowsに変更する,秒数を変更する,この画面を表示しないようにするなどの設定の変更は次回紹介します。

図4 インストール後に再起動すると,OS選択画面が現れる

図4 インストール後に再起動すると,OS選択画面が現れる

以上のように,1つのOSにつき1つの専用ドライブを割り当てることで,ブートローダのインストール先に悩むことがなくなります。

1つのドライブでUbuntuとWindowsを同居させようとして,Ubuntuをインストールした後に,Windowsをインストールすると,Ubuntuを起動できなくなるため,LiveCDからブートローダを再インストールするといった作業が必要になります。しかし,上記のように,別々のドライブを用意しておけばそのような手間もなくなります。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

  • ご教示下さい

    新しくPCを自作し 古いHDDが あるので ubuntun を勉強しようと思っています。XP pcに HDDを追加し
    ubuntun を導入しようと思っています。色々 探してみましたが、このサイトの情報が一番わかりやすく参考にしようと思いました。

    ubuntunを CDより書き込む時に 他のHDDは取り外して書き込んでは いけないのでしょうか ?

    又、ブートローダは ubuntunを書き込んだHDDに 
    インストールして良いのでしょうか ? それとも XPの入っている HDD に入れるのでしょうか ?

    ご教示していただければ 幸いです。

    現在は USBメモリーに 入れたubuntunで勉強中えす。

    Commented : #1  俵 正史 (2012/09/08, 22:18)

コメントの記入