Ubuntu Weekly Recipe

第394回 Ubuntu Personalを少しだけ遊んでみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

第392回のSnappy Ubuntu Coreを試してみるでは,Ubuntuの新しいイメージとして ⁠Snappy Ubuntu Core」を紹介しました。このSnappyシステムは今のところ組み込みやクラウドを ターゲットに開発を行っていますが,将来的にはデスクトップやUbuntu Phoneにもその対象を広げる予定です。そこで今回はSnappyのデスクトップ版とも言える「Ubuntu Personal」を試してみます。

Ubuntu Personal = Snappy + Ubuntu Desktop

「Ubuntu Personal」はSnappy Ubuntu Core上で次世代デスクトップ版のUbuntuを動作するようにした イメージです※1)⁠

※1
今のところ「Ubuntu Personal」という用語が正式に告知されたわけではありません。しかしながら開発者の間やイメージサーバーの名前として既に「Ubuntu Personal」が使われています。16.04のリリースまでに全然違う名前になるかもしれませんので,ご注意ください。

第392回でもお伝えしたように,Snappyは標準でロールバック機能や個々のアプリケーションの隔離機能を備えたインストール済みのイメージファイルです。つまりUbuntu Personalのインストールは,これまでのような「Liveイメージからインストーラー経由でパッケージをインストールする」という 形ではなく,⁠イメージをダウンロード・展開し設定する」というクラウドに近いインストール方法に転換することになります。

また「次世代デスクトップ版」とはMirとUnity8で構築されたデスクトップ環境を意味します。Mirは数十年にわたり使われてきたX Window Systemを置き換える新しいディスプレイサーバーです。KMS(Kernel Mode Setting)やDRM(Direct Rendering Manager)といったカーネル側の機能とより親密に連携することで 描画処理をシンプル,効率化しています。目指すところはWayland/Westonとほぼ同じです。

Unity8は現在も通常のUbuntuで使われているUnityの新バージョンです。新バージョンとは言っていますが,Qtベースで新規に書きなおされた,まったく別のソフトウェアといって差し支えないでしょう。検索ベースの従来のインターフェースに加えて,⁠コンバージェンス(Convergence)⁠という概念を導入し, スマートフォン・タブレット・デスクトップいずれも同じアプリが,それぞれの画面サイズに適したレイアウトで 使えるようになっています。

Mir+Unity8の組み合わせは既にUbuntu Phoneでも採用していますし,Ubuntu Phoneで使われているということは 製品として出回っている実績あるシステムであるということでもあります。実際,Ubuntu Phoneの開発版イメージでは,Bluetoothマウスやキーボードをタブレットに接続すると, デスクトップライクなマルチウィンドウモードになる仕組みが搭載されています。また,Nexus 4のMHL端子からHDMLディスプレイに接続すると外部ディスプレイモードになる, コンバージェンスの目標が形になってきました

もともとMir+Unity8版のUbuntuはSnappyとは別にUbuntu Desktop Nextとして提供されていました。こちらは普通のUbuntuをベースにディスプレイサーバーやデスクトップUIを差し替えただけのものです。普通のUbuntuなのでapt-getも実行できます。ただしMirの制約により,IntelのGPUが搭載されたマシンか, VMWare上の仮想マシンでないと動作しません。このUbuntu Desktop Nextは15.04のリリース後あたりに 開発版の作成を停止し,その代わりに提供されるようになったのがSnappy版のUbuntu Desktop Nextである ⁠Ubuntu Personal」というわけです(Topicsの6月19日号※2)⁠

Ubuntu Personalは来年4月にリリース予定の,次のLTSになるであろうUbuntu 16.04 LTSにおいて, それなりの形になった環境を提供する予定です。今はまだUbuntu PhoneとSnappyの本体に開発リソースが注がれているため まだ「使える」とは程遠い状態ですが,15.10がリリースされたあとは本格的に開発が進むことになるでしょう※3)⁠

※2
LXCを使ったUnity8inLXCもこのUbuntu Desktop Nextを利用しているため, Mir+Unity8の環境としては古いものになります。
※3
Topicsでも何度か言及されていますが,Ubuntu 16.04 LTSでの「標準のデスクトップ環境」は 従来のUnity7とX Window Systemのままになる予定です。16.04ではUbuntu Personalはテスト用という 位置づけで提供されます。そのあとについては未定ですが,少なくともLTSのサポート期間である5年間は 従来のUbuntu環境がそのまま提供されるはずです。

Ubuntu Personalのインストール

では,そのUbuntu PersonalをUbuntu上のQEMU/KVMで試してみましょう。第392回では構築済みのQEMUでも起動できるディスクイメージをダウンロードして起動しましたが, Ubuntu Personalのディスクイメージは提供されていません。そこでubuntu-device-flashコマンドで, UbuntuのシステムイメージーサーバーからイメージをダウンロードしてQEMUでも 起動できるRAWイメージに変換します※4)⁠

※4
このイメージサーバーはUbuntu Phoneでも使われている仕組みで, サーバー上にあるJSONファイルの情報を元に,最新のイメージをダウンロードします。

環境はUbuntu 14.04 LTS以降で,なおかつKVMが動作する環境であればいずれでもかまいません。理由は後述しますがノートPCの場合は,USB接続の外付けマウスもあったほうが良いでしょう。ただしリポジトリにあるubuntu-device-flashのバージョンは古いため,PPAからインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:snappy-dev/tools
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install snappy-tools qemu-kvm

ではさっそくRAWイメージを作成してみましょう。

$ sudo ubuntu-device-flash personal rolling --channel edge -o personal_x86.img --developer-mode
(中略)
New image complete
Summary:
 Output: personal_x86.img
 Architecture: amd64
 Channel: edge
 Version: 121

ubuntu-device-flashコマンドは,コマンドオプションでイメージサーバーのURLを決定します。上記の例の場合,⁠personal」サブコマンドを使って「rolling」リリースの「edge」チャンネルを指定しています。これはURLにすると「https://system-image.ubuntu.com/ubuntu-personal/rolling/edge/」です。アーキテクチャも指定したい場合は「--oem」オプションを使用してください。

このURLからおよそ500MB程度のデータをダウンロードします。実行時は高速なインターネット環境を用意しておきましょう。イメージサーバーからダウンロードしたデータは「~/.cache/ubuntuimages/」以下に保存されます。これはUbuntu Touchデバイスに対してubuntu-device-flashコマンドを使った時も同様です。

作成するイメージのサイズは10GBです。⁠--size」オプションで変更できます。⁠--developer-mode」を指定することで,SSH関連の設定が行われます。

イメージの起動は第392回と同じく,kvmコマンドで行います。:

$ kvm -m 2048 -vga qxl -redir :8022::22 personal_x86.img

メモリ(-mオプション)は最低でも1024あたりを指定したほうが良いでしょう。第392回との違う点として「-vga qxl」オプションを指定しています。これはビデオカードタイプを指定するオプションで,QXLはリモートデスクトッププロトコルであるSPICEに 最適化されたフレームバッファーデバイスです。今のところKVM上のMirはQXLでしか動作しません。他のvgaオプションを指定した場合は, 自動的に通常のログイン画面に遷移します。

うまく起動すれば,Unity8 Greeterの画面が表示されるはずです。

図1 Unity8のGreeter。これはUbuntu Phoneのロック画面と同じ

画像

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入