インターネットって何だろう?

第33回 IPv4アドレスの割り振り

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

前回は,IPv4アドレス枯渇後にIPv4インターネットとIPv6インターネットの「二つのインターネット」が平行して運用されていくようになることを紹介しました。

今回は,そもそもIPv4アドレスが枯渇するという状況が,どのように発生するのかを紹介します。

そもそもIPアドレスはどうやって割り振りされてるの?

IPv4アドレス枯渇に関して知るには,まず「どうやってIPアドレスが割り振りされているのか?」を知る必要があります。

インターネットにおける識別子であるIPアドレスは,世界で一意である必要があります※1)⁠そのため「アナタはこのIPアドレスを使ってもいいですよ」という割り振りを一括して行う組織が必要になります。インターネットでは,IANA(Internet Assigned Numbers Authority)がグローバルなIPアドレスの割り振りを行っています※2)⁠IANAはIPv4/IPv6両方の割り振りを行っていますが,ここではIPv4の説明だけを行います。

IANAがIPv4で割り振りるのは/8単位のIPアドレスです。/8ということは,16777216個のIPv4アドレスを表現できます。32ビット長のIPv4アドレスには,256個の/8アドレスブロックがあります。

しかし,IANAが世界中の細かい割り振りを全て行うわけではありません。それぞれの/8ブロックはRIR(Regional Internet Registry, 地域レジストリ)に割り振りられます。

RIRとしては以下の5つの組織があります。

  • AfriNIC(アフリカ)
  • APNIC(アジア太平洋地域)
  • ARIN(アメリカ)
  • LACNIC(ラテンアメリカ及びカリブ海地域)
  • RIPE NCC(ヨーロッパ,中東,中央アジア)

図1 Regional Internet Registry

図1 Regional Internet Registry

RIRは/8アドレスブロックをさらにNIR(National Internet Registry, 国別レジストリ)に割り振ります。日本の国別レジストリはJPNICで,APNICに所属している組織という形になっています(ただし,JPNICはAPNICとIPv4アドレスの在庫を共有しています)⁠

国別レジストリは,新たなIPアドレス割り振りが必要になると,所属しているRIRからIPアドレスを受け取ります。国別レジストリは,RIRから受け取ったIPアドレスを国内の組織に割り振りるとともに「誰に割り振りたのか」の情報を管理します。

このような形でIPアドレスは世界的に管理され,複数の組織が同時に同じIPアドレスを使うという事態を避けています。

※1)
プライベートIPアドレスなどの特殊なアドレスは一意になりません。また,Anycast的な用途では意図的に同じIPアドレスを複数地点で使いますが,ちょっと話がややこしくなるので,ここでは範疇外とします。
※2)
IANAは2000年2月よりICANNの下部組織になっています。ICANN : Contract Between ICANN and the United States Government for Performance of the IANA Function

いつ枯渇するの?

IPv4アドレスの枯渇とは,このような仕組みで行われているIPv4アドレスの割り振りが,これ以上行えなくなる状態です。

このIPv4アドレス枯渇は段階的に発生します。まず,最初にIANAプールが枯渇し,次にRIR内での割り振り可能なIPv4アドレスが枯渇し,さらに国別レジストリでも枯渇します。

実際のIANAプールの枯渇という意味でのIPv4アドレス枯渇は2010年2月中に起こりました。APNICをはじめRIRでの枯渇も始まっている状況です。国別のレジストリの枯渇も近いと思われます。

最後に

今回は,IPv4アドレス割り振りの仕組みと,IPv4アドレスのIANAプール枯渇時期に関して紹介しました。次回は,地域によってIPv4アドレス枯渇の時期や,それによる影響の大きさが異なることを紹介します。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入