Ubuntu Weekly Recipe

第189回 実在するシンセサイザーのエミュレーター

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本連載の第184回では,アナログシンセサイザー・ソフトウェアであるamSynthを扱い,黎明期のアナログシンセサイザーの基本的な使い方を説明しました。

当然ながらamSynthに相当するシンセサイザーは現存していませんが,Ubuntuでは,現在するシンセサイザーをエミュレートしたソフトウェアのパッケージが,いくつか提供されています。そこで今回は,実在するシンセサイザーのエミュレーターをいくつか紹介します。

BristolとmonoBristol

1970年代,Korg社,Roland社や,かつてのMoog社,ARP instruments社,Sequential Circuits社など,さまざまなメーカーがシンセサイザーを発売しました。その中には高い評価を受けたものも数多く,ハードウェアとしてメンテナンスが難しいものがあるにも関わらず,現在でも愛用している方がいると聞いています。

Bristolはこういった数々の「クラシックな」シンセサイザーを,ひとつのソフトウェアにまとめてしまおうという野心的なプロジェクトです。その数たるや,40ものシンセサイザーをエミュレートしています。

図1 アナログシンセサイザーの金字塔,Minimoogエミュレーションを起動した画面

図1 アナログシンセサイザーの金字塔,Minimoogエミュレーションを起動した画面

BristolはもともとLinux向けに開発されましたが,2010年よりAndroidへの移植も始まりました。Android版は現在,Minimoogのエミュレーションのみ可能なAPK(Android application package)が提供されています。

さて,本連載の第184回でも言及しましたが,こういったシンセサイザーの大部分は,基本的にはモジュールを組み合わせた構造を持ちます。これを踏まえBristolは,同じ役割のモジュールを共通化するというアプローチで開発されています。加えて,十分な再現性を実現するため,各モジュールにオプションを与えて複数のモードを持たせるなどしています。

アナログシンセサイザーはその部品の特性から,通電時間や温度,湿度などの影響で出る音が変化するといいます。そのため,Bristolに限らず,シンセサイザーのエミュレーターは必ずしも,実物とそっくり同じ音を出せるわけではありません。しかし,同じ使い勝手を持つ「新しい楽器」という考え方をすることで,音楽の幅が広がるのではないかと,筆者は考えています。

インストール

それでは,Bristolを使ってみましょう。Bristolは端末においてコマンド「startBristol」にオプションを与えて実行することで起動しますが,これを画面操作で行うことができるようにするmonoBristolが開発されていますので,こちらで起動するのが便利です。

図2 monoBristolの操作画面。ボタンひとつでBristolの40弱のシンセサイザーを起動可能

図2 monoBristolの操作画面。ボタンひとつでBristolの40弱のシンセサイザーを起動可能

monoBristolを使うには,UbuntuソフトウェアセンターやSynapticパッケージマネジャーを使いパッケージ「monobristol」をインストールしてください。依存関係により,bristol本体やmonoのランタイム一式注1もインストールされます。

注1
monoは,Microsoftの.Net Frameworkに基づく開発をクロスプラットフォームで行うためのオープンソース・ソフトウェアです。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入