Ubuntu Weekly Recipe

第486回 geditのプラグイン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は第32回以来約9年ぶりにgeditを紹介します。

geditがメンテナンス停止?

7月27日にGedit Text Editor is No Longer Maintainedという記事が公開され,geditもこのまま終わるのかと思われました。しかしそのようなことはなく,すぐに2名のメンテナーが見つかったとgeditのサイトで発表されています。

GNOMEは20年の歴史があるデスクトップ環境です。構成するアプリケーションも世運隆替/栄枯盛衰/悲喜交々いろいろありましたが,geditはその中でも老舗中の老舗で,最初にDebianパッケージになったのは1998年5月9日です。思いつくGNOMEアプリケーションを調べてみたところ,これよりも古いのは電卓アプリのgnome-calculatorで,1996年10月15日でした。最初にこのニュースを聞いた時は,このような歴史のあるgeditがなくなってしまうのではないかと残念に思いましたが杞憂で終わりホッとしました。

geditには大きな問題があり,新しいメンテナーによって徐々に解決されていくものと期待していますが,一朝一夕でどうにかなるものではなさそうです。

geditの魅力

geditの魅力は強力なプラグイン機能と断言してもいいでしょう。第32回でも主にプラグインの紹介になっていますし,第390回で紹介したgedit-markdownもプラグインです。もっとも現在はメンテナンスが行われておらず,使用するのが難しくなっています。

geditのフォークはいくつかあります。MATEデスクトップ環境のPlumaとLinux MintのXedです。確認してみると,geditと比較してプラグインが少ないことに気づきます。少し使うくらいならあまり大きな差はありませんが,使い込んでいくとプラグインが多いgeditが便利であることがわかっていきます。

実際にインストールされているプラグインを見ておきましょう。図1がgedit,図2がUbuntu MATEのPluma,図3がLinux Mint 18.2のXedになります。

図1 geditのプラグインは10個

画像

図2 Plumaのプラグインは13個。このウィンドウは拡大縮小できなかった

画像

図3 Xedのプラグインは7個

画像

gedit-plugins

実はgeditにはプラグインのみがまとめられたパッケージがあります。それをインストールすることで,さらにプラグインの数が増えます。その数は29個になります。図4図1と同じプラグインタブですが,筆者のディスプレイの解像度ではすべてを表示できませんでした。

そこで今回は,この29個のプラグインの中で便利なものを紹介します。プラグインはすべて,プラグインタブ(⁠編集」⁠-⁠設定」⁠-⁠プラグイン」⁠の個別のプラグインにチェックを入れることにより有効になります。

図4 gedit-pluginsパッケージをインストール後のプラグインタブ

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入