Ubuntu Weekly Recipe

第136回 Ubuntuで公衆無線LANを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

3GやWiMAX回線で外出先でもインターネットに接続している方も多いでしょう。ただ,建物内や地下,新幹線のトンネル区間など,電波の届きにくい場所では使えないこともあります。

今回は,3GやWiMAX回線ではカバーできない範囲を補完できる公衆無線LANをUbuntuから使う方法を紹介します。

公衆無線LANの種類

公衆無線LANサービスを提供している事業者は複数あり,それぞれアクセスポイントの数や提携しているお店が異なっています。よく利用する場所やお店で無線LANを使うには,どの事業者と契約すればいいのかを事前に調べる必要があります。

例えば,東海道新幹線(東京-新大阪間)のN700系車内で使いたい場合は,5つの事業者のサービスのいずれかを利用しなければなりませんし,スターバックスコーヒーで使いたい場合は店舗検索のページからリンクされているPDFファイルを見て,利用する店舗がどのサービスに対応しているのかを調べておきます。

ここでは筆者が実際に契約して試したものを紹介していきます。

BBモバイルポイント

BBモバイルポイントはマクドナルドや銀座ルノワールで利用できます。プロバイダにはワイヤレスゲートを選びました注1)⁠プランは1ヶ月に1回以上使う場合には最安となるヨドバシカメラオリジナルプランで契約しています。

注1
プロバイダによっては東海道新幹線車内では使えないものもあります。また,ワイヤレスゲートで契約しておくと,BBモバイルポイントだけでなくlivedoor Wirelessのエリアでも使用できます。

BBモバイルポイントのエリアでは「mobilepoint」というSSIDのアクセスポイントが表示されるので,これを選びます図1)⁠続いて,WEPキーを入力したら,無線LANの接続は完了です。

図1 BBモバイルポイントのエリアでは「mobilepoint」を選択

図1 BBモバイルポイントのエリアでは「mobilepoint」を選択

ブラウザを開くとログインページにリダイレクトされるので,契約時に設定したユーザ名とパスワードを入力します図2)⁠ワイヤレスゲートでの契約の場合はユーザ名の末尾に「@wig」をつけます。

図2 BBモバイルポイントのログイン画面

図2 BBモバイルポイントのログイン画面

ログインが成功すると「ようこそ」ページ図3「ログアウト」ウィンドウが表示されます。ログアウトウィンドウを閉じてしまってログアウトできないと,他の機器を使いたいときや別のアクセスポイントに移動したときなどに,前のセッションが自動ログアウトされるまで一時的に使えなくなってしまいます。⁠ようこそ」ページをブックマークして,確実にログアウトウィンドウを呼び出せるようにしておくといいでしょう。

図3 ようこそページ。この画面からログアウトウィンドウを表示させられる

図3 ようこそページ。この画面からログアウトウィンドウを表示させられる

このようにUbuntuの場合でも通常の手順で無線LANに接続し,ブラウザでログインするだけで使えるようになります注2)⁠ログイン後はブラウザを通した通信だけでなく,APTでのパッケージインストールやSSH越しのBazaar操作,Dropboxクライアントの使用も可能でした注3)⁠

注2
実はNetWalkerでの設定方法も載っていたりするので特に悩むポイントはありません。
注3
筆者が今回試したサービスすべてでこれらの操作が可能でした。

ホットスポット・ドコモ公衆無線LANサービス・フレッツスポット

ホットスポットドコモ公衆無線LANサービスフレッツスポットNTT東日本NTT西日本は,エリアが重なっているところが多いものの,微妙な差異があります注4)⁠また,フレッツスポットではPPPoEが必要ですが,ホットスポットとドコモ公衆無線LANサービスは,BBモバイルポイントと同様のブラウザによる認証です。

注4
ホットスポットだけが使えないつくばエクスプレスホットスポットだけ使える東京都立図書館など。

ホットスポットは1日(24時間)での契約を選びました。クレジットカードで決済したところ,1度限りのIDとパスワードが発行されました。これには使用期限があり,使わなかったとしても返金はありません。SSIDは「0033」です。

ドコモ公衆無線LANサービスは,FOMAの契約を持っていないため,ドコモショップに出向いてMzoneを契約しました。こちらも1日(24時間)単位での契約にしました。その場でIDとパスワードが発行され,そのIDとパスワードを使ってログインした分だけ翌月に請求が来る後払い制です。ランダムな英数字のIDとパスワードが覚えにくかったのですが,同時に発行されたdocomo IDでMy docomoにログインし,好みのユーザ名とパスワードに変更できました。なおSSIDは「docomo」です。

どちらのサービスも無線LANに接続し,ブラウザでログインするだけで使えます。日単位での契約の場合は,エリアに入っても自動で接続しないように,接続の設定で「自動的に接続する」のチェックを外しておくといいでしょう図4)⁠

図4 使いたい放題ではないプランの場合は「自動的に接続する」のチェックを外しておく

図4 使いたい放題ではないプランの場合は「自動的に接続する」のチェックを外しておく

フレッツスポットは,自宅でNTT東日本のフレッツ光ネクストを使用しているので,その付加サービスとして申し込みました。フレッツスポットは利用する機器のMACアドレスを事前に登録しておくのですが注5)⁠プロバイダ経由で申し込んでしまったため,MACアドレスを電話で伝えるという事態になってしまいました。さらに開通まで2週間かかりました。フレッツスクエアで申し込めば1時間程度で使用できるようになるとのことです。

注5
MACアドレスは,ネットワークマネージャのアプレットを右クリックして「接続情報」を選択した時や,ifconfigコマンドで表示される「ハードウェアアドレス」のことです。インターフェースごとに異なるため,間違って有線LANのMACアドレスを登録してしまわないようにしてください。

フレッツスポットの範囲に入ったら,東日本の場合は「FLETS-SPOT」⁠西日本の場合は「NTT-WEST」というSSIDに接続します。ただし,フレッツスポットはPPPoEでIPアドレスを取得し,DHCPを使わないため,デフォルトの設定では接続を確立できません。接続の設定を開き,IPv4設定のメソッドを「リンクローカルのみ」に変更して接続し直します図5)⁠

図5 フレッツスポットでは「リンクローカルのみ」を選択

図5 フレッツスポットでは「リンクローカルのみ」を選択

残念ながら,ネットワークマネージャが無線LAN経由のPPPoE接続に対応していないため,PPPoE接続はpppoeconfを使って設定します注6)⁠

注6
Ubuntu側でPPPoE接続の必要がなくなる「光ポータブル」も申し込んだのですが,到着が間に合いませんでした。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入