Ubuntu Weekly Recipe

第207回 The Ubuntu TV Show

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今月半ばにあったCESで,CanonicalはTVプラットフォーム向けのUbuntu TVのプロトタイプを発表しました注1)⁠

これはもともと昨年の10月末にマーク・シャトルワースによる「電話・タブレット・テレビといった家電向けUbuntu」という構想を受けて開発されたもので,CESの発表に先んじてソースコードの公開なども行われています。

今回のレシピでは,このUbuntu TVを実際に試してみましょう。

注1
きれいなお姉さんによるCES会場のCanonicalブース紹介動画はこちら

Ubuntu TVの構成

現在のUbuntu TVは以下のようなコンポーネントからなります。

  • インターフェース:Unity
  • 各種サービス:Lens
  • TV視聴・録画:MythTV
  • 再生バックエンド:GStreamer
  • メタデータ管理:XBMC

インターフェースとしてUnityが採用されていますが,普段デスクトップで使うUnityと異なり,常にDashが表示された状態で操作します。リモコンでも操作できるよう,原則としてカーソルキーと決定キーだけでも操作できるUIになっています。

図1 心なしか右端が傾いているように,数が増えるとカバーフローのような画面になります

図1 心なしか右端が傾いているように,数が増えるとカバーフローのような画面になります

ユーザーは,左側のLauncher部分から動画再生・TV視聴・YouTubeといったUnity Lensを選択し,動画リストや番組表から再生したいコンテンツを選択・検索して再生するという,ごくごくシンプルな作りです。

ただし今のところ,まともに動くのはVideo Lensが行う動画の検索と再生ぐらいです。例えばTV視聴・録画部分はMythTVを使うことになっていますが,現時点で動作しているわけではありません注2)⁠

YouTubeのアイコンらしきものも存在しますが選択できない状態です。YouTube Lens自体は別途開発されているので,そのうちUbuntu TVにあわせたUIを備えた上で,Ubuntu TVに単独でインストールできるようになるか,Video Lensに組み込まれることになるでしょう。

同様に他の動画配信だけでなく,音楽や写真といったインターネットサービスも,⁠Lensを追加する」ことでプラグイン的に対応可能になる作りになっています。

注2
TV Lensを選択するとBBCなどの番組表を取得・表示してくれますが,選択時に再生されるのはローカルにある~/Videos/unity/local/epg/epg.mkvというファイルです。

Ubuntu TVのインストール

Ubuntu TVはUnityをベースにしているため,既存のUbuntu環境にインストールすることが可能です。Ubuntu TVのプロジェクトページではソースコードが公開され,Wikiにもそのビルド方法が掲載されています。そこで実際にインストールして,動画の再生を行ってみましょう。

ただし,現在のUbuntu TVは産まれたてのプロジェクトであり,そのコードはアルファ以前のプロトタイプでしかありません。インストールし,実行することによって,既存の環境を壊してしまう可能性がありますので,仮想マシン上などの実環境から隔離された場所でテストするようにしてください。

今回はVirtualBox上の仮想マシンに,あらかじめUbuntu 11.10をインストールしていることを前提に,ソースコードからビルドする形でインストールします注3)⁠

ちなみに,UnityはQtベースのUnity 2Dを使っているため,3Dアクセラレーションがない環境でも動作します。しかしながらVirtualBoxを使う場合,3Dアクセラレーションが有効になっているとVideo Lensが落ちるという問題がありますので,仮想マシン上では3Dアクセラレーションをオフにして試してください。

注3
WEB UPD8ではビルド済みパッケージをPPAで公開しています。ただしパッケージ版は,既存のUnity環境を強制的に置き換える形でインストールするため,一度ログアウトすると再度ログインできなくなってしまいますので使用には注意が必要です。

ビルドとインストール

最初に,UnityとVideo Lensをビルドし,インストールします。Ubuntu Wikiに掲載されている手順のうち,以下の四つの手順を,そのまま仮想マシン上で実行するだけです。

  • "Download Ubuntu TV⁠s code, its dependencies and compile it"
  • "Download and compile the prototype Unity video lens system"
  • "Set the formFactor D-Conf key to “tv⁠"
  • "Prepare your environment"

上記以外については別途説明します。

build-depでは大量の開発用パッケージがインストールされるので,Arkoseなどと組み合わせるのも良いでしょう。

動画ディレクトリの作成

Video Lensはライブラリとして~/Videosを使用します。最初から存在する"~/Video"でも"~/ビデオ"でもないので注意してください。

ここに以下のような4つのディレクトリを作成します。

  • ~/Videos/unity/local/featured
  • ~/Videos/unity/local/rented
  • ~/Videos/unity/local/purchased
  • ~/Videos/unity/local/recorded

それぞれ上から順番に,特集,レンタル,購入,録画みたいな形で区分けされていますが,今のところ特に意味はないので,4つのうち好きなディレクトリに動画をコピーしてください注4)⁠

次に以下のコマンドで,保存した動画のサムネイルを作成します。

$ /usr/lib/unity-lens-video/create_tmb.sh ~/Videos/

このコマンドは動画1ファイルにつき,10個のサムネイルを作成し,後述のチャプタージャンプに使用します。

なお,カバー画像は自動では生成してくれません。適切な画像を自分で用意した上で,動画ファイルと同じディレクトリに拡張子だけ".tbn"に変更して保管してください。

注4
今回は動画のサンプルとして,Blenderで生成されたSINTELBig Buck BUNNYを使用しました。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入