Ubuntu Weekly Recipe

第233回 Ubuntu App Showdownの応募作品に見る,気になるアプリ(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

先週に引き続き先月から今月にかけて開催された,Ubuntuにおけるアプリ開発コンテストUbuntu App Showdownのノミネート作品の中で,特におもしろそうなアプリを紹介します。

デスクトップの設定に関するアプリ

Cuttlefish

Cuttlefishは特定のイベントに対して,指定した操作を自動的に行うアプリです。

$ sudo add-apt-repository ppa:noneed4anick/cuttlefish
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install cuttlefish

例えば,指定したSSIDの無線LANに接続した時はプロキシをオンにする,ノートPCのACアダプターを接続したら特定のアプリケーションを起動するというように,何かしらかの「イベント(Stimulus)⁠に対して指定した「アクション(Action)⁠を起こさせることができます。

またイベントとアクションの対応は「Reflex」として複数保存することができ,状況に応じて個々のReflexを有効・無効にして使い分けることも可能です。

図1 Basicタブでイベントを指定し,Reactionタブでアクションを追加する

図1 Basicタブでイベントを指定し,Reactionタブでアクションを追加する

指定できるイベントは次のとおりです。

  • アプリケーションが起動したとき,終了したとき
  • 特定のBluetoothデバイスを接続・切断したとき
  • Bluetoothデバイスがオン・オフされたとき
  • ACアダプターを接続・切断したとき
  • 指定したUSBデバイスを接続・切断したとき
  • 指定したSSIDの無線LANに接続したとき,ネットワークから切断されたとき
  • 画面をロック・アンロックしたとき

図2 イベントはハードウェア関連のイベントが主体になる

図2 イベントはハードウェア関連のイベントが主体になる

また,アクションとして次の項目を指定できます。

  • アプリケーションの起動や終了
  • サウンドボリュームの設定
  • Bluetoothのオンオフ
  • 標準のプリンターの変更
  • 壁紙の変更
  • 待機
  • 無線LANのオンオフ
  • プロキシ設定の変更
  • Pidginのステータス変更
  • 電源状態をハイバネートやサスペンド,再起動,シャットダウンに変更
  • 画面のロック・アンロック
  • Reflexの有効化・無効化

図3 1つのイベントに対して,アクションは複数追加できる

図3 1つのイベントに対して,アクションは複数追加できる

ノートPCをいろいろな環境に持ち運ぶ際,環境に応じて設定を変えたい場合,とても便利なツールとなるでしょう。

MenuLibre

MenuLibreはdesktopファイルの編集ツールです。desktopファイルとは,デスクトップ環境においてアプリケーションを起動するメニューに表示する項目や,実行するコマンド,アイコンなどを指定するファイルであり,アプリケーションごとに/usr/share/applicationsの下に保存されます。

$ sudo add-apt-repository ppa:menulibre-dev/devel
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install menulibre

Unity環境であればDashの検索対象となりますし,XubuntuやLubuntuであればアプリケーションメニューに表示される項目そのものとなります。

MenuLibreはシステムにインストールされたすべてのdesktopファイルを編集し,ユーザー単位のdesktopファイルとしてホームフォルダーの.local/share/applicationsの下に保存できます。

図4 カテゴリーごとに分けられたメニューから編集したいものを選択する

図4 カテゴリーごとに分けられたメニューから編集したいものを選択する

例えば次のような項目を設定できます。

  • メニューのアイコン
  • メニューのタイトル
  • メニュー選択時に実行するコマンド
  • メニューを表示するカテゴリーの変更
  • 起動時にクイックリストに表示する項目の追加や削除
  • メニューに表示するかどうか

図5 アイコンやタイトルはそれ自身をクリックすると編集できる

図5 アイコンやタイトルはそれ自身をクリックすると編集できる

desktopファイルはUnity以外のデスクトップ環境でも使用されているので,アプリケーションメニューを細かくカスタマイズしたい場合は便利に使えるでしょう。

Slidewall

Slidewallはシンプルな壁紙チェンジャーツールです。システム設定の「外観」でもインストール済みの壁紙であれば一定時間ごとに切り替えることができますが,このツールを使えば好きな壁紙を好みのタイミングで切り替えられます。

$ sudo add-apt-repository ppa:fioan89/slidewall
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install slidewall

図6 更新周期や更新時に通知するかといった設定が可能

図6 更新周期や更新時に通知するかといった設定が可能

図7 Load FolderやLoad Imageで画像を追加しておくと順番に壁紙として使われる

図7 Load FolderやLoad Imageで画像を追加しておくと順番に壁紙として使われる

さらにライブ壁紙モードも用意されており,一定時間ごとに地球の昼夜の様子や壁紙サイトから自動で壁紙をダウンロードしてランダムに表示するさせることも可能です。

図8 ライブ壁紙はインターネットからデータを取得して表示する

図8 ライブ壁紙はインターネットからデータを取得して表示する

Variety

VarietyもまたSlidewallと同じ壁紙チェンジャーツールです。

$ sudo add-apt-repository ppa:peterlevi/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install variety

壁紙のダウンロードURLを自分で指定できること,壁紙に対してImageMagickを使ったエフェクトを追加できるといった点がSlidewallと異なります。

図9 Flickrやその他サービスのURLを細かく指定できる点が特徴

図9 Flickrやその他サービスのURLを細かく指定できる点が特徴

これによりFlickrの特定のユーザーの写真をランダムにダウンロードして壁紙として使用したり,壁紙はすべてグレイスケールで表示させることが可能になっています。

図10 壁紙表示時にエフェクトをかけることもできる

図10 壁紙表示時にエフェクトをかけることもできる

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入