Ubuntu Weekly Recipe

第536回 Joplinでメモを取る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はさまざまクラウドサービスと連携して使用するオープンソースでマルチプラットフォームなメモ管理ツール,Joplinについて紹介します。

JoplinとQOwnNotes

第530回で紹介したように,Ubuntuでメモを取り,クラウドサービスで同期するツールとして著名なものに,QOwnNotesJoplinがあります。第530回における説明と重複しますが,QOwnNotesもJoplinもオープンソースでマルチプラットフォームなため,Ubuntuを使っていなくても利用できます。

JoplinもQOwnNotesもMarkdown形式でメモを書き,クラウドサービスで同期するのは同じですが,JoplinはownCloud/Nextcloudのほか,WebDAV/Google Drive/Microsoft OneDriveからも選択できます。すなわちownCloud/NextcloudのみのQOwnNotesよりも汎用性が高いです。またWebクリップ機能といってWebブラウザーで表示しているページを取り込む機能や,インポート/エクスポート機能も充実しており,多機能です※1)⁠

※1
JoplinのWebページにはEvernoteの代替としてデザインしたと記述されていますが,実際に代替にするのは難しいように思います。

インストール

早速Joplinをインストールします。Ubuntuで使えるパッケージとしてはAppImage版しかありません。よってReleasesのページから拡張子が「AppImage」のパッケージをダウンロードします。そして右クリックし,⁠プロパティ」「アクセス権」タブにある「実行」にチェックを入れます図1)⁠これでダブルクリックすると起動しますが,⁠Install」というダイアログが表示されます図2)⁠このダイアログは「Yes」をクリックしない限り出続けますが,すこし使うくらいであれば「No」を選択するのがいいでしょう。⁠Yes」を選択すると~/.local/share/applicationsにファイル(appimagekit-joplin.desktop)ができ,メニューから起動できるようになります図3)⁠

図1 ⁠プログラムとして実行可能」にチェックを入れる

画像

図2 ⁠Yes」をクリックするとメニューから起動できるようになる

画像

図3 メニューに「Joplin」が登録されている

画像

AppImageにはアップデートする仕組みがないため,新バージョンをダウンロードするたびに同じことをする必要があります。

基本的な使い方

Joplinを起動すると,左にあるサイドバーに「ノートブックがありません」と表示されています図4)⁠そこで最初に「新しいノートブック」をクリックしてノートブックを作成します。その際にノートブックの名前を決定します。続けて「新しいノート」あるいは「新しいToDo」で,ノートやスケジュール(ToDo)の作成を行います。ノートの各ページが「ノート」⁠それを束ねたものがノートブックと理解するとわかりやすいでしょう。

図4 Joplinの初回起動後。⁠新しいノートブック」をクリックする

画像

ノートやスケジュール(ToDo)はもちろん,ノートブックも複数作成できます。必要に応じて分類するといいでしょう。また,タグをつけることによって分類することもできます。

3ペインのうち一番左側がサイドバーで,⁠Toggle Sidebar」で表示非表示の切り替えができます。中央がノートリストで,実際にMarkdown形式で入力するのは一番右のペインですが,編集時はさらに分割され,右側にプレビュー用のペインが表示されます。Markdown用のペインは「レイアウト」ボタンで表示非表示の切り替えができます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入