Ubuntu Weekly Recipe

第404回 2016年のデスクトップ環境

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新年あけましておめでとうございます,という挨拶にはちょっと遅い時期になってしまいました。

本連載は8年目となりますが,今年はUbuntuにとって節目の年になるのではないかと考えています。それを踏まえつつ,さまざまなレシピをお届けして参りますので,本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最初の記事は昨年と同じように,Ubuntuで使用できるデスクトップ環境についての情報をまとめて取り上げます。

Unity 7/8

やはり昨年のうちにUbuntuデフォルトのデスクトップ環境をUnity 8にするというのは無理があるプランだったらしく,16.10に延期になりました。また昨年の記事で「今年中にはUnity 8がデスクトップで動作するようにはなるでしょう」と言及したものの,結局そうはなりませんでした。今回あらためて試してみましたが,タイミングの問題があるのか手元の環境では動作しませんでした。しかし,わりと簡単かつ安全に試すことができますので,挑戦してみるのも面白いでしょう。

16.04 LTSはUnity 7でリリースされるのは間違いないのですが,順調に16.10からUnity 8になったとして,Unity 7はどうなるのかというのは気になるところです。16.04 LTSリリース後5年間はメンテナンスされるのは間違いありませんが,それはそれとしてUbuntuがUnity 8になっても,中国向けのフレーバーであるUbuntu Kylinは当面Unity 7のまま行くのではないかというのが筆者の予想です。ピュアUnity 7フレーバーみたいなのもリリースされるのではないかとも予想していますが,はてさて,どうなるでしょうか。

とはいえ,Unity 8への移行は極めてチャレンジングで,実に楽しみではあります※1)⁠

※1
もっとも,30%くらいは17.04に先送りされるのではないかと思っていたりもするのですが……。

GNOME

昨年はGNOME 3.163.18 Gothenburgがリリースされました。今年は3.20と3.22がリリースされるでしょう。

ちょっと面白いのは,3.18にはコードネームがつけられたことです。由来はリンク先のリリースノートをご覧ください。そしてこの3.18 GothenburgがUbuntu GNOME 16.04 LTSとしてリリースされるでしょう。

最近はWaylandサポートに開発の比重が移っていて,もしかしたら今年中にもデフォルトに持っていけるところまで行くかもしれません※2)⁠

※2
少なくともUnity 8よりは確度が高いと思わせるものがあります。

GNOME FoundationのAnnual Report(PDF)を読んだところ,昨年は資金難に陥るどころか,久しぶりの黒字決算だったようです※3)⁠

※3
企業からの収入と人件費が減っているのが気になるところではありますが,個人の寄付が増えているのはThe Document Foundationも同様なので,最近のトレンドなのだと思われます。

UbuntuでGNOMEを使用していて困るのはAppIndicatorのサポートがないことです。これはもともとUnityのトレイアイコンのライブラリとして開発されましたが,現在はStatusNotifierItemとして標準化され,KDEでもサポートしています。また,拡張機能はメンテナー募集中であり,GNOME Shellに実装される見込みもなしというのが現状です※4)⁠

※4
筆者はやはりGNOME Shellでサポートするべきものだと思うのですが,いかがでしょう。

KDE

昨年も言及しましたが,KDEは現在KDE Frameworks,Plasma,KDE Applicationsの3つをリリースしています。それだけ細かく分かれているとリリース回数も多くなります。次の表にまとめてみました(開発版は除いています)⁠

日付 分類 バージョン
1/8 Frameworks 5.6.0
1/13 Applications 14.12.1
1/27 Plasma 5.2
2/3 Applications 14.12.2
2/14 Frameworks 5.7.0
2/24 Plasma 5.2.1
3/3 Applications 14.12.3
3/13 Frameworks 5.8.0
3/24 Plasma 5.2.2
4/10 Frameworks 5.9.0
4/15 Applications 15.05
4/28 Plasma 5.3.0
5/8 Frameworks 5.10.0
5/12 Applications 15.04.1
5/26 Plasma 5.3.1
6/2 Applications 15.04.2
6/12 Frameworks 5.11.0
6/30 Plasma 5.3.2
7/1 Applications 15.04.3
7/10 Frameworks 5.12.0
8/12 Frameworks 5.13.0
8/19 Applications 15.08
8/25 Plasma 5.4.0
9/8 Plasma 5.4.1
9/12 Frameworks 5.14.0
9/15 Applications 15.08.1
10/6 Plasma 5.4.2
10/10 Frameworks 5.15.0
10/13 Applications 15.08.2
11/10 Plasma 5.4.3
11/13 Frameworks 5.16.0
12/8 Plasma 5.5.0
12/12 Frameworks 5.17.0
12/15 Plasma 5.5.1
12/16 Applications 15.12
12/22 Plasma 5.5.2

バージョン番号から察せるようにApplicationsのバージョンはUbuntuと同じく年と月なので直接の比較は難しいですが,Frameworksのバージョンの上がり方がすさまじいです。この表を見ると3つに分けてリリースするのは正解であることがよくわかります。『伽藍とバザール』「はやめのリリース,しょっちゅうリリース」を思い出しました。

KDE PlasmaもWaylandに力を入れていて,5.4ではテクノロジープレビューがリリースされました。Wikiには,なぜMirではないのかも説明されています。

KDEとは直接関係ありませんが,ついにQt 4.8.7をもって4系列が昨年いっぱいでサポート終了を迎えました。Debianから削除される予定もあり,そうなるとUbuntuからもなくなります※5)⁠

※5
VirtualBoxMozc(Google日本語入力)など,よく使われているアプリケーションでも現時点でQt 4のままのものがあります。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入