Ubuntu Weekly Recipe

第248回 DAWソフトウェアRenoiseを利用して歌声合成する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

今回はRenoiseというDAWフトウェアの基本的な使い方のレシピと,Renoise日本コミュニティの面白い試みである「バーチャルシンガー - Renoid」を紹介します。

Renoiseとは

Renoiseはrenoise.comで開発されている,強力なサンプラー機能を持つデジタルオーディオワークステーション(DAW)ソフトウェアです。クロスプラットフォームに開発されており,WindowsやOS Xはもちろんのこと,Linuxもサポートしています。

サンプラーとは本連載の第191回で簡単に紹介したとおり,現実の音を録音して保存しておき,それに効果をつけ,タイミングよく組み合わせることで音楽を作り出すシステムのことです。Renoiseはこのサンプラーの諸機能に加え,オーディオやMIDIのシーケンスを扱う機能,各種プラグインのホスト機能,外部ソフトウェアとの同期機能などを備えており,デジタルオーディオワークステーションとしても優れています。

Renoiseには日本コミュニティがあり,日本語訳されたマニュアルや,サポートフォーラムを利用することができます。

Renoiseのライセンス

Renoiseはオープンソースソフトウェアではないため,ライセンスを購入する必要があります。ひとまず試してみたいユーザーのために機能制限版のバイナリーが提供されていますので,今回は機能制限版できることのみを紹介します。

インストール方法

それではインストールしてみましょう。インストーラーのダウンロードにウェブブラウザを,インストーラーの実行に端末を利用します。

まずウェブブラウザを開き,Renoise公式ウェブサイトのDemo Downloadsへアクセスし,インストーラーをダウンロードします。この際,Linux用のものを選択し,お使いのUbuntuのアーキテクチャーに合わせて32bitか64bitのどちらかを選択してください。また,これ以降の端末での操作に備えて,インストーラーの保存先を覚えておきましょう。なお,今回筆者は32bit版Ubuntuを使いましたので,以降では執筆時点の最新のバージョンである2.8.1の32bitのデモ版を利用するものとして話を進めます。

次に端末を開きます。UnityのDashを起動し,キーワード「端末」を検索して起動します。

端末を開いたら,インストーラーを保存したディレクトリに移動します。例えばFirefoxはデフォルトの設定だと,ダウンロードしたファイルをユーザーの「ダウンロード」ディレクトリに保存します。このディレクトリに移動するには次のようにします。

$ cd ~/ダウンロード/

なお,⁠~」はログインユーザーのホームディレクトリを意味します。インストーラーがあるかどうかを,次のコマンドを実行して確認してください。

$ ls
...
Renoise_2_8_1_Demo_x86.tar.bz2
...

インストーラーはbzip2により圧縮されたアーカイブとなっています。展開するには次のコマンドを実行します。

$ tar jxf Renoise_2_8_1_Demo_x86.tar.bz2

展開されたディレクトリに移動します。

$ cd Renoise_2_8_1_Demo_x86

インストールするには,install.shを管理者権限で実行します。

$ sudo /bin/sh install.sh

これでRenoise自体のインストールは完了です。UnityのDashでキーワード「renoise」を検索することができるようになります。

図1 UnityのDashで検索

図1 UnityのDashで検索

なお,このディレクトリにはアンインストーラーも含まれています。Renoiseをアンインストールしたい場合は,uninstall.shを管理者権限で実行してください。

$ sudo /bin/sh uninstall.sh

ディレクトリには,READMEやQuickstart-Tutorial.pdfなど,参考になる情報が含まれています。困ったときは参照するとよいでしょう。

インストールすべきパッケージ

こうしてインストールしたRenoiseですが,必要なパッケージが足りていません。そこで,Ubuntuソフトウェアセンターを使ってインストールしましょう。

まずは「qjackctl」をインストールし,JACKサウンドサーバーの実行環境を整えます。というのもRenoiseは,Ubuntu標準のPulseAudioサウンドサーバーと併用できず,JACKサウンドサーバーを併用するか,もしくはALSAをダイレクトに利用しなければならないためです。そして,JACKサーバーを併用したほうが,他のソフトウェアと連携できて使い勝手がよくなります。このあたりについては本連載の第177回が参考になるでしょう。

図2 Ubuntuソフトウェアセンターでqjackctlをインストール

図2 Ubuntuソフトウェアセンターでqjackctlをインストール

Renoiseの使用にはJACKサウンドサーバーの実行環境が整えば十分ですが,より便利に使うためにプラグインパッケージをインストールしておきましょう。本連載の第199回を参考にしてください。なお,Renoiseは起動時に全プラグインのスキャンを行うため,多くのプラグインパッケージをインストールしていると実行から開始までそれなりに時間がかかる点に注意してください。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入