Ubuntu Weekly Recipe

第347回 Ubuntu GNOME 14.10の変更点

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

拡張機能

まず,Webブラウザーのプラグインの都合上GNOME Shell Extensionsにアクセスする場合はFirefoxか別途インストールしたWeb(Epiphany)を使用してください。Chrome/iumでは拡張機能のインストールができなくなりました。原因はFlashのプラグインが使用できなくなったのと同様です。また,Firefoxでは拡張機能のチェックも行われるようになりましたので,有効にする必要があります。

執筆段階ではAppIndicator SupportDash to DockTopIconsも動作しましたが,今後拡張機能の開発によって動作しなくなる可能性はあります。

前述のとおり今回からは天気アプリも追加されましたが,これは常時表示されていても良い情報です。と言うわけで,Weatherという拡張機能もおすすめです注5)⁠サスペンドを常用する場合は,Suspend Buttonをインストールしておくと良いでしょう。

注5)
Ubuntu GNOME 14.04で使用する場合は,事前に⁠gir1.2-gweather-3.0⁠をインストールしておいてください。

拡張機能は他にもたくさんありますので,お好みのものを探してみてください。

GNOME Flashback

gnome-session-flashbackパッケージをインストールし,ログイン時に⁠GNOME Flashback (Metacity)⁠を選択すると,GNOME Flashbackが使用できます。14.04との変更点はいろいろありますが,おそらく気づくところはないのではないかと思います。大きな変更点としては,MetacityがGTK+ 3.xにポートされました。相変わらずテーマの配色は見にくいので,⁠clearlooks-phenix-theme⁠パッケージをインストールしてTweak Toolを起動し,⁠外観]の設定を変更すると良いでしょう。

より完全なGNOME 3.12とGNOME 3.14

より完全なGNOME 3.12にするために,GNOME 3 PPAが用意されています図10)⁠意図したとおりに動作するのか,一度仮想環境で試してみると良いでしょう。GNOME 3 PPAGNOME3 Stagingを両方有効にするとGNOME 3.14にすることもできます。

図10 GNOME 3 PPAを有効にするとGNOME端末は設定画面が大きく変わる。geditは見てのとおりヘッダーバーを採用してまったく違うものに見える

図10 GNOME 3 PPAを有効にするとGNOME端末は設定画面が大きく変わる。geditは見てのとおりヘッダーバーを採用してまったく違うものに見える

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。