Ubuntu Weekly Recipe

第375回 OpenStack Roadshow Tokyoレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

今回のRecipeはいつもと異なり,2015年5月12日(火)に開催された「OpenStack Roadshow Tokyo」の様子をお伝えします。

OpenStack Roadshow Tokyo

このOpenStack Roadshowは平たく言うと,CanonicalのFounderであるマーク・シャトルワース氏が世界各地に訪れて「UbuntuだとOpenStackがこんなに便利に使えるよ」ということを伝えるツアーイベントです。

今回は初のアジアツアーとして,5月5日のシンガポールから始まり,香港,台北,ソウルを経て,最終日の東京までを約1週間でまわるスケジュールでした注1)⁠ちなみに初日の前日である5月4日にはUbuntu Online Summitのプレイベントを行い,シンガポールのホテルから次のコードネームが「Wily Werewolf」であることをアナウンスしていたりします注2)⁠

注1)
ソウルと東京の間に,京都の観光もしてきたようです。
注2)
そのため日本時間で深夜から明け方に行われる通常のUOSと異なり,プレイベントは14:00 UTC(日本時間で23時)というとても「早い」時間に始まっていました。

東京会場は六本木のグランドハイアット東京注3で,70人から80人ぐらいの参加者相手に2時間近くシャトルワース氏がしゃべり続けるという体裁でした。

注3)
関東のUbuntuリリースパーティなどのイベントでいつもお世話になっているGREEさんのお隣です。

図1 会場の様子:壇上の垂れ幕

図1 会場の様子:壇上の垂れ幕

図2 会場の様子:ほぼ満席状態

図2 会場の様子:ほぼ満席状態

図3 会場の様子:軽食や飲み物が用意された

図3 会場の様子:軽食や飲み物が用意された

OpenStack in Action

開発コミュニティが成熟し大きくなってきたOpenStackにとって,目下の課題は「いかに活用するか」です。

図4 マーク・シャトルワース氏

図4 マーク・シャトルワース氏

シャトルワース氏は,どんな企業も競合他社や新興企業から挑戦を受け,その市場や技術において破壊的イノベーションが起きうる時代であることを踏まえて,いかに素早く経済的にビジネスを進化させるが重要になっていると語ります。たとえば衛星放送やCATVといった本来クラウドとは関係ない伝統的な企業であってもNetflixなどに勝負を挑まれていますし,迅速さや経済性が求められています。

コストを下げるうえで,原材料費のマージンはほとんどなくなっているのに対して,運用コストのマージンはまだ余裕があります。運用を自動化することで,数人のオペレーターが何千何万ものサービスを運用できるようになれば,このマージンを改善できます。

この分野にこそ,Ubuntu/OpenStackを活用する余地があるとシャトルワース氏は述べていました。

また,OpenStackである理由として,まず事実上すべてといって良いベンダーがサポートしているほどこの業界における明らかな勝者になりつつあること,そしてUbuntuはOpenStackに早くから標準のリファレンスプラットフォームとして参加していたことを挙げています。その結果,OpenStackユーザーの三分の二もの企業がUbuntu上でOpenStackを使うようになっているのです。

図5 本番環境でUbuntuとOpenStackを使っている企業

図5 本番環境でUbuntuとOpenStackを使っている企業

しかしながらOpenStackには数多くの機能が追加されてきた故に,複雑さが増しています。その複雑さはまさしく「Frustration as a Service」であるとシャトルワース氏は言います。その複雑な操作のために余分に人員を割くのでは,コスト削減の意味がなくなってしまうのです。

UbuntuではOpenStackの根幹とも言えるNetwork,Compute,Storegeに注力することで,自動化によるインストールの簡単さとオペレーションの効率化を追求しているそうです。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入