Ubuntu Weekly Recipe

第304回 Ubuntuでテザー撮影とタイムラプス撮影をやってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

去年のクリスマス特別企画は,みずのさんが夢のストレージをテストしていましたが,いくら待っても私のところにはプレゼントを持ったサンタさんは来てくれなさそうです。しょうがないので,原稿ネタを集めるべく,寒風吹く中,ノートPCとデジタルカメラと三脚を抱えて撮影に行ってきました。

今回はUbuntuでのテザー撮影と,タイムラプス撮影についてお送りします。

テザー撮影って何?

テザー撮影とは,デジタルカメラとPCをUSBケーブルやWifiなどで接続して,撮影した画像をPCでリアルタイムに表示したり保存したりするような撮影方法のことです。英語で書けば「tether」=繋ぎ止める/係留するといった意味があり,スマホで使われる"テザリング"と同じ語源です。テザー撮影には,モニターが大きくピントや色などを確認しやすい,撮影と同時にPCに転送されるので後でコピーする手間がない,といったメリットがあるためプロのスタジオ撮影などでもよく使われています。個人でも,趣味の小物の撮影やオークションの出品物の撮影などに利用すると便利です。

テザー撮影向けのソフトでは,WindowsではCanonならEOS Utility,NikonならCamera Control Pro 2(有償)⁠Adobe Lightroom(有償)などといったテザー撮影向けのアプリケーションがありますが,Linuxでテザー撮影を行うには,Entangle,gphoto2(コマンド)⁠Darktableなどといったアプリケーションを利用します。

図1 テザー撮影の様子

図1 テザー撮影の様子

Entangleをインストールする

Entangleはテザー撮影に対応したアプリケーションで,対応するカメラ注1であれば撮影した画像をリアルタイムに表示でき,さらにCanonやNikonの一部のカメラではPC側でシャッターを押す機能も利用できます。2013年12月現在の最新版は0.5.4です注2)⁠

http://entangle-photo.org/

では,Entangleのインストールを始めます。EntangleのUbuntuパッケージはgetdebサイトで配布されているので,getdebのリポジトリを登録してからインストールを行う必要があります。

下記のサイトを参考にしてインストールを行います。

http://www.getdeb.net/updates/Ubuntu/

左上のセレクトボタンから使用しているUbuntuのバージョンを選び,⁠Click here to learn..」のリンクを開いて指示に従ってください。リポジトリの登録方法はgetdebパッケージをインストールする方法と,手動でリポジトリを追加する方法があるので好みのほうを選択してください。

図2 getdebからインストール

図2 getdebからインストール

今回のテスト環境ではUbuntu 12.04を利用したので,端末で下記のように入力してリポジトリを登録します。⁠precise⁠の部分はお使いのUbuntuコードネームに置き換えて入力してください。

$ sudo apt-add-repository 'deb http://archive.getdeb.net/ubuntu precise-getdeb apps'

次に,端末で下記のコマンドを入力してリポジトリのGPGキーを登録します。

$ wget -q -O- http://archive.getdeb.net/getdeb-archive.key | sudo apt-key add -

最後に,端末で下記のコマンドを入力してEntangleをインストールしてください。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install entangle
注1)

Entangleの利用するlibgphoto2ライブラリでサポートされているカメラが対象になります。リモートコントロールに対応しているカメラであればEntangle側からの撮影が可能です。

http://www.gphoto.org/proj/libgphoto2/support.php

http://www.gphoto.org/doc/remote/

注2)

Pentaxのデジタルカメラ向けにはpkTriggerCordというリモート制御アプリケーションがあるようです。

http://pktriggercord.sourceforge.net/

Entangleを使ってカメラと握手!

では,カメラとPCを接続してみましょう。カメラの電源を入れてPCとUSBケーブルで接続します注3)⁠

PC側では,Dash検索や端末で「entangle」と入力してEntangleを起動します。自動的にカメラに接続されますが,うまくいかなければメニューより「カメラ」⁠⁠connect」でカメラと接続してください。

図3 カメラの選択

図3 カメラの選択

接続に問題がなければ,カメラ側のシャッターボタンを押して撮影してみてください。右側ペインに撮影した画像が表示されるはずです。

図4 左側ペインにカメラの情報が,右側ペインに画像が表示される

図4 左側ペインにカメラの情報が,右側ペインに画像が表示される

CanonやNikonの一部のリモート制御に対応したカメラでは,左側にカメラの撮影設定などが表示され,⁠カメラ」⁠⁠キャプチャ」またはショートカットのSキーを押すだけでPC側から撮影することができます。Entangleに表示された画像を確認しながら,撮影設定を変更してSキーを押すだけで撮影できるので便利です注4)⁠

図5 カメラのアイコンでも「キャプチャ」できる

図5 カメラのアイコンでも「キャプチャ」できる

注3)
カメラの電源の自動オフ機能が有効になっているとEntangleとの接続が切れてしまうので,自動オフ機能を切っておくか長時間に設定しておくのが良いでしょう。
注4)
カメラ撮影設定の日本語翻訳の質が低いのはlibgphoto2によるものです。見える範囲の翻訳はLaunchpadで修正しておいたので,Ubuntu 14.04以降であれば少しはましになっているかと思います。あまり質が良いとは言えないので,写真用語などに詳しい方の翻訳の提案お待ちしてます。写真用語を知らないと難しく,⁠Landscape」という単語を翻訳する際に,印刷などでの「横向き」と訳すと不正解で,カメラの撮影モードの「風景」が正解というケース等あるのです。

著者プロフィール

黒瀬修史(くろせしゅうし)

Ubuntu Japanese TranslatorsメンバーでUbuntuをはじめ他のアプリの翻訳も幅広く行っている。最近なかなか翻訳の時間が取れないのが悩み。

コメント

コメントの記入