Ubuntu Weekly Recipe

第110回 HYBRID W-ZERO3を使いこなす(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第108回では単純な接続方法だけを紹介しましたが,Windows Mobile機ではPCと接続することで,より便利に利用することができます。今回は,Ubuntuからのアプリケーションのインストールや,Nautilusからスマートフォンの内部にアクセスする方法を見ていきましょう。

SynCEの必要性

Windows環境においては,ActiveSync(Windows Mobileデバイスセンター)を用い,USBケーブルやBluetoothで接続することで,Windows Mobileスマートフォンと色々な形で連携することができます。主な内容は次の通りです。

  • 予定表・ToDoなどのOutlookデータ(PIMデータ)の同期
  • ファイルの同期
  • Windows Mobile用アプリケーションのインストール
  • Explorerからスマートフォン内部へのアクセス

これらの「PCコンパニオン」的な機能は,ActiveSyncがなければ利用できません。これらの機能のうち,予定表などの同期に関しては,前回のレシピで紹介した通り,Exchangeサービス同等のインターフェースを提供するWebサービス(Google Calendarなど)を利用することで,Ubuntu環境とWindows Mobile環境をインターネット経由でプッシュによる同期が可能となります。通信機能を持つスマートフォンであれば,USBケーブルやBluetooth接続よりも便利なはずです。ToDoについてはRemember The MilkのProアカウントサブスクリプションに加入してMilkSyncを導入すれば,Ubuntu側ではTasqueを使うことで同期できるようになりますし,リマインダー機能を使ってメールを送信するようにしておけば図1)⁠Proアカウントなしでも「UbuntuのTasque→HYBRID W-ZERO3のメールアカウント」という形の連携が構築できます。

図1 Remember The Milkのリマインダー登録

図1 Remember The Milkのリマインダー登録

こうしたPIM的な利用法では,ActiveSyncやWindows Mobileデバイスセンターは必須ではありません。が,アプリケーションのインストールやスマートフォンのファイルシステムの閲覧は,そのままのUbuntuでは利用できません。

そこで今回は,ActiveSync相当のソフトウェア「SynCE」を用いるレシピを紹介します。

SynCEのインストール

SynCEは,Linux環境でWindows Mobile(Windows CE)端末と同期するためのソフトウェアです。Ubuntuでは8.10以降(9.10を除く)であればリポジトリから,9.10であればPPAからパッケージを取り込むことで利用できます注1)⁠

注1
9.10でもリポジトリからパッケージをインストールすることが可能ですが,synce-gvfs(synce-gnomevfs)が正常動作しません。Windows MobileアプリケーションのインストールのみであればPPAからの追加は不要です。

8.10・9.04でのインストール方法は次の通りです。Synapticから「synce-gvfs synce-hal synce-trayicon」を選択してインストールすることもできます。

$ sudo apt-get install synce-gvfs synce-hal synce-trayicon

9.10でのインストール方法は次の通りです。ソフトウェア・ソースでppa:synce/ppaを追加した上で,Synapticから「synce-gvfs synce-hal synce-trayicon」を選択してインストールすることもできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:synce/ppa
$ sudo apt-get install synce-gvfs synce-hal synce-trayicon

インストールが完了したら,HALを確実に再スタートさせるために,システムを再起動してください。

システムを再起動後,HYBRID W-ZERO3をUSBケーブルで接続すると,図2のようなNotify表示が行われます。

図2 HYBRID W-ZERO3接続時の表示

図2 HYBRID W-ZERO3接続時の表示

また,通知領域(いわゆる「タスクトレイ」⁠に,PDAのようなアイコン(synce-trayicon)が表示されるようになります図3)⁠このアイコンを右クリックすることで,SynCEの各種機能にアクセスすることができます。なおこうした場面では愛称である『HYBRID W-ZERO3』ではなく,型番の『WS027SH』として表示されます。

図3 SynCE-TrayIcon

図3 SynCE-TrayIcon

SynCEによるスマートフォンへのアクセス

SynCEのトレイアイコン上で右クリックし,⁠Explore with Filemanager」を選択するか,デスクトップに表示されるPDAアイコン図4をクリックします。

図4 デスクトップに表示されるアイコン

図4 デスクトップに表示されるアイコン

SynCEにより,Nautilusに「synce://」というプロトコルのサポートが追加され,Windows Mobile内部のファイルシステムにアクセスできるようになります図5)⁠

図5 NautilusでHYBRID W-ZERO3内部をブラウズ

図5 NautilusでHYBRID W-ZERO3内部をブラウズ

これは,ActiveSynce相当のソフトウェアをインストールしたWindowsから,エクスプローラ経由でアクセスする場合と同様の操作が可能です。Windows Mobileの構成ファイルを直接操作することもできますし,また,搭載しているmicroSDカードへもアクセスできるため,HYBRID W-ZERO3で撮影した写真をUbuntu上にコピーすることも可能です。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入