Ubuntu Weekly Recipe

第474回 UbuntuとdarktableではじめるRAW現像入門

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

darktableのワークフロー

それでは実際にRAW現像のワークフローを追いながら,darktableを使ってみましょう。ライトテーブルでフィルムロールやコレクション(後述)から写真を選択して,ダークルームで現像し,エクスポートするのが基本の流れとなります。

コレクションに写真をインポートする

まずは写真をインポートします。ライトテーブルビューを開き,左側パネルのインポートパネルをクリックしてください。インポートは画像1枚ごとでもフォルダごとでも可能です。今回は撮影日ごとに分類された複数のサブフォルダを含む,Picturesフォルダをまるごと指定しました。

この時,デフォルトでは指定したフォルダの直下にあるファイルのみが対象となり,サブフォルダの中身はインポートされないことに注意してください。フォルダを再帰的にインポートしたい場合は「インポート・オプション」「ディレクトリを再帰的にインポート」にチェックをつけてください。今回の例ではPicturesフォルダ直下にはサブフォルダ以外のファイルは含まれていないため,このチェックを忘れると写真は一枚もインポートされません。

図6 フォルダをまるごとインポートする。

画像

図7 デフォルトでは指定したフォルダ直下のファイルしか対象としないため,再帰的にインポートのチェックをつける。

画像

「JPEGファイルを無視します」にチェックをつけると,JPEGファイルをインポート対象から除外します。RAW+モード※4で撮影している場合はこのオプションを指定するとよいでしょう。

※4
RAWとJPEGを同時に記録する撮影モードをRAW+と呼びます。RAWでオリジナルデータは保存しておきたいけど,現像めんどくさいし,とりあえずJPEGもほしいんだよね,みたいな時に利用します。

「インポートにメタデータを適用」にチェックをつけると,インポート時に写真に指定したメタデータを追加できます。撮影者情報や特定のタグを一括して付加したい場合に有効です。

フィルムロールとコレクション

darktableはフィルムロールという単位で写真を管理します。これはdarktable上で写真を管理するための仮想フォルダーです。ディスクから写真をインポートすると,インポート元の実フォルダー名をベースに,自動的にフィルムロールが作成され,その中に写真が登録されます。ここで重要なのは,あくまで仮想的なフォルダーに,実ファイルの情報のみが登録されているということです。写真の物理的なコピーが作成されるわけではないため,インポート元のファイルを削除すると写真は読み込めなくなってしまいます。

図8 インポート元のフォルダーと作成されたフィルムロール。

画像

フィルムロールに登録された写真を,さらに細かい条件によってフィルタできます。このフィルタを「コレクション」と呼びます。具体的には「撮影日」⁠撮影者」⁠使ったレンズ」⁠焦点距離」⁠絞り」⁠ISO感度」といったパラメータで絞り込めます。たとえば「PENTAX K-1で今日撮影した写真のうち,ISO感度が3200で絞りがF2.8のもの」といった条件を指定できます。左側ペインの画像コレクションパネルをクリックして,検索ルールを入力します。ルールの右側にある下向き矢印から「検索を絞り込む」をクリックすると,複数の条件でAND検索ができます。

コレクションの検索条件を指定したら,それをプリセットとして保存できます。画像コレクションパネルの右側にあるハンバーガーアイコンから「新しいプリセットを格納します」をクリックします。プリセットの名前をつけるダイアログが表示されるので,わかりやすい名前をつけて「OK」をクリックしてください。

図9 複数の条件でコレクションを作成。

画像

図10 コレクションの検索条件はプリセットとして保存し,いつでも呼び出せる。

画像

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入