Ubuntu Weekly Recipe

第478回 GNOMEオンラインアカウントとNextcloudサーバーの連携

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「ファイル」との統合

図5では,用途が4つ示されていました。わかりにくいのですが,この用途はアプリケーション名となっています。すなわち一番下の「ファイル」は,Nautilusとして知られているファイルマネージャのFilesです。

オンラインアカウントを有効にすると「ファイル」のサイドバーにブックマークが追加されます図7)⁠ここをクリックするとマウントできます。NextcloudサーバーにはWebDAVサーバー機能もあり,⁠ファイル」はWebDAVクライアントとして使用することを意味します。よって「同期」とはすこし違う動きになりますが※1)⁠Nextcloudクライアントをインストールしなくても,またWebインターフェース経由でファイルをアップロードないしダウンロードしなくてもいいわけです。もちろんNextcloudクライアントとも併用できます。

※1
WebDAVなので手元にファイルはなく,サーバーにあるファイルに直接アクセスします。

図7 ⁠ファイル」でマウントしたところ

画像

「ドキュメント」との統合

Ubuntu GNOMEには「ドキュメント」⁠Documents)がインストールされています。起動してみると即座にドキュメントファイルが表示されます図8)⁠

図8 ⁠ドキュメント」はドキュメントファイルのみを表示する

画像

この「ドキュメント」は,オンラインやWebサービスなどさまざまなところにあるドキュメントを一元的に表示するアプリケーションです。そのため今回のようにNextcloudサーバー上にあるファイルのみを表示してもあまりありがたみはありません。ちなみに中身が表示できるドキュメントの形式も非常に限られているため,基本的にはPDFファイルを探しやすくするアプリケーションと捉えるといいのではないでしょうか。

Nextcloudサーバーにアプリを追加する

残りの「カレンダー」「連絡先」ですが,Nextcloudサーバーのデフォルトではこれらの機能が有効になっていません。これらはアプリを追加することによって有効にできます。

NextcloudのWebインターフェースでログインすると左上のロゴの横に「ファイル」があり,ここをクリックすると「アプリ」が表示されるのでこれをクリックします図9)⁠続けて左側にある「共同作業」をクリックすると図10⁠Calendar」「Contacts」が表示されますので,それぞれ「有効にする」をクリックしてください。有効にできると,⁠有効なアプリ」にこれらが表示されます図11)⁠

図9 ⁠ファイル」の横の▼をクリックしてメニューを表示する

画像

図10 左ペインの「共同作業」をクリックし,⁠Calendar」「Contacts」「有効にする」をクリックする

画像

図11 ⁠有効なアプリ」「Calendar」「Contacts」がある

画像

ちなみに第476回の方法でインストールしたNextcloudのsnapパッケージでは,有効にしたアプリは/var/snap/nextcloud/current/nextcloud/extra-apps/にインストールされます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。