Ubuntu Weekly Recipe

第556回 SMR方式のHDDでも実用できるか検証する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ベンチマーク

今回は2種類のベンチマークを取ることにしました。

ディスク(GNOME Disks)

まずはおなじみ「ディスク」⁠GNOME Disks)です。サンプルサイズを変えて5回連続で実行し,書き込み速度がもっとも速いものともっとも遅いものを提示します。なお,このベンチマークはランダムアクセスなのでST4000DM004にとっては不利なものになっています。

サンプルサイスを10MBにした上での結果は次のとおりです。このくらいであればキャッシュが効きやすいので数値がばらつくのはある程度しかたない部分です。5回計測したうち3回は図3の数値と近いので,現実に近いのは遅いほうの結果でしょう。

「平均アクセス時間」にも注目してみると,すべてにおいてST4000DM004のほうが遅い(アクセスに時間がかかっている)ことがわかります。

図3 サンプルサイズ10MBにしたST4000DM004での結果のうち書き込みが最遅のもの。読み込みは速い

画像

図4 サンプルサイズ10MBにしたST4000DM004での結果のうち書き込みが最速のもの。読み込みは遅い

画像

図5 サンプルサイズ10MBにしたWD40EZRZ-RT2での結果のうち書き込みが最遅のもの

画像

図6 サンプルサイズ10MBにしたWD40EZRZ-RT2での結果のうち書き込みが最速のもの。図5と比較しても読み込み速度のばらつきは小さい

画像

サンプルサイズを500MBにして再度測定してみましたが,傾向としてはサンプルサイズが10MBの場合とあまり変わりませんでした。ST4000DM004はサンプルサイズがいくつであってもランダムアクセスは苦手であるという当たり前の結論となりそうです。

図7 サンプルサイズ500MBにしたST4000DM004での結果のうち書き込みが最遅のもの

画像

図8 サンプルサイズ500MBにしたST4000DM004での結果のうち書き込みが最速のもの

画像

図9 サンプルサイズ500MBにしたWD40EZRZ-RT2での結果のうち書き込みが最遅のもの

画像

図10 サンプルサイズ500MBにしたWD40EZRZ-RT2での結果のうち書き込みが最速のもの

画像

rsync

筆者が実際に使用している2台のHDDから,それぞれにrsyncを実行してかかった時間を測定しました。こちらは書き込みテストのみで,時間の都合上1回ずつしかテストしていません。

はじめにテストしたのはVirtualBoxの仮想マシンを置いているフォルダーの同期です。数GBから数10GBくらいのデータが多いですが,それ以下のものもあります。データの総量は約2.1TiBです。図11がST4000DM004の,図12がWD40EZRZ-RT2での結果です。図の上部がrsyncの最後に出るログで,下部がtimeコマンドの結果です。図11は1420分,時間に直すと約23.7時間です。すなわちほぼまる一日かかりました。図12は1332分,約22.2時間です。思っていたよりは結果に差がありましたが,通常数GBから数10GBくらいのデータを2.1TiB分一気に書き込むなんてことはしないでしょうから,現実離れしていると考えて差し支えないように思います。現実的に常用している筆者がいうのはどうかと思いますが。

図11 ST4000VN008に仮想マシンを置いているフォルダーを書き込んだ結果

画像

図12 WD40EZRZ-RT2に仮想マシンを置いているフォルダーを書き込んだ結果

画像

続いて筆者のデータフォルダーです。大小さまざまなサイズのファイルが約2.1TiBあります。前出のフォルダーとほぼ同じ使用量なのは偶然です。図13がST4000DM004の,図14がWD40EZRZ-RT2での結果です。図13の1160分は約19時間,図14の1091分は約18時間です。おそらく実際の使用感に近いと考えられるので,この結果を重要視することにしました。

図13 ST4000VN008にデータフォルダーを書き込んだ結果

画像

図14 WD40EZRZ-RT2にデータフォルダーを書き込んだ結果

画像

結論

SMR方式のHDDであるST4000DM004を実際に検証してみて,たしかに従来の方式よりも確実に遅いものの,問題のない速度であるという判断に至りました。もっとも,書き込みだけであって読み込みであればまた別の話ですが。

ランダムアクセスはSSDに,大きなデータはHDDにという傾向は今後も一層強まるでしょうから,容量的に有利なSMR方式のHDDを避けて通るのは難しくなっていくでしょう。あとはタイミングだけです。

というわけで熟慮に熟慮を重ねた結果,ST8000DM004を購入してバックアップ用のHDDとすることにしました図15)⁠

図15 購入したバックアップ用HDD

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。

コメント

コメントの記入