Ubuntu Weekly Recipe

第453回 2017年のデスクトップ環境

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本連載は9年目を迎え,453回を数えるまでになりました。皆様のご愛顧にただただ感謝するばかりです。1年間が何週間かは算出方法によって違いますが※1),今週は2週目,今年掲載される最終日はおそらく12月27日で52週目です。途中2週ほど休むと思われるので,ギリギリ年内には500回を迎えられる見込みです※2)。

※1
LibreOffice Calcにはweeknumとisoweeknumとweeknum_excel2003の3つの関数があります。今回はweeknum関数で算出しました。
※2
もちろん,さまざまな事情によりそうならない可能性もあります。

今回も昨年と同じように,Ubuntuで使用できるデスクトップ環境についての情報をまとめて取り上げ,今年の連載を開始することにします。

Unity 7/8

実のところそうなるのではないかと思っていましたが,結局Unity 8がデフォルトになるのは17.04以降に持ち越しとなりました。しかし18.04がLTSであることを鑑みると,待ったなしで今年中にはUnity 8をデフォルトにする必要があります。次のLTSでもUnity 8を見送ることになるのであれば,このプランの完遂は不可能ではないかと思うくらいには引っ張りすぎました。

Unity 8に関しては第447回が参考になります。

Unity 7は粛々と主役から退いていくのかと思いきや,HiDPIサポートの改善など便利そうな変更点があるので,全く先が読めません。

GNOME

GNOMEは昨年3.20と3.22がリリースされ,順調に改良が進んでいます。この2リリースでWaylandサポートが完了し,Fedora 25ではついにWaylandセッションがデフォルトになりました※3)。なかなかに感慨深いものがあります。

※3
Waylandに対応していない仮想マシンなどでは,今までどおりX Window Systemで動作します。

GNOMEの次の目標はどのあたりになるのかはわかりませんが,ヒントとしてはGTK+ 4の話が出てきたので,今年からサポートを開始するのではないかと思われます。本題とは逸れるので詳細には記しませんが,GTK+ 4に関しては今までとは異なり,かなりアグレッシブに開発されるモデルに変更するようです。

KDE SC

昨年も述べたようにKDE SCは3つのコンポーネントが頻繁にリリースされます。それはとてもいいことではあるものの,ユーザーにとっては何を使ったらいいのかわかりにくいという面があるのは否めません。そのためなのかどうかはわかりませんが,KDE Plasma 5.8 LTSが昨年リリースされました,LTSはやはりLong Term Supportの略で,スケジュールによると18ヶ月間サポートが継続するようです。これでKDE FrameworksもKDE Applicationsもある程度はバージョンが固定されるため,格段にわかりやすくなったのではないでしょうか。もちろんこれは一般論で,Kubuntuでは関係ありません。

そう考えると,UbuntuベースでKDE SCの最新バージョンを試したい場合は,KDE neonにしておくのが無難と言えそうです。

KDE SC関連で興味深い動きといえば,Plasma Mobileもあります。

KDE Applicaions 16.12のリリースノートを読む限り,アプリケーションのKDE Frameworksへのポーティングをひととおり完了したようです。その中には著名なドキュメントビューアーであるOkularも含まれています。KDEは全く関係ありませんが,あと残りはLibreOfficeくらいのものでしょう。

KDE SCは今年もアグレッシブに開発が続けられるでしょうが,KDE PlasmaもKDE Applicationsも一つの節目を迎えているため,Waylandサポートの強化など今後必要になる改善に力を割いていくことになることでしょう。

Xfce

Xfceは予想どおり4.14のリリースはありませんでした。GTK+ 3へのポーティングを完了した後のリリースになることを考えると,年内のリリースも厳しいと思われます。しかしXfceの将来のためには必要な作業なので,じっくりでも確実にやっていただきたいところです。

実はXfceはDPIを個別に指定できます図1※4)。よって,そのようなことは全く意図されていなかったとは思うものの,HiDPIディスプレイでは使いやすかったりします。このあたりから興味を持って開発に参加する人が増えはしないかと願ってやみません。

図1 [カスタムDPI設定]でDPIを指定できる

画像

※4
筆者が知る限りではKDE SCでもできますが,UnityやGNOME Shellではできません。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入