Ubuntu Weekly Recipe

第228回 LiVESでビジュアルジョッキーしてみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本連載の第180回では,kdenliveというノンリニアビデオ編集ソフトウェアを紹介しました。この類のソフトウェアは,すでにファイルとなっているメディアを組み合わせてエフェクトをつけ,それを再度ファイルに書きだすのが目的です。もし,これをファイルではなくディスプレイに出力,しかもリアルタイムに行ってライブパフォーマンスができたら楽しそうではありませんか? このようなパフォーマンスをビジュアルジョッキーと呼びますが,今回はそれを実現するLiVESというソフトウェアのレシピをお届けします。

LiVESとは

LiVESの名前は「Linux Video Editing System」から取られており,元々はLinuxで使えるソフトウェアとして誕生しました注1)⁠先述の通りノンリニアビデオ編集ソフトウェアとしての顔もありますが,映像に対してリアルタイムに任意のエフェクトをつけて出力するという機能を持っています。対象となる映像はファイルだけではなく,カメラからのビデオ入力まで及びます。

LiVESをインストールするには,UbuntuソフトウェアセンターでLiVESを探してインストールしてください。起動はUnityのDashからLiVESを検索することで行います。

図1 LiVESの画面。デフォルトでは,後述するクリップエディターモードで起動する

図1 LiVESの画面。デフォルトでは,後述するクリップエディターモードで起動する

なお,今回のスクリーンショットはAlien ArenaというネットワークFPSゲームのウェブサイトからダウンロードできるトレーラーと,ウェブカメラのキャプチャー映像を利用しました。Alien ArenaはUbuntuソフトウェアセンターからパッケージが提供されているので,遊んでみるのもよいでしょう。

注1
その後,Linux以外のプラットフォームにも対応したため,LiVESは何かの略称ではなくなっています。

LiVESの2つの操作モードとクリップ

LiVESは,デフォルトではクリップエディターモードで起動します。クリップエディターモードはリアルタイムパフォーマンスのためのモードです。この他に,マルチトラックモードがあります。マルチトラックモードはノンリニアビデオ編集をするためのモードです。

図2 マルチトラックモード

図2 マルチトラックモード

クリップエディターモードとマルチトラックモードの切り替えは,メニュー「編集」から選択することで行います。

LiVESを扱う際に重要なキーワードとなるのがクリップです。クリップとはビデオとして出力するための素材のことです。LiVESが扱うクリップには2種類あり,ひとつはファイルです。登録したファイルは先に述べた2つのモードで共有されます。もうひとつはビデオキャプチャーデバイスやウェブカメラから取得できるビデオ入力です。ただし,これはクリップエディターモードにおいてのみ利用可能です。クリップエディターではこうすることで,ファイルに対してもビデオ入力に対しても同じ操作を行います。

マルチトラックモード

ノンリニアビデオ編集を行うためのモードがマルチトラックモードです。映像や音声のクリップを登録し,組み合わせ,エフェクトをつけて別なクリップとして出力します。ライブパフォーマンスのための素材作りをするためのモードと考えてください。

マルチトラックモードにすると,まず最初にビデオのレンダリングフォーマットを決めるウィンドウとなります。大抵の場合はデフォルトのままでも大丈夫でしょう。再設定するにはメニュー「ツール」⁠⁠幅・高さ・音声値の変更」とたどってください。

図3 レンダリングフォーマット設定画面

図3 レンダリングフォーマット設定画面

クリップはメニュー「ファイル」で指定することで登録します。映像ファイルや音声ファイルを登録することができます。登録したクリップは画面下部のタイムラインにクリックアンドドラックで配置します。右クリックメニューから選択をすることで,カットやペーストを行えます。また,ダブルクリックしたり,右クリックメニューから選ぶことでクリップを選択状態にすることができます。

図4 タイムライン上で選択されたクリップは,対角線が引かれた灰色のボックスとして表示される

図4 タイムライン上で選択されたクリップは,対角線が引かれた灰色のボックスとして表示される

この状態で画面上部のエフェクトタブから任意のエフェクトをクリックアンドドラッグすると,エフェクトを適用することができます。クリップに適用されたエフェクトは「適用済エフェクト」タブで一覧することができるほか,⁠パラメーター」タブでパラメーターを調整できます。

図5 選択されたクリップに適用されているエフェクトのパラメーターを調整

図5 選択されたクリップに適用されているエフェクトのパラメーターを調整

タイムラインが重なった2つのクリップを切り替えるために使われるトランジションですが,適用方法は独特です。まず画面上部の「重複を選択」を有効(緑色)にします。次に,トラックを選択状態とするために、クリップが属する2つのトラックの左にあるボタンをクリックして有効(緑色)にします。そして、重複している時間帯を囲むよう,時間を刻むバー上を大きくクリックアンドドラックします。すると,クリップが重複した時間帯のみ選択されます。この状態で「トランジション」タブから適用したいトランジションをクリックアンドドラッグして,クリップに持って行きます。⁠パラメーター」タブが自動で表示されたら適用は成功です。

図6 トランジションの適用は独特

図6 トランジションの適用は独特

このようにして作成したクリップ・エフェクト・トランジションの状態を,LiVESでは「レイアウト」と呼んでいます。保存するにはメニュー「ファイル」から項目「レイアウトを別名で保存」を選択してください。再ロードは項目「レイアウトの読み込み」から行います。

マルチトラックモードでの最後の作業は,編集の成果をレンダリングし,クリップとして登録することです。これはメニュー「レンダリング」から行います。

なお,現在のLiVESのマルチトラックモードは,KdenliveやOpenShotと比べ操作性が劣ります。そのため,ノンリニアビデオ編集は他のソフトウェアで行い,成果をLiVESのクリップとして登録,以降で扱うライブパフォーマンス機能につなげるという使い分けをおすすめします。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入