Ubuntu Weekly Recipe

第223回 Apache OpenOffice 3.4をインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はApache OpenOffice 3.4のインストール方法や新機能のごく一部を紹介します。

Apache OpenOfficeリリース!

5月8日,Apache OpenOffice 3.4.0がリリースされました。新春特別企画LibreOffice/Apache OpenOffice~2011年の総括と新たな選択~で紹介したのですが(未読の方はご一読いただけると理解が深まります)⁠もともとApache OpenOffice 3.4.0のリリース予定は2012年Q1,すなわち3月中でした。しかし,実際には予定よりも1ヶ月以上遅れてのリリースになりました。

いろいろな話が出たものの,結局はかつてのOpenOffice.orgと同じく各言語ごとにリリースされることになりました。インストールしたいUbuntuでダウンロードサイトにアクセスすると,自動的にそのプラットフォームにあったアーカイブが選択されるため,ダウンロードボタンをクリックします。するとSourceforge.net経由でアーカイブのダウンロードが始まります。

Apache OpenOffice 3.4の動作対象となるUbuntuのバージョンは明記されていないためよくわかりませんが,今回の記事では12.04で検証しました。おそらく10.04以降であれば対象ではないかと思います。

図1 ダウンロードサイト。緑の部分をクリックする

図1 ダウンロードサイト。緑の部分をクリックする

図2 緑の部分をクリックするとSourceforge.netに飛ばされ,しばらく待つとダウンロードが開始する

図2 緑の部分をクリックするとSourceforge.netに飛ばされ,しばらく待つとダウンロードが開始する

Apache OpenOffice 3.4.0のインストールと起動

ダウンロード完了後,端末を起動して次のコマンドを実行します。

i386の場合

$ tar xf Apache_OpenOffice_incubating_3.4.0_Linux_x86_install-deb_ja.tar.gz

AMD64の場合

$ tar xf Apache_OpenOffice_incubating_3.4.0_Linux_x86-64_install-deb_ja.tar.gz

以下共通

$ cd ja/DEBS/
$ sudo dpkg -i *.deb

なお,ja/DEBS/desktop-integration/にはメニュー用のパッケージ(openoffice.org3.4-debian-menus)がありますが,これはlibreoffice-commonと競合するファイル(正確にはシンボリックリンク)があるため,インストールできません。よって,起動には次のコマンドを実行することになります。

$ /opt/openoffice.org3/program/soffice

また,Ubuntu 12.04はJavaランタイム環境がインストールされていないため,すべての機能を使用したい場合は次のコマンドを実行してインストールしてください※1)⁠

$ sudo apt-get install default-jre-headless

ちなみにUbuntuというかLinuxではApache OpenOfficeとlibreofficeで設定ファイルを置くフォルダが異なるため,特に問題なく共存できます。

図3 緑の部分をクリックするとSourceforge.netに飛ばされ,しばらく待つとダウンロードが開始する

図3 緑の部分をクリックするとSourceforge.netに飛ばされ,しばらく待つとダウンロードが開始する

図4 情報ダイアログを見ると,内部的には[OpenOffice.org 3.4]であることがわかる

図4 情報ダイアログを見ると,内部的には[OpenOffice.org 3.4]であることがわかる

※1
もっとも,これはLibreOfficeでも同じなのですが。

どうしてもopenoffice.org3.4-debian-menusをインストールしたい場合

全くオススメしませんが,どうしてもopenoffice.org3.4-debian-menusをインストールしたい場合には次のコマンドを実行してください。

$ sudo dpkg -i --force-overwrite ja/DEBS/desktop-integration/openoffice.org3.4-debian-menus*

ただし,これを行うとLibreOfficeのアップグレードに支障をきたすようになります。そのような場合,次のコマンドを忘れずに実行してください。

$ sudo apt-get remove --purge openoffice.org-debian-menus
$ sudo apt-get install --reinstall libreoffice-common

ここでは[openoffice.org3.4-debian-menus]ではないのがポイントです。

そのほか,LibreOfficeがインストールされていないXubuntuを使用するのも一つの手です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入