Ubuntu Weekly Recipe

第373回 公式フレーバーとなったUbuntu MATE 15.04のポイント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回は新たに公式フレーバーになったUbuntu MATE 15.04の変更点をおさらいします,と言いたいところですが,基準となるバージョンを何にすれば良いのかよくわからないので,ざっくばらんに解説します。Raspberry Pi 2にインストールする方法も紹介します。

公式フレーバーと非公式フレーバーの違い

Ubuntu MATEはこの15.04から公式フレーバーになりました。最初に登場したのは14.10ベースで,その後14.04ベースが登場してそちらに開発の舞台が移りました。リリース後も継続して開発,というのは公式フレーバーでは困難なため,通常は行いません。ちなみに開発というのは新規のパッケージを追加したりすることです。非公式フレーバーではPPA経由で新しいパッケージのインストールなどが行え,その開発の成果はこの15.04にも取り込まれています注1)⁠

注1)
換言すれば,14.04と15.04のUbuntu MATEにはあまり大きな違いはありません。

Ubuntu MATEは当然のことながら今後の開発が進むわけですが,その成果は14.04と15.10に取り込まれていくことになります。つまりは公式フレーバーと非公式フレーバーの違いはそこにあるわけです。

開発面ではなくインフラ面で見ると,公式フレーバーのメリットは絶大です。一番大きいのはisoイメージの配布でしょう。公式フレーバーだと世界各地にミラーがありますが,非公式フレーバーだと自前で用意する必要があり,絶対的に数が少なくなります。サーバーと回線を用意するのは即座にコストに直結します。

MATEのバージョン

MATEのバージョンは1.8であり,Ubuntu MATEの初リリースから変わっていません。

余談ですが次のバージョンは1.10であり,本稿執筆時点で現在開発が進んでいます。このペースだと15.10からは1.10になるものと予想されます。

ダウンロードとインストール

ダウンロードはダウンロードのページから行ってください。14.04,15.04,Raspberry Pi 2のイメージの3つから選択できますが,今回は15.04にします。

インストール方法はUbuntuや他のフレーバーと同じなので省略します。

CloudTop

Ubuntu Minimalからインストールした場合,⁠Ubuntu MATE cloudtop]というタスクがあることに気がつきます図1)⁠これはデフォルトの[Ubuntu MATE desktop]から,CompizやローカルのPCでしか使用しないようなパッケージなどを削除したものであり,その名のとおりクラウド上にインストールするデスクトップ環境を意図しているものと思われます。

図1 Ubuntu Minimalからインストールした際に表示されるタスク(定義済みソフトウェアコレクション)

図1 Ubuntu Minimalからインストールした際に表示されるタスク(定義済みソフトウェアコレクション)

インプットメソッド

Ubuntu MATEにはインプットメソッドはありません。よって,FcitxなりIBusなりお好きなものをインストールすると良いでしょう。Fcitxの場合は,端末を起動して以下を実行し,一度ログアウトして再ログインすると使用できるようになります。設定方法などはwikiも参考にしてください。

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc

ATOK X3が眠っている場合,復活させるのも良いかもしれません。が,なにせ古いのでインストールは一筋縄では行きません。簡単にインストールできる方法を同人誌に書いたので,適宜参照いただければと思います注2)⁠

注2)
32bit版にインストールする方法を紹介しています。64bit版でないことにご注意ください。

ついでに筆者は最近libkkcにハマっており注3)⁠この原稿もfcitx-kkcで書いています注4)⁠主としてFedoraで採用しているので,ご存じの方もいるでしょう。インストール方法は筆者のブログで紹介しています注5)⁠Mozcと比較すると若干劣る部分は認めなくてはいけないものの,わりとスムーズに入力できています。

注3)
自分でATOKキーバインドを用意したことにより,普通に使えるようになりました。筆者はATOKキーバインドでないと生きていけないのです。
注4)
Ubuntu 15.10からは普通にインストールできるようになるはずです。
注5)
と言うか,この原稿は筆者が用意したATOKキーバインドで違和感なく打てるか確認のために執筆していたりするのですが,絶対に内緒です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入