実践!仮想化ソフトウェア 2009

第3回 Citrix XenServerを使ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,オープンソースのXenをベースにしたCitrix XenServerを使った仮想化環境の構築方法を解説します。

Citrix XenServerとは

Cirrix XenServer(以下XenServer)は,GPLでライセンスされているオープンソースのXenをベースにしたCitrix社の仮想化環境です。以前は有償で販売されていましたが,2009年3月から基本的なライセンスは無償で提供されています。そして,高可用性を実現するHAオプションと,物理環境からの移行をサポートするツールなどをセットにした「Citrix Essentials for XenServer」が有償で提供されています。

Citrix XenServer
URL:http://www.citrix.co.jp/products/xenser/xenser.html
Citrix Essentials for XenServer
URL:http://www.citrix.co.jp/products/xenser/es_xenser.html

ベースになっているXenはオープンソースで開発されていますが,元々はXenの開発の中心であったXenSource社がCitrix社に買収されて開発が続けられているので,XenServerはXenの最も有力なディストリビューションと考えてよいでしょう。

その他のXenとの違いは?

Xen自体はハイパーバイザーとして独立しており,ちょうどLinuxカーネルのようなものです。Xenが動作するには,管理のためのシステムとしてドメイン0が必要ですし,各種管理のためのインターフェースやアプリケーションが必要です。

Xenを組み込んだディストリビューションとしては,SUSE Linux Enterprise ServerやRed Hat Enterprise Linuxなどの商用製品がありますし,Oracle VMやStratus Avanceなどの仮想化環境の製品にも組み込まれています。また,Amazon EC2などのクラウド的なサービスのインフラとしてもXenは使われています。

XenServerは,Xenの開発の中心となっている開発者が製品開発に携わっているという点で優位性がありますが,Xenの開発自体がすでに多くの開発者による共同開発になっているので,圧倒的な優位性というわけではないでしょう。

それぞれの製品には特長がありますので,ケースバイケースで使い分けるとよいでしょう。

XenServerを実行するハードウェアの準備

XenServerを実行するハードウェアは,比較的どんなものでも対応しています。これは,Xenのデバイスドライバが管理用のシステムであるドメイン0で動作することに理由があります。ドメイン0には多くの場合Linuxが使用されるため,Linuxが対応しているハードウェアであれば,一通り利用可能となっています。

ネットワークインターフェース

Linuxで使用できるものであれば,概ねどのようなコントローラでも大丈夫でしょう。VMware ESXiではサポートされていなかったRealtek製なども大丈夫です。ただ,サーバ用途で使うのであれば,最近はBroadcom製が多いように思います。

ハードディスクコントローラ

ハードディスクコントローラも同様に,Linuxで標準的にサポートされているかどうかが分かれ目となります。SCSIやSASだけでなく,SATAドライブもサポートされています。

USBメモリからの起動

XenServerでは標準ではUSBメモリからの起動はサポートしていませんが,HP製のハードウェア用に提供されているHP版XenServerは,USBメモリへのインストールをインストーラから行うことができます。

HP版XenServerは,他にローカルコンソールで仮想マシンのコンソールを切り替えて使用できたり,監視エージェントを動作させたりといった付加機能があります。コンソールについては有償ですが,評価ライセンスが切れた後もXenServerそのものは無償で使い続けることができるので,HP製のサーバを使用している人はHP版を試してみるとよいでしょう。

XenServerのインストール

以下の手順に従って,XenServerをインストールします

1.インストールイメージの入手

XenServerは,Citrix社のWebサイトからISOイメージをダウンロードできます。ユーザ登録を行うと,ISOイメージや管理クライアントであるXenCenterなどがダウンロードできます。あらかじめ設定されたDebian GNU/Linuxの仮想マシンテンプレートを提供するLinux Packも,必要に応じてダウンロードしておきましょう。

ライセンスはオンラインアクティベーション方式を取っていますので,この時点では評価版としての入手のみです。

ダウンロードしたISOイメージは,CD-Rなどに焼いておきます。

2.XenServerをインストール

インストールメディアを使って,XenServerをインストールします。インストール手順はLinuxのインストールに似ていますので,Linuxのインストールに慣れている人であればそれほど迷うところはないでしょう。

Linux Packを一緒にインストールする場合には,最初に聞かれますのでYesを選択しておきます。後ほど,インストールの最中にインストールメディアがイジェクトされたら,Linux Packのメディアに入れ替える必要があります。

ネットワークインターフェースの初期設定はインストール時に行います。デフォルトではDHCPに設定されるので,固定IPの設定を行ってください。

NTPの設定もこの段階で行っておきます。ntp.nict.jpなどの公開NTPサーバなどを設定してください。

インストール完了後,再起動します。

3.XenCenterのインストール

管理クライアントのXenCenterをWindowsにインストールします。ダウンロードした.msiファイルをWindowsにコピーしておいてください。インストール自体はウィザードに従って実行するだけです。

4.XenCenterで接続

XenCenterを起動し,XenServerに接続します。初めての接続の場合,サーバ接続を次回以降自動的に行うかを尋ねられますので,必要に応じて設定してください。

また,ライセンスのアクティベーションが要求されます。インストール後は30日間の試用ライセンスになっているので,適宜アクティベーションを行ってください。アクティベーションはWebブラウザで行えます。

図1 初めてXenServerに接続したところ。アクティベーションを行える。

図1 初めてXenServerに接続したところ。アクティベーションを行える。

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。

コメント