Ubuntu Weekly Recipe

第374回 Synfig Studioで2Dアニメーションを作ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回は2Dアニメーションを作ることを目的として,Synfig Studioというソフトウェアをご紹介します。

Synfig Studioとは

Synfig Studioは映像を作成するためのソフトウェアです。2Dに特化しています。映像作成と言えば,本連載ではすでに映像編集を目的としたKdenliveLiVESPiTiViなどのソフトウェアを紹介していますが,Synfig Studioはそれらとは異なり,映像素材を作成する用途に適しています。

Synfig Studioをインストールするには,まずUbuntuソフトウェアセンターでsynfigstudioをキーワードに検索します。見つかったらインストールします。

図1 Ubuntuソフトウェアセンターにおける表示

図1 Ubuntuソフトウェアセンターにおける表示

「synfig-examples」パッケージでサンプル集が提供されているので,同様にインストールしてしましょう。このパッケージは,/usr/share/doc/synfig-examples/examplesにサンプルプロジェクトファイルをインストールします。

一通りインストールしたら,UnityのDashにキーワード「synfigstudio」を入力して起動します。

ユーザーインターフェイスの説明

Synfig Studioのウィンドウは,複数のフローティングウィンドウで構成されています。ウィンドウの役割をわかりやすくするため,サンプルの一つである「z_depth_test.sifz」を見ながら説明します。一番左に配置される縦長のフローティングウィンドウから,⁠ファイル(F)」「開く(O)」とたどり,⁠/usr/share/doc/synfig-examples/examples/z_depth_test.sifz」を読み出してください。読み出すと,下図のようなウィンドウが出現します。

図2 Synfig Studioのキャンバス

図2 Synfig Studioのキャンバス

これはキャンバスと呼ばれます。まず,このソフトウェアの目的であるアニメーションを確認しましょう。キャンバス下部の再生アイコン(右向き三角アイコン)をクリックしてください。2つのトーラス(のように見える環)が交互に入れ替わるアニメーションが表示されます。ユーザーの行う操作のうち,位置に関するものは,このキャンバスで行います。キャンバスのメニューは,少々わかりにくいですが,左上のメニューアイコン(右向き三角アイコン)をクリックして表示します。ファイルを開いたり,保存したり,後述のレイヤーを追加したり,といったメニューが用意されています。

キャンバスの左にある縦に長いウィンドウは,ツールボックスと呼ばれます。Synfig Studio全体の設定や,キャンバスにオブジェクトを配置する際のツール,レイヤーの重ね合わせモードや透過度などのデフォルト設定を行います。

図3 ツールボックス

図3 ツールボックス

キャンバスの右の縦に長いウィンドウは,見た目のまま垂直ドックと呼ばれます。同様に水平のウィンドウは水平ドックです。ドックはパネルを含んでいます。パネルはそれぞれ固有の役割を持っています。以下に,よく使うパネルを,具体的な説明も併せて列挙します。なお,パネルはドラッグ&ドロップで,ドック内配置を変更したり,ドック外に出したりできます。

レイヤーパネル

Synfig Studioでは,キャンバスに描かれるものをすべてレイヤーとして管理します。レイヤーの階層構造を表示するのが,レイヤーパネルです。レイヤーはグループ化することで階層構造を持つことができます。

図4 レイヤーパネル

図4 レイヤーパネル

レイヤーには,エレメントとフィルターという2種類があります。エレメントは円や矩形などの事物のレイヤーです。フィルターは属するグループに画面効果を適用するレイヤーです。z_depth_testサンプルを参考に,具体的に見てみます。

z_depth_testサンプルは2つのレイヤーグループと2つのレイヤーを持ちます。このうちBlueというレイヤーグループに着目します。このグループはキャンバス上における水色の円環を表現しています。グループを展開してその階層構造を見ると,Shade,Bevel,Hole,Blue Circleの4つのレイヤーで構成されています。ShadeとBevelはフィルターレイヤー,HoleとBlue Circleはエレメントレイヤーです。

レイヤー左のチェックボックスを外すと,キャンバスに描画されなくなります。試しにShadeのチェックボックスを外すと,水色の円環の影が描画されなくなります。同様にBevel,Hole,Blue Circleのチェックボックスを外すと,それぞれの効果あるいは事物が描画されなくなります。

ここで着目したいのは,こういった操作がPurpleレイヤーグループなどに影響しないことです。フィルターの効果は,グループ内に閉じることがわかります。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入