Ubuntu Weekly Recipe

第589回 M5StickVの開発用にMaixPy IDEをUbuntuで動かす

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

第587回ではRISC-Vベースの⁠AIoTカメラ⁠であるM5StickVの使い方を紹介しました。今回はM5StickV向けアプリケーションを開発する上で,あると便利なIDEの使い方を紹介しましょう。

MaixPy IDEとは

第587回でも紹介したように,M5StickVはFreeRTOSの上でPythonが動いています。このPythonの実装が,MicroPythonベースのMaixPyです。MaixPyにはM5StickVのハードウェア関連のライブラリも取り込まれていますので,開発者は原則としてMaixPy/Pythonを用いてアプリケーションを作ることになります。

一般的な開発者であれば「自分の好みのエディター・開発環境」があるはずです※1⁠。Pythonである以上,どのエディターでも問題にはならないでしょう。もちろん「公式が推奨するIDE」といった抽象的な選択肢もまた,⁠自分の好み」の範疇です。ただし普通のテキストエディターをテキストエディットの機能だけ使うのであれば,M5StickVの開発は若干手間がかかるかもしれません。なぜなら作ったコードをテストしようとしたら,microSDカードに保存し,M5StickVに接続し,M5StickVをリセットする必要があるためです。

※1
ここで言う「自分の好みの」「なんでも良いと言われたらとりあえず選ぶ」ぐらいの意味でとらえてください。⁠どんな環境であれ自力で移植して使う」ほどの愛の深さは不要です。

ひとつの解は第587回の最後に紹介したMircopython-Editorを使う方法です。要するにM5StickVの実行環境上でテキストエディターを動かし,シリアルコンソール経由でエディットする方法です。実行環境上のファイルをちょっと変更したい場合は便利ですが,より本格的に開発しようとなるといろいろ機能不足な感は否めません。

そこで出てくるのが,今回紹介するMaixPy IDEです。GUIベースのIDEには,Pythonスクリプトの編集・実行機能,簡易的なコード保管機能,シリアルコンソールの取得に加えて,実行時カメラのライブ映像やカラーヒストグラムの表示まで備わっています。

図1 カメラの映像まで表示してくれる

画像

もともとはカメラ搭載マイコン「OpenMV」向け開発環境OpenMV IDEを,M5StickVをはじめとするSiPEED製品用に作り直したものです。OpenMV IDE自身はQtCreatorがベースになっているようです※2⁠。

※2
OpenMV IDE/QtCreatorがベースになっていることから,MaixPy IDEのソースコードも公開されているだろうと探したのですが見つけられませんでした。Python環境であるMaixPyのGitHubサイトにIDE関連の不具合が報告されているため,MaixPy IDEとして公開されているソースコードリポジトリは今のところ存在しないのかもしれません。

MaixPy IDEのダウンロードと実行

MaixPy IDEはM5StickV Quick Startの「MaixPy IDE」からインストーラーバイナリをダウンロードできます。2019年10月5日時点での最新版は「v0.2.4」です。プルダウンメニューから「linux-x86_64-0.2.4.run」を選択してダウンロードしてください。ちなみに120MBほどあります。

ダウンロードしたら実行権限を付けて実行しましょう。端末を開いて次のように実行します。

$ cd ~/ダウンロード
$ chmod +x maixpy-ide-linux-x86_64-0.2.4.run
$ ./maixpy-ide-linux-x86_64-0.2.4.run

GUIのみで行いたい場合はファイルブラウザーから該当ファイルを右クリックし,プロパティの「アクセス権」タブにある「プログラムとして実行可能」にチェックを入れて閉じます。再び右クリックすると「実行」が表示されるので,それを選択してください。

インストール手順自体は単に「次へ」を押していくだけです。

図2 インストールウィザードの開始

画像

図3 インストール先の設定(500MB程度の空きが必要)

画像

表示上は390MBになっていましたが,インストール後にduコマンドで見ると521MBでした。

図4 使用許諾への同意

画像

図5 インストールの開始

画像

図6 進捗状態の表示

画像

図7 インストールの完了とMaixPy IDEの起動

画像

インストールが完了したらMaixPy IDEを起動します。ちなみにMaixPy IDEの中からM5StickVのシリアルコンソールに接続するため,実行者の権限で/dev/ttyUSB0などへのアクセス権が必要です。たとえば第587回で紹介しているようにdialoutグループに所属しておいてください。

端末から直にMaixPy IDEを起動するなら,次のように実行します。

$ ~/maixpyide/bin/maixpyide

うまく起動できるようなら第433回のように.desktopファイルを作っておくとよいでしょう。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。