Ubuntu Weekly Recipe

第111回 UbuntuからHDDレコーダを使いこなす(2)動画ファイルのダウンロード

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第109回では,UbuntuをHDD&DVDレコーダRD-S502のDLNAクライアントとして使う方法を紹介しました。今回も,UbuntuからRD-S502を活用する方法を紹介します。

Wake On LAN

RD-S502は,マジックパケットに反応するので,wakeonlanコマンドで電源を入れられます。wakeonlanパッケージをインストールしていない場合は次のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install wakeonlan

wakeonlanコマンドは,RD-S502のMACアドレスをつけて次のように使います。

$ wakeonlan 00:1C:7E:XX:XX:XX

マジックパケットを送ってから,ブラウザからのアクセスに反応するようになるまで30秒ほどの時間があるので,sleepコマンドを使って,次のように実行すると便利です。

$ wakeonlan 00:1C:7E:XX:XX:XX && sleep 35 && firefox 192.168.1.XX

ただし,電源投入の指令にいつでも反応するわけではなく,本体の表示窓に時刻とともに次のように表示され,バックグラウンドで処理を行っているときは反応しません。

□ 10:00

pingには反応しても,ブラウザからのアクセスに反応しない場合は,このようなバックグラウンド処理中なので,本体が置いてあるところまで行って,電源を投入しなければなりません。

Javaアプレット

ブラウザからアクセスできる画面では,Javaアプレットを使う機能がいくつかあります図1)⁠

これらを使うにはJava用のブラウザプラグインをインストールする必要がありますが,Ubuntuでインストールできるプラグインは2種類あります。

mainリポジトリのIcedTeaプラグインと,multiverseリポジトリのSun社製のプラグインです。

RD-S502と接続する場合にはSunのプラグインの方が安定している印象を受けます。しかし,筆者が必要とするのは「ネットdeリモコン」で電源を切ることだけなので,IcedTeaプラグインで十分です。

図1 Javaアプレットを使う機能の1つ「ネットdeリモコン」

図1 Javaアプレットを使う機能の1つ「ネットdeリモコン」

IcedTeaプラグインは次のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install icedtea6-plugin

Sunのプラグインをインストールする場合は次のコマンドを使います。

$ sudo apt-get install sun-Java6-plugin

IcedTeaプラグインを使う際の注意として,ログインが成功していないように見えるという問題があります。

アプレットを起動したときに,ユーザ名とパスワードの入力を求められますが,正しいユーザ名とパスワードを入力しても,再び入力画面が出てきてしまいます。ログイン自体は成功しているので,2回目の入力画面では「キャンセル」をクリックすると,アプレットが使用できます。

録画ファイルのダウンロード

アナログ放送を録画したものをDLNAで配信可能な設定になっている場合,Ubuntuからwgetコマンドなどを使って簡単にダウンロードできます。そうすることで,Ubuntu側にテレビ録画のためのハードウェアやソフトウェアを用意しなくても,録画したファイルを入手できます。

そのために,まずファイル名の特定が必要ですが,第109回で紹介した要領で,TotemでRD-S502内のファイルを再生し,再生一覧を表示させます。再生しているファイルを右クリックし「場所のコピー」をクリックするとファイルのURLがコピーされます図2)⁠

図2 Totemを使えばファイルのURLを取得できる

図2 Totemを使えばファイルのURLを取得できる

ファイルのURLを取得するだけなら,upnp-inspectorを次のコマンドでインストールして使う方法もあります。

$ sudo apt-get install upnp-inspector

[アプリケーション]-[プログラミング]-[UPnP Inspector]から起動し,DLNAサーバの項目を右クリックして「browse MediaServer」を選択します。

サーバ内のファイルが表示されるので,URLを取得したいファイルを選択し,⁠DIDL-Lite:res」の項目を右クリックして「copy URL」を選択します図3)⁠

図3 UPnP Inspectorを使っても取得可能

図3 UPnP Inspectorを使っても取得可能

wgetコマンドとコピーしたURLを使って次のように実行すれば,録画したファイルをそのままダウンロードできます。

$ wget http://192.168.1.XX:20080/RD_00010025_000000XXXX_VRO.csi

中断したダウンロードを再開する場合には,⁠-c」オプションをつけます。すると,前回の続きからダウンロードできます。

このようにURLを取得できればダウンロードできるのですが,ネットワーク上のファイル再生に対応しているプレーヤであれば,ダウンロードしなくても,URLを入力してストリーミング視聴できます。DLNAクライアントの機能を持たないプレーヤでも,DLNAサーバに保存された映像が視聴できるわけです。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入